レッドブル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レッドブル
Red Heat
監督 ウォルター・ヒル
脚本 ハリー・クライナー
ウォルター・ヒル
トロイ・ケネディ・マーティン
製作 ゴードン・キャロル
ウォルター・ヒル
製作総指揮 マリオ・カサール
アンドリュー・G・ヴァイナ
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
ジェームズ・ベルーシ
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 マシュー・F・レオネッティ
編集 ドン・エイロン
カーメル・デイヴィス
フリーマン・A・デイヴィス
製作会社 カロルコ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年6月17日
日本の旗 1988年9月17日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $34,994,648[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

レッドブル』(原題: Red Heat)は、1988年アメリカ映画。主演アーノルド・シュワルツェネッガージェームズ・ベルーシアメリカ映画として初めて、モスクワ市内および赤の広場でのロケを許可された作品である(ただし、アクション・シーンはブダペストオーストリアで撮影されている)。監督は『48時間』シリーズのウォルター・ヒル

あらすじ[編集]

冷戦の最中、モスクワ市警はロシアン・マフィアにおける麻薬市場を牛耳るグルジア人のビクトル・ロスタの摘発作戦を実行。コカイン不法所持の現場を押さえたものの、ビクトルは複数の警官を殺害して逃走し、作戦は失敗に終わってしまう。ビクトルは部下たちとともにアメリカへ逃亡し、地元ギャング団との麻薬取引を始めようとするが、偶然職務質問を受けて逮捕される。モスクワでの逮捕作戦に関わっていた市警のイワン・ダンコ大尉(アーノルド・シュワルツェネッガー)はビクトルの身柄引渡しを受けるため、ギャングの街シカゴを訪れる。

国家間の対立関係などに起因するぎこちない空気の中、ビクトルの引渡しは完了した。しかし護送を始めた矢先、地元ギャング団とビクトルの部下たちが一行を襲撃してダンコは昏倒、付き添っていたシカゴ市警察の刑事は射殺され、ビクトルは再び逃亡。ダンコ大尉とシカゴ市警のリジック部長刑事は性格の違いや立場を乗り越えて理解しあうようになり、協力してビクトルを追い詰める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS版 テレビ朝日
イワン・ダンコ大尉 アーノルド・シュワルツェネッガー 玄田哲章
アート・リジック部長刑事 ジェームズ・ベルーシ 安原義人 富山敬
ルー・ドネリー署長 ピーター・ボイル 円谷文彦 富田耕生
ビクトル・ロスタ エド・オロス 坂口芳貞 麦人
ストッグス警部補 ラリー・フィッシュバーン 小島敏彦 野島昭生
キャット・マンゼッティ ジーナ・ガーション 佐々木優子 小山茉美
ギャラガー刑事 リチャード・ブライト 秋元羊介 千田光男
サリム J・W・スミス 田中亮一 谷口節
アブダル・エライジャ ブレント・ジェニングス 江原正士
パット・ナン マイケル・ハガティ 塩屋浩三 島香裕
ストリーク ブライオン・ジェームズ 山野史人 池田勝
ユーリ・オガルコフ オレグ・ヴィドフ 秋元羊介
その他の声の出演:大山高男伊倉一恵弘中くみ子筈見純塚田正昭中多和宏藤本譲幹本雄之鵜飼るみ子小川里永子曽川留美子
翻訳:平田勝茂、演出:蕨南勝之、調整:遠西勝三、制作:ニュージャパンフィルム、プロデューサー:圓井一夫
  • VHS版
  • ※2018年4月27日発売(KADOKAWA/角川書店)のBD・DVDに収録。
  • 2003年にパイオニアより発売されたDVDには吹替えは収録されていない。

その他[編集]

  • 音楽は当初はライ・クーダーが担当することになっていた。
  • オープニング・テーマ曲は、セルゲイ・プロコフィエフ作曲の『十月革命20周年のカンタータ』の第2楽章「哲学者たち」をアレンジしたものである。
  • ダンコの階級である民警大尉 капитан милиции は、およそ警部補に相当する。対するリジックは巡査部長 Sergeant である。
  • ダンコが愛用する自動拳銃、“ポドヴィリン”は、映画オリジナルデザインの架空銃である。

出典[編集]

  1. ^ Red Heat (1988)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]