ラストマン・スタンディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラストマン・スタンディング
Last Man Standing
監督 ウォルター・ヒル
脚本 ウォルター・ヒル
製作 ウォルター・ヒル
アーサー・サーキシアン
製作総指揮 サラ・リッシャー
マイケル・デ・ルカ
出演者 ブルース・ウィリス
音楽 ライ・クーダー
撮影 ロイド・エイハーン
編集 フリーマン・デイヴィス
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ=ヒューマックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年9月20日
日本の旗 1997年2月8日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
製作費 $67,000,000[1]
興行収入 $47,267,001[1]
テンプレートを表示

ラストマン・スタンディング』(原題: Last Man Standing)は、1996年アメリカで製作されたアクション映画黒澤明の『用心棒』をギャング映画に翻案した作品。

ストーリー[編集]

1930年代、アメリカ合衆国の小さな町ジェリコ。そこではアイルランド系イタリア系ギャングが、町の支配権を巡って睨み合いを続けていた。そんなある日、ジョンと名乗る男が町にやってくる。彼は二丁拳銃の使い手で、自らに絡んできた町の悪党を容赦なく殺害してしまう。彼が凄腕であることを知った両陣営は、自分たちの仲間に引き込もうと画策する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
ジョン・スミス ブルース・ウィリス 安原義人 野沢那智
エド・ガルト保安官 ブルース・ダーン 塚田正昭 山野史人
ジョー・マンデー ウィリアム・サンダーソン 荒川太郎 西村知道
ヒッキー クリストファー・ウォーケン 有本欽隆 立木文彦
ドイル デヴィッド・パトリック・ケリー 大滝進矢 江原正士
フェリーナ カリーナ・ロンバード 山田美穂 山像かおり
フレッド・ストロッジ ネッド・アイゼンバーグ 水野龍司 牛山茂
ルーシー・コリンスキー アレクサンドラ・パワーズ 小林優子 田中敦子
ジョルジオ・カルモンテ マイケル・インペリオリ 佐久田修
トム・ピケット隊長 ケン・ジェンキンス 小林勝彦
ジャック・マックール R・D・コール 渡部猛 辻親八
保安官補ボブ テッド・マークランド 台詞なし
ワンダ レスリー・マン 丸山真奈実 榎本智恵子
フィン パトリック・キルパトリック 谷口節
ラミレス指揮官 ルイス・コントレラス 原語流用
ガソリンスタンド店員 レイノール・シェイン 千田光男
ジャッコ・ザ・ジャイアント タイニー・ロン 郷里大輔
ドッカー マイケル・ストラッサー 星野充昭
バーク マット・オトゥール 小形満
護衛の運転手 アラン・グラフ 稲葉実
その他 落合弘治
城山堅
神谷和夫
中田和宏
石井隆夫
後藤敦
伊藤栄次
高瀬右光
後にワーナー・ブラザーズから発売された新盤DVD・BDには収録されていない。
  • テレビ朝日版吹き替え - 初回放送1998年11月15日21:30-23:22『日曜洋画劇場』。
淀川長治が解説した最後の映画でもあり(収録翌日の11月11日に死去)、本編の前に追悼番組が放送された。

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Last Man Standing (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]