ストリート・オブ・ファイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストリート・オブ・ファイヤー
Streets of Fire
監督 ウォルター・ヒル
脚本 ウォルター・ヒル
ラリー・グロス英語版
製作 ローレンス・ゴードン
ジョエル・シルバー
製作総指揮 ジーン・レヴィ
出演者 マイケル・パレ
ダイアン・レイン
ウィレム・デフォー
エイミー・マディガン
音楽 ライ・クーダー
主題歌 『Deeper And Deeper』
ザ・フィックス
撮影 アンドリュー・ラズロ
編集 フリーマン・デイヴィス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年6月1日
日本の旗 1984年8月11日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,500,000
興行収入 $8,089,290[1]
テンプレートを表示

ストリート・オブ・ファイヤー』(原題/題:Streets of Fire)は、1984年製作のアメリカ合衆国の映画西部劇の形式を踏襲したロック映画、アクション映画である。劇中で死者が出ない映画でもある。『キネマ旬報』において、1984年度の「読者選出」外国映画ベスト・テンの「第1位」に選ばれた。ダン・ハートマンの「アイ・キャン・ドリーム・アバウト・ユー」がビルボード・ホット100でヒットした。

高架と路地裏の町リッチモンドが舞台(ロケ地は主にシカゴ)だった。

あらすじ[編集]

人気ロック歌手、エレン・エイムが地元での凱旋ライブ中にストリートギャング“ボンバーズ”に拉致される。彼女の大ファンのリーヴァは弟トムに助けを求め、エレンのマネージャー、ビリーがトムを雇うと申し出る。トムは偶然出会った陸軍あがりの女兵士マッコイを相棒にボンバーズのアジトを急襲し、エレンを救い出す。

トムとエレンはかつて恋仲だったが、エレンが歌手を目指すために心ならずも別れていた。今回の救出をきっかけに再び心が揺れるが、トムが金のために自分を救出したとエレンが誤解し仲違いする。しかし、トムがビリーから謝礼を受けとらなかったと知り、二人の間にふたたび愛の炎が燃え上がる。

その一方、面目を潰されたボンバーズのボス、レイヴェンはボンバーズを率いて街を襲撃しようとしていた。その前に立ちはだかるトム。レイヴェンはトムに一騎討ちを申し出、トムも受けて立つ。一対一の壮絶な対決の末、トムが勝利する。ボスの敗北、住民の決起の姿をみてボンバーズは引き上げ、街に平和が訪れる。

エレンはトムに復縁を申し出るが、トムは「俺は君の付き人になる男じゃねぇ」と言い、二人は再びそれぞれの道を歩むこととなる。ステージで歌う彼女の姿を見守りつつ、トムはマッコイと共に街を去って行く。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ VOD
トム・コーディ マイケル・パレ 池田秀一 小山力也
エレン・エイム ダイアン・レイン 山本百合子 藤本喜久子
ビリー・フィッシュ リック・モラニス 納谷六朗 真殿光昭
マッコイ エイミー・マディガン 戸田恵子 朴璐美
レイヴン ウィレム・デフォー 石丸博也 咲野俊介
リーヴァ・コーディ デボラ・ヴァン・フォルケンバーグ 小山茉美
エド・プライス署長 リチャード・ローソン 屋良有作
クーリー巡査 リック・ロソビッチ 幹本雄之
グリーア リー・ヴィング 竹村拓
クライド ビル・パクストン 関俊彦 花輪英司
バード(ソレルズ) ストーニー・ジャクソン 塩沢兼人 檀臣幸
レジー(ソレルズ) グランド・L・ブッシュ 山形ユキオ
レスター(ソレルズ) ロバート・タウンゼント
B・J(ソレルズ) ミケルティ・ウィリアムソン 竹村拓
ベビードール エリザベス・デイリー 三田ゆう子
運転士 リン・シグペン さとうあい
ベン・ガン エド・ベグリー・ジュニア キートン山田
スクワート ハリー・ビア おぼたけし
ハリー警官 ピーター・ジェイソン キートン山田
ロードマスター ポール・モネス 二又一成

スタッフ[編集]

日本語版[編集]

※フジテレビ版

音楽/サウンドトラック[編集]

  • ダイアン・レイン本人は歌に意欲を見せてはいたのだが、冒頭と終盤の劇中バンド「ファイヤー・インク (Fire Inc.)」のコンサート・シーンでエレン・エイムが歌う2曲「ノーホエア・ファースト」「今夜は青春」は、作者ジム・スタインマンのお気に入りローリー・サージェント(バンド Face to Face のボーカル)とホリー・シャーウッド (Holly Sherwood)とによる吹き替えとなった。
  • スタインマンのアルバム『バッド・フォー・グッド』にも参加したプロデューサーのジミー・アイオヴィンが音楽スーパーヴァイザーを担当した(後に『アメリカン・アイドル』でメンターとして出場者の指導も担当した)。ダイアン・レインがステージで歌う2曲に関しては、絶対的に一人の音量ではボーカルの厚みが薄くなるので、2、3人のボーカリストがユニゾンで歌ったものを電子的に合成して作ったと「Inside 'Streets of Fire'」の映像インタビューでジミーが述べている。
  • 劇中に登場する黒人4人組ドゥーワップバンド、ザ・ソレルズの歌は、ウィンストン・フォードによる吹き替えである。ただし、サントラ・アルバムには、他の歌手が歌っているバージョンが収録されている。その中で最大のヒット曲「あなたを夢みて(I Can Dream About You)」は、作曲者である元エドガー・ウィンター・グループダン・ハートマン自らによるバージョン。
  • 「今夜は青春」は、日本のTVドラマ『ヤヌスの鏡』主題歌「今夜はANGEL」として、椎名恵が歌いヒットしている。
  • 「ノーホエア・ファースト」は、1986年宝塚歌劇団花組により、バウホールで上演された『グッバイ・ペパーミントナイト!』(安寿ミラ真矢みき主演)のオープニングで用いられている。

収録曲[編集]

  1. ノーホエア・ファースト - "Nowhere Fast" : ファイヤー・インク[3] - 6:02
  2. ソーサラー - "Sorcerer" : マリリン・マーティン[4] - 5:06
  3. ディーパー・アンド・ディーパー - "Deeper and Deeper" : フィクス - 3:45
  4. カウントダウン・トゥ・ラヴ - "Countdown to Love" : グレッグ・フィリンゲインズ - 3:00
  5. ワン・バッド・スタッド - "One Bad Stud" : ザ・ブラスターズ[5] - 2:28
  6. 今夜は青春 - "Tonight Is What It Means to Be Young" : ファイヤー・インク[3] - 6:58
  7. ネヴァー・ビー・ユー - "Never Be You" : マリア・マッキー[6] - 4:06
  8. あなたを夢みて - "I Can Dream About You" : ダン・ハートマン - 4:07
  9. ホールド・ザット・スネイク - "Hold That Snake" : ライ・クーダー - 2:36
  10. ブルー・シャドウズ - "Blue Shadows" : ザ・ブラスターズ - 3:17

プロダクション・ノート[編集]

  • 劇の約半分は夜の場面だが、本作は夜間に撮影されておらず、ほぼ全てが日中に撮影されている。夜間撮影は日中撮影よりも人件費がかさむため。夜のシーンを日中に撮影するため、20メートル間隔に配置した85本の柱でセットを囲み、自動制御の防水カバーで覆うことでセットの上に巨大な暗幕を広げて「人工の夜」を作り出して撮影された[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Streets of Fire (1984)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月11日閲覧。
  2. ^ 吉田啓介 (2018年10月1日). “吉田Pのオススメふきカエル『思い出のふきカエ洋画劇場』”. ふきカエル大作戦!!. 2021年5月23日閲覧。
  3. ^ a b 作曲はジム・スタインマン
  4. ^ スティーヴィー・ニックス作曲
  5. ^ リーバー&ストーラー作曲
  6. ^ トム・ペティ、ベンモント・テンチの作曲
  7. ^ DVD内プロダクション・ノート

外部リンク[編集]