スティーヴィー・ニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティーヴィー・ニックス
Stevie Nicks
Stevie Nicks - In Your Dreams Premiere March 2013 (cropped).jpg
U.S.A.オースティン公演バックステージにて (2013年3月)
基本情報
出生名 Stephanie Lynn Nicks
生誕 (1948-05-26) 1948年5月26日(68歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アリゾナ州 フェニックス
ジャンル ロック
カントリーロック
ポップス
担当楽器 ボーカルタンバリンピアノギター
活動期間 1968年 - 現在
レーベル ポリドール・レコード (バッキンガム・ニックス名義)
ワーナー・ミュージック・グループ (Modern Records、アトランティック・レコードアトコ・レコードリプリーズ・レコードパーロフォン)
共同作業者 Frits
バッキンガム・ニックス
フリートウッド・マック
公式サイト NicksFix.com

スティーヴィー・ニックスStephanie Lynn "Stevie" Nicks , 1948年5月26日 - )は、アメリカ合衆国出身の女性ボーカリストシンガーソングライター

ロックバンドフリートウッド・マック」のメンバー。ソロとしても多数の実績を併せ持ち、その妖艶なイメージから"ロックの歌姫"とも呼ばれる。

ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第98位[1]Q誌選出では第97位[2]

概要・略歴[編集]

[3]

長年のパートナー リンジー・バッキンガムと (2003年)

祖父がカントリー・ミュージックの歌手だった影響もあり、4歳頃から両親が経営するバーで歌い始める。10代半ば頃には楽曲の創作も始め、アマチュアバンドに参加していた。

1968年、高校時代のボーイフレンド リンジー・バッキンガムが所属するバンドに誘われ、歌手活動を経験。ウェイトレスなどで生活費を稼ぎながら活動した。同バンド解散後の1972年に、リンジーとデュオユニット「バッキンガム・ニックス」を結成。翌年に大手レーベル「ポリドール・レコード」からデビュー[4]

2ndアルバム制作途中のデモテープ「Frozen Love」という楽曲を、フリートウッド・マックのメンバー ミック・フリートウッドが聴いたことがきっかけで、1975年にリンジーと共にグループに招かれて加入。1977年、同バンドのアルバム『』の成功で世界的な名声を得た。

1981年7月27日、ファースト・ソロアルバム『麗しのベラ・ドンナ(Bella Donna)』を発表。ビルボードのアルバムチャートの1位を記録した。また、同アルバムからシングルカットされたトム・ペティとの共作「Stop Draggin' My Heart Around」は全米3位、ドン・ヘンリーとの共作「レザー・アンド・レース」は全米6位、「エッジ・オブ・セブンティーン」は全米11位を記録した。

1978年にフリートウッド・マック名義で『グラミー賞』を受賞し、これまで7回以上ノミネート。1998年には同名義で『ロックの殿堂』の入りを果たしている[5]

私生活では離婚歴がある[6]コカイン依存と抗不安薬依存だった過去があり、これを克服している[7]


ディスコグラフィ[編集]

ソロ名義[編集]

  • Bella Donna (1981)
  • The Wild Heart (1983)
  • Rock a Little (1985)
  • The Other Side Of The Mirror (1989)
  • Timespace - The Best of Stevie Nicks (1991)
  • Street Angel (1994)
  • Live at Red Rocks (Video) (1995)
  • Enchanted (3CD Boxset) (1998)
  • Trouble in Shangri-La (2001)
  • Crystal Visions - The Very Best of Stevie Nicks (2007)
  • In Your Dreams (2011)
  • 24 Karat Gold: Songs from the Vault (2014)

バッキンガム・ニックス名義[編集]

  • Buckingham Nicks (1973)

フリートウッド・マック名義[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]