グレッグ・フィリンゲインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレッグ・フィリンゲインズ
グレッグ・フィリンゲインズ(2007年8月)
グレッグ・フィリンゲインズ(2007年8月)
基本情報
出生名 Gregory Arthur Phillinganes
出生 1956年5月12日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州デトロイト
ジャンル R&B
フュージョン
ロック
職業 キーボーディスト
歌手
編曲家
担当楽器 キーボード
ボーカル
ピアノ
シンセサイザー
活動期間 1976年 -
レーベル Planet
共同作業者 スティーヴィー・ワンダー
マイケル・ジャクソン
エリック・クラプトン
TOTO
著名使用楽器
コルグ・トライトン
ヤマハ・モチーフ
コルグ・オアシス
コルグ・トリニティ

{{{Influences}}}

グレッグ・フィリンゲインズ(Greg Phillinganes, 本名:Gregory Arthur Phillinganes-グレゴリー・アーサー・フィリンゲインズ- 1956年5月12日 - )はアメリカキーボーディストで歌手。セッションマンやコンポーザーとしても活動し、数多くのミュージシャンと共演している。

プロデューサーのクインシー・ジョーンズの一派でもあり、彼が手がけたミュージシャンのサイドにも参加。中でもマイケル・ジャクソンのバックとしての活動がよく知られている。また、TOTOの晩年のメンバーとしても参加。

来歴[編集]

ミシガン州デトロイトで生まれ、後にカリフォルニア州ロサンゼルスに移る。スティーヴィー・ワンダーの楽曲をインストゥルメンタルアレンジした演奏が、スティーヴィー本人に気に入られ[1]1976年にスティーヴィーのバック・バンドに加入。その後、主にR&Bフュージョンの分野を中心に、スタジオ・ミュージシャンとして精力的に活動。1979年にはマイケル・ジャクソンの『オフ・ザ・ウォール』に参加し、その後もマイケルの作品の制作に深く関わっていく。

1981年、初のソロ・アルバム『処女航海』発表。同作からのシングル「Baby, I Do Love You」はビルボードR&Bチャートで72位に達した[2]1984年発表のセカンド・ソロ・アルバム『パルス』には、YMOのカヴァー「ビハインド・ザ・マスク」が収録され、当時グレッグをバック・バンドの一員に迎えていたエリック・クラプトンも、自分のアルバム『オーガスト』(1986年)で「ビハインド・ザ・マスク」を取り上げた。1991年にはジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの日本公演に帯同した。

2005年、以前よりサポートメンバーとして同行していたTOTOに正式加入。キーボード演奏だけでなく、一部の楽曲ではリード・ボーカルも担当し、バンドが2008年に解散するまで籍を置いた。2010年の再結成には参加せず、公式サイトでも元メンバー扱いとなっている。

共演したミュージシャン[編集]

グレッグ・フィリンゲインズがレコーディングやライヴのサポートとして参加したミュージシャンの一覧。姓またはバンド名の五十音順。


ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 処女航海 - Significant Gains(1981年)
  • パルス - Pulse(1984年)

スティーヴィー・ワンダー[編集]

マイケル・ジャクソン[編集]

エリック・クラプトン[編集]

TOTO[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]