港町人情ナース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
港町人情ナース
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2006年9月20日 - 2008年7月9日(3回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
BSジャパン
演出 荒井光明
脚本 深沢正樹
出演者 泉ピン子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング エンディングテーマを参照
テンプレートを表示

港町人情ナース』(みなとまちにんじょうナース)は、2006年から2008年までテレビ東京BSジャパン共同制作「水曜ミステリー9」で放送されたテレビドラマシリーズ。全3回。主演は泉ピン子

キャスト[編集]

轟整形外科医院[編集]

花垣若葉
演 - 泉ピン子
看護師。理学療法士の資格を持つ。型破り的だが的確で、彼女の治療を受けると、「立つ、歩く、座る」の基本動作が奇跡的に回復するといわれる。患者に対する優しさや面倒見の良さに周囲から人が集まる長所もあるが、捜査に突っ込んでしまう欠点ともいえる。
以前、住んでいた場所を追い出されて以来、医院に住んでいる。ただ、家事は分担制で週3日(月火水)である。
轟幸太郎
演 - 小日向文世
院長。理学療法の権威だった亡き父に代わって、医院の跡取り。「大学進学時は文学部志望だったのを、強引に医学部に入れられた」と周囲には話すも、実は父に負けない医者を目指している。
武蔵野医大病院の助手を経て、現在に至るも、「度胸の無さが医者に向いていない」と気にしていて、いざという事が起きないことを願う小心者と称しているため、若葉に励まされる一面も。
医者以外の夢(詩人か名曲喫茶のマスター)もあり、詩やコーヒーのブレンドなどの趣味を持っている。医院が自宅であるも、家事は住み込みの若葉との分担制で週4日(木金土日)である。
小野朝美
演 - 吉井怜[1]
看護師。理学療法のノウハウを学ぶためにこの医院に勤めるも、若葉の無茶さに異議を唱える。

神奈川県警捜査一課[編集]

当麻順平
演 - 植草克秀
主任。実家は轟整形外科医院の近くで、現在はマンションで一人暮らし。若葉からは「順平」と呼ばれ、小学5年までに寝小便を治療してもらった過去などから、弱味を握られているところがある。
戸倉学
演 - 針原滋[2]
刑事。
小柳実
演 - 岩戸秀年
刑事。

地域の住民[編集]

武藤聡子
演 - 松金よね子
町会長。
竹取ひかり
演 - 山田花子
結婚していたが、夫に逃げられた結果の末に別居[3]。ただし、「逃げられた」は彼女に禁句である。
小島光子
演 - 杉村暁

ゲスト[編集]

第1作「白骨死体が語る 15年前の悲劇と謎の子守唄」(2006年)
第2作「伊豆温泉リゾート殺人事件」(2007年)
第3作「富士五湖〜湯けむり地蔵殺人事件」(2008年)

スタッフ[編集]

  • プロデューサー - 岡部紳二(テレビ東京、#1〜3)、志村彰(#1〜3)、高橋史典(#1〜3)
  • 脚本 - 深沢正樹(#1〜3)
  • 撮影 - 川田万理(#1〜3)
  • 照明 - 倉本輝彦(#1)、田渕博(#2〜3)
  • 音声 - 国沢藤一(#1〜3[17])
  • VE - 横田久雄(#1)、福留克世(#2〜3)
  • 装飾 - 神戸信次(#1)、赤塚明(#2)、斎藤智昭(#3)
  • 美術 - 吉川康美(#3)
  • 持道具 - 川本千鶴(#1)、井隈啓太(#2)、丸本修平(#3)
  • 衣裳 - 武内修(#1〜3)、加藤美紀(#1)、中村美保(#2)、小木田浩次(#3)
  • ヘアメイク - 小川幸美(#1〜3)、真鍋知子(#1)、伊駒舞(#2)、高村明日見(#3)
  • 技術デスク - 星宏美(#1〜3)
  • 美術デスク - 森川一雄(#1〜3)、佐藤康(#3)
  • 選曲 - 矢崎裕行(#1〜3)
  • 効果 - 山下祐司(#1〜3)
  • 編集 - 大塚民生(#1〜3)、村松智美(#1〜2)
  • MA - 栃木征男(#1〜2)、山下諒(#3)
  • 理学療法指導 - 吉井智晴(#1〜3)
  • 医事指導 - 坪井正博(#1)
  • 擬闘 - 栗原直樹(#1〜2)
  • スタントコーディネート - 高橋伸稔(#2)
  • スタント - 佐藤ケンジ(#3)
  • 車両 - 最上企画(#1)、ファン(#2)、フェネック(#3)、亀赴川浩(#1〜3)
  • スチール - 龍田浩之(#1〜3)
  • 番組宣伝 - 宮岡貞成(テレビ東京、#1〜2)、鈴木紀子(テレビ東京、#3)
  • 音楽協力 - テレビ東京ミュージック(#1〜3)
  • 制作協力 - フォーチュン(#1〜3)、KHKアート(#1〜3)、東京医療学院(#1〜3[18])、ピースカフェ(#1)、日本子守唄協会(#1)、タカハシレーシング(#3)、アルティメット・スタント(#3)
  • 美術協力 - 日本光電(#1)、フクダ電子(#1)、トーイツ(#1)、フタバ(#1)、キャノンマーケティングジャパン(#1)、NTTドコモ(#1)、沖電気工業(#1)、ウィルコム(#1)、テルモ(#1)
  • 撮影協力 - 向井外科産婦人科医院(#1)、諏訪圏フィルムコミッション(#1)、上諏訪駅(#1)、諏訪警察署(#1)、諏訪商工会議所(#1)
  • 演出補 - 山本剛義(#1)
  • 演出 - 荒井光明(#1〜3)
  • 制作 - テレビ東京BSジャパンThe icon

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル
1 2006年9月20日 白骨死体が語る 15年前の悲劇と謎の子守唄
2 2007年8月08日 伊豆温泉リゾート殺人事件
3 2008年7月09日 富士五湖〜湯けむり地蔵殺人事件

脚注[編集]

  1. ^ Job Data - ホリエージェンシー
  2. ^ プロフィール - アルファセレクション
  3. ^ 第2作では夫から離婚届が送られてきている。
  4. ^ プロフィール - 夏木プロダクション(アーカイブ)
  5. ^ プロフィール - 希楽星
  6. ^ プロフィール - 希楽星
  7. ^ a b プロフィール - フロックス
  8. ^ a b プロフィール - フロックス
  9. ^ a b c プロフィール - フロックス
  10. ^ a b c プロフィール - フロックス
  11. ^ テレビ→オンエア終了 - アミューズ
  12. ^ プロフィール - 希楽星(アーカイブ)
  13. ^ a b プロフィール - フロックス
  14. ^ プロフィール - ギャッツビーエンタテインメント
  15. ^ プロフィール - 希楽星(アーカイブ)
  16. ^ プロフィール - 寒河江裕太ブログ
  17. ^ 第3作は「国澤藤一」と表記されている
  18. ^ 第3作では理学療法指導協力と表記されている。

外部リンク[編集]