コンテンツにスキップ

剛たつひと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ごう たつひと
剛 たつひと
本名 中沢 治夫(なかざわ はるお)
別名義 剛 達人
生年月日 (1949-02-11) 1949年2月11日(75歳)
出生地 日本の旗 日本 山梨県甲府市
職業 俳優レポーター
ジャンル テレビドラマ映画情報番組
活動期間 1967年 -
活動内容 1967年:『これが青春だ
1972年:『飛び出せ!青春
1984年:『モーニングEye
事務所 ケィ・サイド
公式サイト K-side 剛たつひと
テンプレートを表示

剛 たつひと(ごう たつひと、1949年2月11日[1][2][3] - )は、日本の俳優レポーター。本名:小野 治夫[1][2]、旧芸名:中沢 治夫(なかざわ はるお)。旧表記:剛 達人(読みは同じ)[1]

山梨県[3]甲府市出身[注釈 1]関東商工高校[1][2]。六芸社[4]フリーランス[5]東京俳優生活協同組合を経て[1]ケィ・サイド所属。

略歴・人物

[編集]

小学3年まで甲府で祖父母に育てられた後、両親のいる東京へ移り住む。劇団こまどりに所属し[2]1967年日本テレビの青春学園シリーズ『これが青春だ』(主演:竜雷太)で中沢治夫名義でゲストの生徒役として出演。同じく竜雷太主演の『でっかい青春』が後半に高校を主な舞台とするに当たり、菊容子梅田智子、大谷直らと共にレギュラーの生徒役として加入。大谷とのコンビが評価され以降、『進め!青春』『炎の青春』でも男子高校生役として共演する。

1972年に再開した青春学園シリーズの『飛び出せ!青春』で不良生徒の片桐役で出演するに際し、プロデューサーによって剛達人という芸名が付けられた。その後、NHKの教育番組にレポーターとして出演する際に子どもに読みやすいようにと、現在の表記に改めた。

TBS『モーニングEye』でレポーターに転身し、同番組の終了後には北海道でテレビ番組の司会を務めた。2000年から俳優業に復帰している。

2004年には、DREAMS COME TRUEの「やさしいキスをして」のPVに出演。

特技は日本舞踊[1]剣道[1]乗馬[1]ゴルフ[3]、立ち回り[3]。趣味はゴルフ[3]テニス[3]野球[3]サーフィン[3]

出演

[編集]

テレビドラマ

[編集]

映画

[編集]

情報・バラエティ番組

[編集]

ゲーム

[編集]

ラジオ

[編集]
  • 村野武範と剛たつひとの「飛び出せ!歌謡曲!」(2020年1月 - 、八王子FM

舞台

[編集]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 東京都出身とする資料もある[1]
  2. ^ a b c d e f g h i j k 中沢治夫名義。
  3. ^ 製作は1969 - 1970年。
  4. ^ 頭師佳孝と共にカメオ出演
  5. ^ 剛達人名義。

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f g h i 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、82頁。 
  2. ^ a b c d 『1970年大百科 サイケから仮面ライダーまで』JICC出版局、1985年、58頁。ISBN 4-88063-104-3 
  3. ^ a b c d e f g h 剛たつひと - 日本タレント名鑑
  4. ^ 『日本タレント年鑑70』日本タレント年鑑刊行会、1970年、105頁。 
  5. ^ 『日本タレント名鑑'80』VIPタイムズ社、1979年、81頁。 
  6. ^ a b 東宝特撮映画全史 1983, pp. 537–538, 「主要特撮作品配役リスト」

参考文献

[編集]

外部リンク

[編集]