剛たつひと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

剛 たつひと(ごう たつひと、1949年2月11日[1] - )は、日本の俳優レポーター

本名、小野 治夫[1]。旧芸名は中沢 治夫(なかざわ はるお)。旧表記は剛 達人(読みは同じ)。山梨県甲府市出身。ケィ・サイド所属。

略歴・人物[編集]

小学校3年生のときまで甲府で祖父母に育てられ、その後、両親のいる東京へ移り住む。関東商工高校[1]劇団こまどりに所属し[1]1967年日本テレビの青春学園シリーズ『これが青春だ』(主演:竜雷太)で中沢治夫名義でゲストの生徒役として出演。同じく竜雷太主演の『でっかい青春』が後半、高校を主舞台にするに当たって菊容子梅田智子、大谷直らと共にレギュラーの生徒役として加入。大谷とのコンビが評価され以降、『進め!青春』『炎の青春』でも男子高校生役として共演する。

1972年に再開した青春学園シリーズの『飛び出せ!青春』で片桐という不良生徒役として出演するに際してプロデューサーによって剛達人という芸名が付けられた。その後、NHKの教育番組にレポーターとして出演する際に子どもに読みやすいようにと現在の表記にした。

レポーターのほか、テレビドラマや舞台で活動。

2004年には、DREAMS COME TRUEの『やさしいキスをして』のPVに出演。

2006年1月-2月には『飛び出せ!青春』のヒロイン「真樹」役の(青木ひでみ)と舞台「うちのテレビにゃ色がない!」(新宿スペース107)にて夫婦役で共演し、二人で昔の『飛び出せ!青春』の出演シーンを観ながら語り合うという楽屋落ち的なオマージュシーンがあった[要出典]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

(以上・中沢治夫名義)

映画[編集]

  • ゴジラ対ヘドラ(1971年、東宝) - 若者(中沢治夫名義)
  • 八月の濡れた砂(1971年、日活)(中沢治夫名義)
  • 野性の証明(1978年、角川映画) - 後藤(暴走族)(剛達人名義)
  • パートナーズ(2010年、劇団東俳) - 獣医

情報・バラエティ番組[編集]

ゲーム[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『1970年大百科』(JICC出版局・1985年)58頁

外部リンク[編集]