八月の濡れた砂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

八月の濡れた砂』(はちがつのぬれたすな)は、1971年8月25日に公開された藤田敏八監督の日本映画、及びその主題歌。ここでは当該主題歌のカバー作品についても述べる。

映画[編集]

八月の濡れた砂
監督 藤田敏八
脚本 峰尾基三
大和屋竺
藤田敏八
出演者 広瀬昌助
村野武範
テレサ野田
藤田みどり
音楽 むつひろし
ペペ[要曖昧さ回避]
撮影 萩原憲治
編集 丹治睦夫
製作会社 日活
配給 ダイニチ映配
公開 日本の旗 1971年8月25日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1971年公開の日本映画、カラー作品。上映時間91分。同時上映作品は、蔵原惟二監督の『不良少女魔子』。この2作が、ロマンポルノに移行する前の、旧体制日活最後の作品となった。

当初は沖雅也が主役を演じる予定だったが、撮影開始直後に事故で負傷し降板。広瀬昌助が代役を務めることになった[1]

平成元年(1989年)「大アンケートによる日本映画ベスト150」(文藝春秋発表)では第64位にランキングされている。

内容[編集]

湘南を舞台に学園紛争敗退後の1970年代しらけ世代の気だるく無軌道な若者達の退廃を描く。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

併映作品[編集]

不良少女 魔子』: 蔵原惟二監督作品

DVD[編集]

日活より発売。サントラCDが同梱され、本作および「飛び出せ!青春」で共演した村野武範剛たつひとによるオーディオコメンタリーを収録している(セル版DVDのみ)。

主題歌[編集]

小さな日曜日/八月の濡れた砂
石川セリシングル
初出アルバム『パセリと野の花
A面 小さな日曜日
B面 八月の濡れた砂
リリース
ジャンル ニューミュージック
レーベル キャニオン・レコード(A-93)
石川セリ シングル 年表
-小さな日曜日/八月の濡れた砂
(1972年)
鳥が逃げたわ
(1972年)
テンプレートを表示

オリジナル
エンディング曲として使用された。

石川の1stシングル『小さな日曜日』(1972年3月5日発売)に両A面として収録された他、1stアルバム『パセリと野の花』(1972年11月5日発売)にも収録されている。

カバー

  • スコッチ・ファイブ - 1978年、編曲:小田嶋英雄。B面は「愛のモトマチ」(作詞・作曲:三枝伸、編曲:小田嶋英雄)。
  • 北原ミレイ - 1980年、アルバム『流れ行く歌 Vol.1』に収録。
  • 桑田りん - 1986年、アルバム『GALA』に収録。
  • 門倉有希 - 1995年、アルバム『どうせ東京の片隅に』に収録。
  • 渚ようこ with クライマックス - 1995年、コンピレーションアルバム『GO! CINEMANIA REEL 4 ~カバー・ロックス』に収録。
  • 石川さゆり - 1998年、アルバム『二十世紀の名曲たち・第8集』に収録。
  • 沢口みき - 2000年、アルバム『私の胸でおねむりなさい』に収録。
  • 甲斐よしひろ - 2003年、アルバム『翼あるもの 2』に収録。
  • 大西ユカリと新世界 - 2005年、アルバム『昭和残唱』に収録。
  • SHU - 2007年、アルバム『サヨナラ東京』に収録。
  • ピーター - 2009年、アルバム『私が愛した女たち』に収録。
  • LUHICA - 2013年、シングル『手鎖の月』(作詞:秋元康、作曲:川浦正大、編曲:近藤隆史吉田武史田中ユウスケ)のカップリング。編曲:立崎優介・吉田武史・田中ユウスケ。同シングルにはオフ・ヴォーカル・ヴァージョンも収録。
  • 非常階段×畑中葉子 - 2016年、編曲:非常階段。アルバム『畑中階段』に収録。

関連する人物[編集]

  • 林美雄 - TBSパックインミュージック」のDJだった林は、放送終了後の帰宅途中に、池袋の映画館でこの映画を見て感銘を受け、藤田敏八・石川セリ等を自分の番組にゲストとして招いた。これが、その後の彼の番組に映画・演劇関連のゲストが多数出演するきっかけとなった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ "日活青春映画の黄金期に終止符を打った作品、セックスと暴力を前面に押し出した 「八月の濡れた砂」(1971年)". ZAKZAK. 夕刊フジ. 29 March 2022. 2022年3月29日閲覧

外部リンク[編集]