さぼてんとマシュマロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

さぼてんとマシュマロ』は、『週刊セブンティーン』に連載されていた、武田京子による日本漫画作品。及び、ユニオン映画の制作により、日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ

概要・あらすじ[編集]

さぼてんとマシュマロ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜日19:30〜20:00(30分)
放送期間 1971年10月2日〜1972年3月25日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
ユニオン映画
演出 馬越彦弥斎藤光正
脚本 鎌田敏夫
プロデューサー 増井正武、長富忠裕
出演者 吉沢京子沖雅也仲雅美 ほか
オープニング 吉沢京子『恋をするとき』

特記事項:
森永製菓一社提供
テンプレートを表示

テレビドラマ版は、1971年10月2日から1972年3月25日まで放映。放送時間(JST)は毎週土曜19:30 - 20:00。森永製菓一社提供

本作のタイトルは、青年カメラマン・伊藤仁が「トゲのあるサボテンのように尖った影を持つ」ように息巻いている感じで、女子高生・伊藤真理子が「マシュマロのようにふわふわして甘く愛らしい」感じのそれぞれのキャラクターからという意味である。本作には毎回のサブタイトルは無く、「その○○(話数)」という表示だった。

東京都内の高校に通う17歳の女子高生で4人姉弟の長女・真理子は、母と家の家計を助けるため、昼間働いて夜に定時制の高校に通うことを決める。父の反対を押し切って、以前からやりたかった雑誌の編集の仕事をしたく、雑誌社「三光出版」に行く。真理子は女性誌『レディースファイブ』の編集部希望であったが、間違えてエッチ系の男性誌『TOMTOM』の面接に行ってしまう。その面接中、箱から逃げ出したウサギを捕まえようとしていた仁と出会う。そして真理子は『TOMTOM』に採用。仁と真理子は度々衝突するが、徐々に惹かれ合っていくことになる。

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

放映データ[編集]

  • 放映期間:1971年10月2日〜1972年3月25日
  • 放映曜日・放映時間帯:毎週土曜日19時30分〜20時(JST
  • 放映話数:全26話
  • 放映形式:カラー16mmフィルム

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

『恋をするとき』唄:吉沢京子 作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰(テイチクユニオンレコード)

エピソード[編集]

かつて吉沢京子のファンだった杉作J太郎が、当作品からタイトルを引用して、『ヤボテンとマシュマロ』という著書を上梓した。

脚注[編集]


日本テレビ 土曜19:30 - 20:00 枠
【当番組よりドラマ枠
前番組 番組名 次番組
さぼてんとマシュマロ