池之端

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 台東区 > 池之端
池之端
—  町丁  —
シティタワー上野池之端(池之端2丁目)
池之端の位置(東京23区内)
池之端
池之端
池之端の位置
座標: 北緯35度43分3.07秒 東経139度46分8.71秒 / 北緯35.7175194度 東経139.7690861度 / 35.7175194; 139.7690861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Taito, Tokyo.svg 台東区
地域 下谷地域
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 5,360人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 110-0008[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

池之端(いけのはた)は、東京都台東区町名。現行行政地名は池之端一丁目から池之端四丁目。郵便番号は110-0008[2]

地理[編集]

台東区の西部に位置し、旧下谷区にあたる下谷地域に属する。東部は台東区上野桜木上野公園に接する。南部は上野及び文京区湯島にそれぞれ接する。西部は文京区本郷・文京区弥生にそれぞれ接する。北西部は文京区根津に接する。地域北部は台東区谷中に接する。南部の一丁目は不忍池に面し、都立旧岩崎邸庭園等が残される。この他は主に商業地として利用される。町を縦断する不忍通りに沿って、南北に長い形状をしている。東上野に所在する上野警察署上野消防署の管轄にあたる。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、池之端1-4-28の地点で145万円/m2となっている[4]

歴史[編集]

江戸時代[編集]

江戸時代には以下の町が存在した。

  • 池之端仲町
  • 下谷茅町一丁目
  • 下谷茅町二丁目
  • 池之端永昌院門前
  • 池之端浄円寺門前
  • 池之端覚性寺門前
  • 池之端東関寺門前
  • 池之端正慶寺門前
  • 池之端七軒町
  • 池之端七軒町横町

明治時代[編集]

明治時代には以下のように整理された。

住居表示直前の町名[編集]

現1丁目
  • 池之端仲町
  • 茅町一丁目
  • 茅町二丁目(一部)
現2丁目
  • 池之端七軒町
  • 茅町二丁目(一部)
現3丁目
  • 上野花園町(一部)
  • 谷中清水町(一部)

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
池之端一丁目 335世帯 666人
池之端二丁目 1,519世帯 2,653人
池之端三丁目 291世帯 536人
池之端四丁目 849世帯 1,505人
2,994世帯 5,360人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
池之端一丁目 1番 台東区立黒門小学校 台東区立上野中学校
その他 台東区立忍岡小学校
池之端二丁目 全域
池之端三丁目 全域
池之端四丁目 全域

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

かつて存在した施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁名別世帯・人口数”. 台東区 (2017年12月5日). 2017年12月29日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月29日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月29日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 同年3月17日自治省告示第56号「住居表示が実施された件」
  6. ^ 区立小学校・中学校の通学区域”. 台東区 (2016年9月5日). 2017年12月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]