大本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大本(おおもと)は、出口なおとその女婿出口王仁三郎が興した神道新宗教。「大本教」と呼ばれる事が多いが、正式名称には「教」がつかない。

概要[編集]

1892年明治25年)、なおに「うしとらのこんじん(艮の金神)」と名乗る憑依する。1898年(明治31年)、なおと王仁三郎が教団組織を作る。王仁三郎はなおの娘すみの婿となり、なおの養子となった。

なおには国常立尊の神示がお筆先自動筆記)によって伝えられた。王仁三郎には豊雲野尊などの神懸りによって神示が伝えられていたが、なおが死去すると、国常立尊の神懸りも加わり、『霊界物語』の口述を始めた。そして、「立替え・立直し」という終末主義的な宣伝が活発化し、知識人や日露戦争で活躍した秋山真之などの海軍士官を含め急激に信徒を拡大していくが、これが当局の警戒を招き、1921年には王仁三郎らが不敬罪などで逮捕される(第一次大本事件)。[1]

1927年に大赦された王仁三郎らは布教活動を再開、1934年には外郭団体「昭和神聖会」を結成し、軍人や民間右翼団体と連携して活発な政治的活動をしようとするが、1935年に再び王仁三郎らは投獄される(第二次大本事件)。

[1]戦後、活動を再開するが、1980年(昭和55年)、三代教主直日の後継者をめぐって内紛が起こる。王仁三郎の孫・出口和明が教団批判を行った。当初直日の後継者とされていた直日の長女・直美の夫である出口榮二が追放されたことを機に、教団全体を巻き込んだ抗争となり、裁判沙汰となった。最終的に大本は三女・聖子が継ぐことになった。直美を四代教主と仰ぐ一派は「大本信徒連合会」を結成、和明は王仁三郎のみを教祖とする宗教法人愛善苑を設立した[2](第三次大本事件)。

儀式は一般的な神道のものに似るが、大本ではの代わりにを用いる[3]

教典[編集]

大本神諭』(277篇)、明治25年~大正7年
明治25年から国常立大神から出口直にくだった神示集。『三千世界一度に開く梅の花』から始まり、世の大立替え、立直しが起こるとし、日清・日露戦争や世界大戦そして日本の敗戦などの預言が的中。
また、救世主たる存在が出現することがミロクや日の出の守護という言葉で表現でされている。
『…身魂は東から出てくるぞよ。此御方が御出になりたら、全然日の出の守護と成るから、世界中に神徳が光り輝く神世になるぞよ。』
『…金の茶釜と黄金の玉が埋けてあるぞよ。これを掘り出して三千世界の宝といたすぞよ。黄金の玉が光出したら、世界中が日の出の守護となりて、神の神力はいかほどにも出るぞよ。』
王仁三郎自身も『六十路をば越えし男子が現れてこの世の限り光り輝さむ』と記している。
大本では出口王仁三郎がこのミロクであるとして教えを確立していく。
『伊都能売神諭』(37篇)、大正7年~大正8年
出口なおの死後、出口なおと同様、国祖の神から出口王仁三郎に下った神示集。
霊界物語』(81巻)、大正10年~昭和9年
出口なおの死後、出口王仁三郎によって書かれた物語。物語の中では弥勒神示とも表現されている。霊主体従、如意宝珠、海洋万里などの玉取りの物語、国取りの物語、天祥地瑞の物語。

預言[編集]

戦争・政治関係[編集]

・明治26年「カラと日本のいくさがあるぞよ」 ⇒明治27年~日清戦争

・明治32年 星の死を預言 ⇒明治34年、刺殺

・明治36年「露国からはじまりて、大たたかいがあるともうしてあるが‥」 ⇒明治37年~日露戦争

・明治45年 世界大戦の型として弓を引く ⇒大正3年~第一次世界大戦

・大正6年 日中、日米戦争、ソ連参戦、太平洋戦争 ⇒昭和12年、16年、20年

・大正8年 第一次大本事件 ⇒大正10年

・大正10年 原敬暗殺 ⇒大正10年

・大正12年 関東大震災 ⇒大正12年

・昭和7年 第二次世界大戦 ⇒昭和14年

・昭和10年 日本の参戦および第二次大本事件 ⇒昭和10年、16年

・昭和11年 自身の無罪 ⇒昭和20年

・昭和17年 日本の敗戦 ⇒昭和20年

・昭和19年 広島原爆投下 ⇒昭和20年

ミロク・黄金の玉[編集]

・「変性女子の身魂をすっくり表はし、男子と女子の因縁を表はして了はんと、天のミロク様の御出坐しが無い…」

・「みろくさまの御出ましに成るについては、地の立替を致さんと…」

・『…身魂は東から出てくるぞよ。此御方が御出になりたら、全然日の出の守護と成るから、世界中に神徳が光り輝く神世になるぞよ。』

・『天地の剖判から五十六億七千万年を経て、いよいよ弥勒出現の暁となった。』

・『弥勒の神が下生して三界の大革正を成就し、松の世を顕現するためには、…』

『…金の茶釜と黄金の玉が埋けてあるぞよ。…黄金の玉が光出したら、世界中が日の出の守護となりて、神の神力はいかほどにも出るぞよ。』

・『如意宝珠 黄金の玉もこの神書に ひそみてありぬ探りて受けよ』

・大正5年(1916年)、10月の神示で「「みろく様の霊はみな神島へ落ちておられて、未申の金神どの、素盞嗚尊と小松林の霊が、みろくの神の御霊…」と示され、これら三柱の神がみろくの系統である。[4]

教祖[編集]

開祖(厳の御魂)[編集]

出口なお(1837~1918年)を開祖と仰ぐ。明治25年55歳のなおに神がかりがはじまり、やがて神の啓示で筆を持てと言われ自動書記「筆先」が始まる。

変性男子の神系、国常立尊(艮の金神)

聖師(瑞の御魂)[編集]

出口王仁三郎(1871~1948年)は26歳の時に高熊山の修行で自己の使命を自覚。翌年「西北に行け」との神示に従うと出口なおに出会う。

変性女子の神系、豊国姫尊(坤の金神)

教主[編集]

二代教主 出口すみ子(1883~1952年)、王仁三郎の妻

三代教主 出口直日(1902~1990年)、王仁三郎の長女

四代教主 出口聖子(1935~2001年)、直日の三女

五代教主 出口紅(1956~)、聖子の姪

本拠地[編集]

松苑内の「長生殿」
梅松苑内の「みろく殿」 『アサヒグラフ』1952年12月24日号、朝日新聞社

歴史[編集]

  • 1892年明治25年)2月3日 - 開祖・出口なおに国常立尊が「艮の金神」として神懸りする。この年が大本立教の年とされる。
  • 1900年(明治33年~明治36年) 出修神事、明治36年岩戸が明けて日の出の守護となる。
  • 1918年大正7年) - 出口なおが死去、出口すみが二代教主となる。
  • 1921年(大正10年) - 第一次大本事件皇道大本と改称。
  • 1928年(昭和3年) - 3月3日 王仁三郎は満56歳7ヶ月を迎え、みろく大神の神格になったとし「みろく大祭」を挙行。
  • 1945年(昭和20年) - 愛善苑として活動再開。
  • 1948年(昭和23年) -王仁三郎が死去。
  • 1952年(昭和27年) - 二代教主出口すみの死去により、王仁三郎とすみの長女・出口直日が三代教主となる。同年、大本と改称し、前年施行された宗教法人法により宗教法人となる。
  • 1956年(昭和31年) - 教派神道連合会に加盟[5]
  • 1980年(昭和55年)- この頃、教団内の内紛が裁判に発展し、2グループが離脱した。長女・直美を四代教主と仰ぐ一派は「大本信徒連合会」を結成、王仁三郎の孫の1人・出口和明は「宗教法人愛善苑」を設立した[2]
  • 1990年平成2年) - 三代教主出口直日が死去。出口聖子が四代教主を継ぐ。
  • 2001年(平成13年)4月29日 - 四代教主出口聖子が死去。出口紅が五代教主となる。

教義[編集]

大本神諭』『霊界物語』による。

  • 型の大本(大本内で起こったことが日本に起こり、日本に起こったことが世界に起こるという法則)
  • 立替え・立直し終末論と理想世界建設)

祭神[編集]

宇宙を創造した根本の独一真神を主神とするも、厳霊・瑞霊の国常立尊・豊国姫尊その他正しい神の総称「大天主太神(おおもとすめおおみかみ)」を奉斎。

霊界物語において主神は素戔嗚尊のことであり、様々な時代に救世神として現れるその働きはミロク神であり伊豆能売の様であり登場する神々を理解することが難解である。

なお、主神のことを、古事記では天之御中主大神、大本ではお大国常立大神としているほか、世界の各宗教でもゴッドエホバアラーなどと呼んでいると主張している。[6]

・主(ス)の大神・・・・・ 宇宙万有の大根元、⦿。霊界物語では『今日よりは月光山の頂に主の大神の宮居造らむ』と月光山に主の大神の宮殿を造営する物語が書かれている。

・天の御三体の大神・・・二度目の天岩戸開きで降臨

・四十八の生魂・・・・・瑞の御魂が引率する言霊神軍。『神界の大秘事、神政成就までは知らされん事があるから、肝心の生神の居る場所へは、御伴は一人も許す事は出来ぬから、何時王仁の姿が見えぬ如うに成りても、心配は致して下さるなよ。』と霊界物語に示されており、文脈から王仁三郎の死後に四十八の生魂(生神)の驚天動地の大活動がなされる模様。

大本事件[編集]

詳細は「大本事件」を参照

第一次大本事件[編集]

「大本教本山宮の取毀ち - 十月二十日」(綾部)『寫眞通信』大正十年十月號、大正通信社

1921年(大正10年)に起きた事件である。不敬罪新聞紙法違反の容疑で王仁三郎が逮捕された。1927年(昭和2年)に恩赦(大正天皇大葬による)が行われ、裁判自体が消滅、事件は終結した。この間、一部の信者が教団を離脱した[7]生長の家を後に興した谷口雅春は当時大本の信者であったが、明治55年(1922年=大正11年)に起こると予言された「立替え」が起こらなかったので不信が生じ事件に際して教団を去っている[8]

第二次大本事件[編集]

1935年(昭和10年)に起きた事件である。教団本部の建物撤去が行われた[9]

第三次大本事件[編集]

四代教主の地位をめぐる紛争。王仁三郎が直身を開祖と同じ稚姫君命の御霊であると審神し四代の証を手渡したとし、直美を四代教主とする一派は「大本信徒連合会」を結成。[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 永岡崇 (2013). “宗教文化は誰の者か - 『大本七十年史』編纂事業をめぐって”. 日本研究 (国際日本文化センター) (47): 130. 
  2. ^ a b 島田裕巳『現代にっぽん新宗教百科』 柏書房 90-95p
  3. ^ 玉串奉奠の作法1 - 公式サイト
  4. ^ 王仁三郎がみろく様”. 大本信徒連合会. 2021年4月21日閲覧。
  5. ^ 『いのりとつどいー教派神道連合会結成百周年記念史』1996年。10-12頁。
  6. ^ 祭神 - 公式サイト
  7. ^ 『オールカラーでわかりやすい! 世界の宗教』236頁
  8. ^ 井上順孝 『新宗教の解読』 ちくま学芸文庫 [イ-12-1] ISBN 4480082735、111p
  9. ^ 五十嵐太郎 『新宗教と巨大建築』 講談社現代新書 1580 ISBN 4061495801、164p
  10. ^ 第三次大本事件の本質”. 大本. 2021年3月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]