東天紅 (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社東天紅
Totenko Co., Ltd.
2015年新築の、上野本店。
2015年新築の、上野本店。
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8181
1978年10月2日上場
本社所在地 日本の旗 日本
110-8707
東京都台東区池之端一丁目4番33号
設立 1948年(昭和23年)9月7日(※)
業種 小売業
法人番号 5010501016225
事業内容 中華料理レストランチェーン及び宴会場の経営
代表者 小泉和久(代表取締役社長)
資本金 25億7209万2千円
発行済株式総数 25,728,716株
売上高 67億1484万円
経常利益 1億6457万円
純利益 393万円
純資産 102億8185万円
総資産 129億5994万円
従業員数 291人
決算期 2月末日
主要株主 小泉グループ(株) 29.4%(他に間接で2.9%)
(株)みずほ銀行 5.0%
(2008年2月29日現在)
主要子会社 (株)海燕亭
外部リンク http://www.totenko.co.jp/
特記事項:財務データは2017年2月期[1]。 ※(旧)株式会社東天紅(1967年(昭和32年)3月26日設立)は、1978年(昭和53年)3月1日に株式の額面を50円に変更することを目的として(新)株式会社東天紅に吸収合併された。
テンプレートを表示

株式会社東天紅(とうてんこう、: Totenko Co., Ltd.)は、東京・上野の池之端に本社を置き、中華料理レストラン「東天紅」をチェーンストア展開する会社である。関連会社の株式会社海燕亭を含めて、小泉グループの外食会社である。

韓国首都ソウルに同名の中華料理レストランがあるが、無関係である。

展開店舗[編集]

秋田県から兵庫県までブランドの多角的展開を含めて合計14店舗を展開している。

  • 東天紅 - 中華レストラン
秋田県 - 秋田キャッスルホテル店
埼玉県 - JACK大宮店(大宮情報文化センター内)
千葉県 - CHIBA SKY WINDOWS東天紅(センシティータワー内)
東京都 - 上野本店、第一ホテル両国店、東京国際フォーラム店、高輪店(シナガワグース内)、深川店(赤札堂深川店併設)、オペラシティ東天紅(東京オペラシティ内)
神奈川県 - 横浜桜木町ワシントンホテル店
愛知県 - 名古屋国際センタービル店、KITTE名古屋店
大阪府 - 大阪天満橋OMM店
兵庫県 - 神戸三宮センタープラザ店、姫路山陽百貨店東天紅(山陽百貨店西館内)
東京都 - 上野店
  • LUCIS GARDEN - 光の空中庭園
東京都 - 上野店、恵比寿店(※恵比寿店は2017年8月26日開店)
  • Cafe53 - カフェ&バー
東京都 - 東京オペラシティ店
  • T’S GARDEN - 中国料理ダイニング
大阪府 - ツイン21MIDタワー店

過去に存在した店舗[編集]

沿革[編集]

現在の上野本店の北隣にあった、旧本店
  • 1948年9月7日 - 後に現法人となる会社設立
  • 1957年3月26日 - 前身となる上野温泉観光株式会社を設立
  • 1961年5月 - 上野温泉観光株式会社の商号を変更し、(旧)株式会社東天紅(本店・台東区池之端)となる
  • 1961年12月 - 上野にて赤札堂(現アブアブ赤札堂)の創業者・小泉一兵衛が中華レストランを創業
  • 1970年5月 - 大阪に進出(天満橋OMM
  • 1977年10月12日 - 休眠会社の東天紅インターナショナル株式会社の商号を変更し、(新)株式会社東天紅(本店・文京区湯島)となる
  • 1978年3月1日 - 株式の額面変更を目的として、(新)株式会社東天紅(本店・文京区湯島)が(旧)株式会社東天紅(本店・台東区池之端)を吸収合併。合併後本店を旧法人本店所在地に移転
  • 1978年10月 - 東京証券取引所二部上場
  • 1984年8月 - 東証一部に指定変更、大阪証券取引所一部に上場
  • 1991年10月 - 子会社として株式会社海燕亭を設立
  • 2003年 - 大証の上場廃止
  • 2015年 - それまでの本店の南隣りにあった池之端KGゴルフガーデン跡地に、新たな上野本店オープン[2]

TOB事件(東天紅事件)[編集]

2000年1月、発行済株式数の10.28%にあたる264万5000株を取得したという個人株主が突然に現れた。続いて、この株主より譲渡を受けたと称する男性が20.36%にあたる523万8000株を取得したと発表し、第2位の株主となった。同年2月にはこの男性が東天紅株について公開買付(TOB)を行うと発表したが数日後に撤回、3月にはメキシコ人実業家がTOBを発表、しかし書類の不備で公開買付届出書が大蔵省に受理されずTOBは無効となった。これらの一連の発表や有名仕手筋の関与が報道されたことなどが市場の思惑を呼び、東天紅株の株価は乱高下した。

2000年11月、男性及び他3名が東京地検特捜部証券取引法違反の疑い(大量保有報告書提出義務違反、風説の流布)で逮捕され、12月に起訴。3名に対しては2000年12月4日に東京簡裁で罰金50万円の略式命令、1名に対しては2002年11月8日に東京地裁懲役2年(執行猶予4年)及び罰金600万円の判決が言い渡された(いずれの判決も確定)。判決によると資金調達の見込みはなかったにもかかわらずTOBを発表し、株価のつり上げを狙ったものとされた。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]