北村季吟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北村季吟

北村 季吟(きたむら きぎん、寛永元年12月11日1625年1月19日) - 宝永2年6月15日1705年8月4日))は、江戸時代前期の歌人俳人、和学者。名は静厚、通称は久助・再昌院、別号は慮庵・呂庵・七松子・拾穂軒・湖月亭。

経歴[編集]

出身は近江国野洲郡北村(現在の滋賀県野洲市)。祖父の宗龍、父の宗円を継いで医学を修めた。

はじめ俳人安原貞室に、ついで松永貞徳について俳諧を学び、『山之井』の刊行で貞門派俳諧の新鋭といわれた。飛鳥井雅章清水谷実業和歌歌学を学んだことで、『土佐日記抄』、『伊勢物語拾穂抄』、『源氏物語湖月抄』などの注釈書をあらわし、元禄2年(1689年)には歌学方として500石にて子息湖春と共に幕府に仕えた。以後、北村家が幕府歌学方を世襲した。

俳諧は貞門派の域を出なかったが、『新続犬筑波集』、『続連珠』、『季吟十会集』の撰集、式目書「埋木(うもれぎ)」、句集「いなご」は特筆される。山岡元隣松尾芭蕉山口素堂など優れた門人を輩出している。宝永2年(1705年)死去、享年82。

台東区池之端の正慶寺に季吟の墓(東京都史跡)があり、墓石正面に「再昌院法印季吟先生」、墓石側面に「花も見つ 郭公(ほととぎす)をもまち出でつ この世 後の世おもふ事なき」と辞世の句が刻まれている。

末裔に、長野県県歌信濃の国』を作曲した北村季晴および元サッカー日本代表数学者北村春吉がいる。

主な著作[編集]

主な門人[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 石倉重継 (花笠主人) 『北村季吟伝』三松堂 1898 クレス出版、1995  
  • 『北村季吟著作集 第1集 (道の栄)』北村季吟大人遺著刊行会 1962
  • 『北村季吟古註釈集成』全44巻別巻6 新典社 1976-80 
  • 榎坂浩尚『北村季吟論考』1996 新典社研究叢書

外部リンク[編集]