佐々木基一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 基一(ささき きいち、1914年大正3年)11月30日 - 1993年4月25日)は、日本文芸評論家。本名・永井善次郎。

来歴・人物[編集]

広島県豊田郡本郷町生まれ。旧制山口高校を経て東京帝国大学美学科卒。山口高校時代は荒正人と共にマルクス主義学生運動に熱中した。東大卒業後文部省社会教育局、日伊協会に勤務の傍ら、戦前は『現代文学』同人、戦後、荒、埴谷雄高小田切秀雄本多秋五平野謙山室静と『近代文学』を創刊。また花田清輝らと『総合文化』、『現代芸術』を創刊したほか、文芸評論、テレビ、映画などについての評論、ルカーチ・ジェルジの翻訳などを精力的に行い、戦後アバンギャルド運動を謳歌した。1965年より中央大学教授を務めた。1990年、『私のチェーホフ』で野間文芸賞受賞。

姉・貞恵は作家・原民喜の夫人。その関係から原を回想した文章も多く、岩波文庫版の『夏の花』の解説は佐々木が執筆している。妻は永井郁(1909-)で、ガボリオ『ルコック探偵』の翻訳などがある。

著書[編集]

  • 『個性復興 文芸論集』真善美社 1948
  • 『日本文学案内』中教出版, 1952
  • 『リアリズムの探求』未來社, 1953
  • 『昭和文学論』和光社 1954
  • 『昭和文学の諸問題』現代社(現代新書) 1956
  • 『革命と芸術』未來社 1958
  • 『現代の映画』講談社(ミリオン・ブックス)1958
  • 『現代芸術はどうなるか』講談社(ミリオン・ブックス), 1959
  • 『テレビ芸術』パトリア書房, 1959
  • 『現代作家論』未來社, 1966
  • 『戦後の作家と作品』未來社, 1967
  • 『芸術論ノート』全2巻 合同出版, 1967-68
  • 『戦後文学の内と外』未來社, 1970
  • 『映像論』勁草書房 1971(「映像の芸術」として講談社学術文庫)
  • 石川淳』創樹社, 1972
  • 『ウィーン・鏡の中の都』河出書房新社, 1974
  • 『おまえを殺すのはおまえだ』新潮社, 1975
  • 『まだ見ぬ街』河出書房新社 1977
  • 『鎮魂 小説阿佐谷六丁目』講談社 1980
  • 『時の音』講談社, 1982
  • 『昭和文学交友記』新潮選書, 1983
  • 『同時代の作家たちその風貌』花曜社, 1984(「同時代作家の風貌」として講談社文芸文庫)
  • 『同時代の作家たちその世界』花曜社, 1985
  • 『東西比較作家論』オリジン出版センター, 1986
  • 『私のチェーホフ』講談社, 1990(のち文芸文庫)
  • 『停れる時の合間に』河出書房新社 1995

共著・編著[編集]

翻訳[編集]