谷田昌平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

谷田 昌平(たにだ しょうへい、1923年2月26日 - 2007年8月19日)は、日本の編集者文芸評論家堀辰雄の代表的な研究者。妻は詩人牟礼慶子

徳島県生まれ。京都大学文学部卒。在学中から堀辰雄研究を行い、大阪府立桜塚高等学校教諭時代に遠藤周作と知り合った縁から、「三田文学」に堀辰雄年表が掲載される。1954年新潮社に入社。出版部時代、安部公房に『砂の女』の執筆を依頼した。1976-81年『新潮』編集長。多くの文豪たちと交友を持ち、『回想 戦後の文学』を執筆した。

著書[編集]

共著[編集]

  • 『堀辰雄 その生涯と文学』佐々木基一共著 青木書店 1955 のち花曜社
  • 『現代作家論全集 堀辰雄』佐々木基一共著 五月書房 1958

参考[編集]

  • 『文藝年鑑』2004、2010