国分一太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1953年

国分 一太郎(こくぶん いちたろう、1911年3月13日 - 1985年2月12日)は、日本教育実践家、児童文学者国語教育、とくに作文(つづり方)教育の実践家・理論家。

人物[編集]

山形県出身。山形県師範学校卒業。戦前、郷里の小学校で作文(綴り方)教育を実践したが、治安維持法により服役する。戦後、児童文学、教育評論、国語(主として作文)教育の理論・実践研究などに従事。教育科学研究会・国語部会日本作文の会などの民間教育研究団体や日本教職員組合教育研究全国集会(全国教研)・国語分科会の講師、新日本文学会常任委員などとしても活躍した。

略歴[編集]

  • 1911年3月13日-山形県北村山郡東根町(現・東根市)に父国分藤太郎、母デンの長男として生まれる。父の職業は床屋
  • 1925年-東根尋常小学校を卒業。山形県師範学校に入学。短歌を作り始めた。村山俊太郎を知る。
  • 1930年-山形県師範学校を卒業。北村山郡長瀞尋常小学校に赴任し、4年生を担任、文集「がつご」を作る。「がつご」はこの地方の植物名にちなむ。同小学校では児童画の運動なども盛んであった。教育実践の報告を雑誌『綴り方生活』に投稿する。短期現役兵として入隊をはさんで、同小学校で「もんぺ」「もんぺの弟」などの文集を作る。
  • 1933年-成田忠久の『北方教育』や、『綴り方生活』等に作文教育に関する論文を発表する。
  • 1950年-日本作文の会の前身である日本綴り方の会結成に参加。
  • 1953年-日本教職員組合の第2回全国教育研究大会(全国教研)の高知大会に参加、このときから講師団の一員となった。
  • 1954年-少年長編小説『鉄の町の少年』を出版。
  • 1955年-宮沢俊義との共著で『わたくしたちの憲法』を出版。『鉄の町の少年』で第5回児童文学者協会児童文学賞を受賞。
  • 1956年-『教師』を出版。
  • 1958年-阿部知二石井桃子らとの共編で児童向け読み物読本シリーズ『雨の日文庫』の刊行を始める。
  • 1966年-日本児童文学者協会理事となる。
  • 1973年-『しなやかさというたからもの』、『みんなの綴方教室』を出版。
  • 1974年-日本教職員組合の中央教育課程検討委員会の委員となる。
  • 1976年-新日本文学会議長になる(1982年まで)。
  • 1977年-『ずうずうぺんぺん』を出版。
  • 1981年-「障害者の教育を実現する会」の代表顧問となる。
  • 1982年-『現代つづり方の伝統と創造』を出版。
  • 1984年-『小学教師たちの有罪』を出版。
  • 1985年2月12日-胃ガンの再発による消化管出血のため、死去。

批判[編集]

1957年に全貌社から出版された書籍では、「国分一太郎(教育評論家・日本共産党員)支邦民衆宣撫の辣腕家」というタイトルで、戦時中に陸軍報道部員として戦地に赴いて宣撫官として活動していたこと、戦後は口をかんして戦時下の言動について語っていないこと、が指摘された[1]

著書[編集]

共著書[編集]

編著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『進歩的文化人:学者先生戦前戦後言質集』 全貌社、1957年。

参考文献[編集]

  • 津田 道夫『国分一太郎―抵抗としての生活綴方運動』(社会評論社,2010年,ISBN 4784505938

外部リンク[編集]