原田義人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原田 義人(はらだ よしと、1918年8月5日 - 1960年8月1日)は、ドイツ文学者。元東京大学教養学部教授。

東京に生れる。1942年、東京帝国大学独文科卒業。在学中から新演劇研究会に参加、『亭主学校』では自らも舞台に立った。卒業後、応召。戦後、俳優としてNHKに出演したこともある[1]。復員して東大独文科助手ののち、1950年、東大教養学部助教授。1954年、ハンブルク大学日本語講師として渡独、ヨーロッパ各地を回り、1956年帰国。同人雑誌「方舟」の編集長を務め、評論家・ドイツ文学者として翻訳にも健筆を振るい、将来を嘱望されたが、1960年7月、教授昇任の後、8月、42歳の誕生日直前に死去。その最期の様子は友人であった加藤周一の『続羊の歌』に詳しい。今も「原田ギジン」として話題に上ることがある。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • 灰墟の光 甦えるヒロシマ(ロベルト・ユンク)(文藝春秋新社、1961年)

脚注[編集]

  1. ^ 中村真一郎の回想による。『戦後文学の回想』、筑摩叢書、27頁

外部リンク[編集]