渡辺一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1952年

渡辺 一夫(わたなべ かずお、1901年9月25日 - 1975年5月10日)は日本フランス文学者日本学士院会員。ルネサンス期フランスのフランソワ・ラブレーエラスムスなどの研究、及び『ガルガンチュワとパンタグリュエル』の日本語訳で知られる。

経歴[編集]

東京出身。暁星中学校フランス語を始め、少年時代は巌谷小波夏目漱石芥川龍之介十返舎一九式亭三馬、『三国志』『西遊記』などを愛読し、詩や和歌も読む文学少年だった。第一高等学校文科丙類を経て、1925年東京帝国大学文学部仏文学科卒。辰野隆に師事し、鈴木信太郎山田珠樹豊島與志雄らの薫陶を受ける。

卒業後の1925年、旧制東京高校にフランス語の語学教員として勤務、1931年から1933年、文部省研究員としてフランスへ留学。1940年東京帝国大学文学部講師、1942年助教授。戦争が激化する中、ラブレーなどの翻訳を行った。1948年東京大学教授、1956年、明治大学兼任教授。1962年東京大学を定年退官し、立教大学文学部教授に就任。教え子で同学一般教育部専任講師としての職を得ていた渡辺一民とともに、文学部フランス文学科の創設に尽力した。1966年から1971年まで明治学院大学文学部教授。この間1967年パリ大学附属東洋語学校客員教授も務めた。1956年に「フランソワ・ラブレー研究序説」で東大文学博士。1966年日本学士院会員に選出。

旧友で光文社社長神吉晴夫の勧めでカッパブックスシリーズの一冊として刊行された、エッセイ『うらなり抄』は1955年(昭和30年)のベストセラーとなった。

ミクロコスモス(人間を意味する小宇宙)のアナグラムである六隅 許六(むすみ ころく)という変名で、中野重治福永武彦、師の辰野隆らの著書装丁を行っている。また戦争中、世界情勢を分析して軍部への批判を含む日記を記していて、死後出版された。憲兵や特高警察からの摘発を恐れ、日記は全文が仏語で書かれていた。(ドナルド・キーン、角地幸男訳「作家の日記を読む」日本人の戦争・文春文庫)

業績[編集]

フランソワ・ラブレーの難解な中世フランス語の作品『ガルガンチュワとパンタグリュエル』は、1941年の『第一之書 ガルガンチュア物語』から、1965年『第五之書』(偽書との説も強い)まで長年かけ翻訳・刊行させ、その後も訂正、改訳、補注を重ね、没する直前の1975年の岩波文庫版完結まで続けられた。その訳業で1965年読売文学賞(研究・翻訳部門)受賞。1971年度朝日賞受賞。なお1960年にも、岩波文庫版『千夜一夜物語』の全訳で読売文学賞(同部門)を、佐藤正彰らと共同受賞している。リラダンサルトルカミュなど現代に至るフランス文学も紹介し続け、晩年の仕事として、16世紀のアンリ四世マルゴ公妃らの数奇な運命の物語『戦国明暗二人妃』などがある。

影響[編集]

大学教授として、二宮敬串田孫一森有正菅野昭正辻邦生清岡卓行清水徹大江健三郎ら数々の文学者を育てた(「弟子」とみなすのを嫌い、教え子を「若い友人」と呼んだ)。

大江健三郎は、高校在学中に渡辺の『フランスルネサンス断章』を読んで感銘を受け、渡辺の下へ進学し学び、渡辺の没後に『現代日本のユマニスト 渡辺一夫を読む』(岩波書店)を著した。辻邦生も、進学先を仏文学科に転じた。また三島由紀夫ヴィリエ・ド・リラダンの翻訳者として渡辺を尊敬し、1949年に出版した短篇集『宝石売買』(講談社)を上梓するにあたって序文を渡辺に貰っている[1]。高校時代から渡辺のエッセイを愛読していた今江祥智は、大学を卒業して名古屋市に住んでいた時、南山大学にて恩師新村猛から紹介され、渡辺と言葉を交わす機会を得て感激したと回想している。

その他[編集]

息子渡辺格(動物学者)の回想によれば、共産主義を信奉しており、共産主義諸国の独裁制についても「資本主義国からの介入を防ぐためにやむをえない処置」と考え、後年、共産主義国に関する種々の情報を入手してからも、「ソヴィエト・ロシヤの人間化を切に願っている」(「寛容は自らを守るために不寛容に対して不寛容になるべきか」1951年)と述べつつ、共産主義には好意的であり続けたといわれる[2]

著書[編集]

  • 『筆記帖』(白水社、1936)
  • 『紅毛鴃舌集』(青木書店、1939)
  • 『ふらんす文学襍記』(白水社、1939)
  • 『魚の歌』(実業之日本社、1941)
  • 『ラブレー覚書』(白水社、1943)
  • 『亀脚散記』(朝日新聞社、1947)
  • 『無縁佛』(能楽書林、1947)
  • 『蜃気楼』(鎌倉文庫、1947)
  • 『ルネサンスの面影』(民友社、1947)
  • 『ぶるいよん』(白日書院、1948)
  • 『狂気についてなど』(新樹社、1949)
  • 『教養についてなど』(白水社、1949)
  • 『架空旅行記など』(改造社、1949)
  • 『ルネサンスの人々』(鎌倉文庫、1949)
  • 『知識人の抗議』(弘文堂、1949)
  • 『空しい祈禱』(学徒援護会、1949)
  • 『ラブレー研究覚書』(白水社、1949)
  • 『宿命についてなど』(白水社、1950)
  • 『フランス語学ノオト』(三笠書房、1950)
  • 『仙人掌の歌』(中央公論社、1950)
  • 『まぼろし雑記』(河出書房、1950)
  • 『フランスルネサンス斷章』(岩波新書、1950 / 復刊1989)
  • 『架空と現実』(白水社, 1951)
  • 『人間についての断章』(要書房、1951)
  • 『僕の手帖』(河出書房、1952 / 講談社学術文庫、1979) 
  • 『蟻の歌』(創文社、1953)
  • 『人間模索』(要書房、1953 / 講談社学術文庫、1978)
  • 『乱世逸民問答』(読売新聞社、1954)
  • 『うらなり抄 おへその微笑』(光文社カッパ・ブックス、1955)
  • 『随筆 たそがれの歌』(彌生書房、1956)
  • 『三つの道』(朝日新聞社、1957)
  • 『ラブレー研究序説』(東京大学出版会、1957)、※博士論文
  • 『乱世の日記』(大日本雄弁会講談社、1958)
  • 『フランス・ユマニスムの成立』(岩波書店、1958 / 岩波全書、2003)
  • 『奇態な木像』(彌生書房、1958)
  • 『自分の殻』(光書房、1959)
  • 『フランス・ルネサンス文芸思潮序説』(岩波書店、1960) 
  • 『泰平の日記』(白水社、1961 / 復刊2003)
  • 『へそ曲がりフランス文学』(光文社カッパ・ブックス、1961)
  • 『泰平逸民独語』(大修館書店、1961)
  • 『うらなり先生ホーム話』(光文社カッパ・ブックス, 1962)
  • 『やぶにらみ人生』(竹内書店、1962)
  • 『私のヒューマニズム』(講談社現代新書、1964)
  • 『フランス・ルネサンスの人々』(白水社、1964 / 岩波文庫、1992)
※「ルネサンスの人々」、「フランスルネサンス断章」の増訂版
  • 『人間と機械など』(講談社「名著シリーズ」、1968)
  • 『巷説熊・八語録』(朝日新聞社、1972)
  • 『寛容について』(筑摩叢書、1972)
  • 『戦国明暗二人妃』(中央公論社、1972 / 中公文庫、1988)
  • 『白日夢 現代日本のエッセイ』(毎日新聞社、1973 / 講談社文芸文庫(改訂版)、1990)
  • 『異国残照 人と思想』(文藝春秋、1973、改訂1977)
  • 『世間噺 戦国の公妃 ジャンヌ・ダルブレの生涯』(筑摩書房、1973)
  • 『語学誤学雑記帖』(白日社、1974)
  • 『世間噺 後宮異聞 寵姫ガブリエル・デストレをめぐって』(筑摩書房、1975)、※遺著
  • 『渡辺一夫 ラブレー抄』(筑摩叢書、1989)、二宮敬
  • 『ちくま日本文学全集 58 渡辺一夫』(筑摩書房、1993)
  • 『狂気について 渡辺一夫評論選』(岩波文庫、1993)、清水徹・大江健三郎編
  • 『渡辺一夫敗戦日記』(博文館新社、1995)、串田孫一・二宮敬編
  • 『文学に興味を持つ若い友人へ』(彌生書房、1995)

翻訳[編集]

共編[編集]

著作集[編集]

  • 「渡辺一夫著作集」大江健三郎・二宮敬編、筑摩書房、全12巻、1970-71/増補版全14巻、1976-77
  1. 『ラブレー雑考 上巻』
  2. 『ラブレー雑考 下巻』
  3. 『ルネサンス雑考 上巻』
  4. 『ルネサンス雑考 中巻』
  5. 『ルネサンス雑考 下巻』
  6. 『フランス文学雑考 上巻』
  7. 『フランス文学雑考 中巻』
  8. 『フランス文学雑考 下巻』
  9. 『乱世・泰平の日記』
  10. 『偶感集 上巻』
  11. 『偶感集 中巻』
  12. 『偶感集 下巻』
  13. 『補遺 上巻』
  14. 『補遺、下巻、年譜、著作総目録、総目次』

脚注[編集]

  1. ^ ただし、後年は関係が良好ではなかったことが澁澤龍彦の回想記『三島由紀夫おぼえがき』に書かれている。
  2. ^ 「父の政治観」『ももんが』2002年12月号所収。平川祐弘「幻想振りまいた仏文の知的群像」2011年11月24日付産経新聞

参考文献[編集]

  • 渡辺一夫「老耄回顧」(『狂気について』所収)

外部リンク[編集]