国立療養所大島青松園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 大島青松園
Ooshima Seishoen Sanatorium
情報
正式名称 国立療養所大島青松園
英語名称 National Sanatorium Oshima Seisho-En
前身 国立らい療養所大島青松園
標榜診療科 内科、外科、整形外科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科
管理者 岡野美子(園長)
病院事業管理者 厚生労働省
開設年月日 1909年明治42年)4月1日
所在地
761-0198
位置 北緯34度24分34秒 東経134度6分25秒 / 北緯34.40944度 東経134.10694度 / 34.40944; 134.10694 (大島青松園)座標: 北緯34度24分34秒 東経134度6分25秒 / 北緯34.40944度 東経134.10694度 / 34.40944; 134.10694 (大島青松園)
PJ 医療機関
テンプレートを表示

国立療養所大島青松園(こくりつりょうようじょおおしませいしょうえん)は、香川県高松市庵治町に位置する国立ハンセン病療養所

概要[編集]

高松市の離島である大島(面積 61 ha、高松港の東北8km)に所在する。大島の西には桃太郎伝説の鬼が島とされる女木島、南には屋島の戦いで知られる屋島、東には小豆島が存在する。野島泰治が長らく所長を務めたほか、林文雄が晩年に勤務した。

歌手の沢知恵が毎年無料のコンサートを行い、島の内外から多くの人が訪れているほか、2010年平成22年)から大島が瀬戸内国際芸術祭の会場の一つとなった。しかしながら四国運輸局より官庁船に不特定多数の乗客を乗せることは違法の可能性があるとの指摘を受け、2016年より所用のある者以外の乗船ができなくなった。このため大島青松園入所者自治会が定期航路での就航を要望、2019年1月21日付で定期航路としての認可を受け、同年4月26日より一般の乗船が再開されることとなった[1]

沿革[編集]

  • 1909年明治42年)4月1日 - 中国四国8県連合「第4区療養所」として発足。所長川越壮介。
  • 1909年(明治42年)4月8日 - 12馬力石油発動機船購入
  • 1909年(明治42年)4月25日 - 開所式を行う。入所者120名
  • 1910年(明治43年)10月1日 - 大島療養所と改称
  • 1911年(明治44年)9月25日 - 医長小林和三郎 所長を兼務
  • 1931年昭和6年)1月16日 - ラジオ事件発生。所長、県の衛生課長相手に医療と生活改善を要求
  • 1933年(昭和8年)3月17日 - 小林所長没
  • 1933年(昭和8年)4月20日 - 野島泰治医長、大島療養所長に任命さる
  • 1941年(昭和16年)7月1日 - 所轄を厚生省に移管して国立らい療養所大島青松園と改称
  • 1944年(昭和19年)3月1日 - 林文雄着任
  • 1946年(昭和21年)11月2日 - 国立療養所大島青松園と改称
  • 1947年(昭和22年)7月18日 - 林文雄死去
  • 1969年(昭和44年)4月1日 - 野島園長退官、名誉園長へ。大西新園長へ交代。
  • 1970年(昭和45年)3月3日 - 野島名誉園長死去
  • 1977年(昭和52年)4月1日 - 大西園長、多磨全生園長へ、●省吾園長着任
  • 2010年(平成22年)- 瀬戸内国際芸術祭の会場となる。以降3年ごとの開催では毎回会場となる。
  • 2016年(平成28年)- 四国運輸局より官有船での瀬戸内国際芸術祭の観客輸送は法令上問題があるとの指導を受け、以降官有船は本園に所用のある者以外の乗船はできなくなった。やむなく民間船を借りて不定期航路の認可を受け観客を輸送。しかしながら不定期航路のため定員12名に制限された。
  • 2019年(平成31年)4月26日 - 官有船の高松-大島が定期旅客航路となり一般の乗船が可能となる(予定)。

診療科[編集]

交通[編集]

入所者、職員、来所者の交通、物資輸送のため高松港から官有船が運航されている[2]。高松-大島間は一般の乗船は定期航路となる2019年4月26日以降可能となる。

  • 高松港 - 大島港
  • 庵治港 - 大島港(職員専用航路)

※職員通勤専用船として特定航路を民間委託しており、 通勤職員は庵治航路を経路指定し交通費を請求しているにも関わらず実際には島の宿舎に泊まり込み、 この航路を使わず、 高松航路で休みの日と仕事の入りに利用し 交通費を水増し、搾取、横領している職員も少なくない。

船舶[編集]

  • せいしょう
石田造船建設建造、平成14年3月竣工。
82総トン、全長27.8m、全幅5.8m、深さ2.2m、ディーゼル2基(735hp)、航海速力11ノット

脚注[編集]

[ヘルプ]


参考文献[編集]

  • 閉ざされた島の昭和史 (1981) 国立療養所大島青松園自治会

外部リンク[編集]