秘密の花園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1911年版の表紙

秘密の花園』(ひみつのはなぞの、The Secret Garden)は1911年に初版が発行された、フランシス・ホジソン・バーネットによる小説

あらすじ[編集]

イギリス植民地時代のインド官吏の一人娘メアリー・レノックス(Mary Lennox)は、仕事人間の父と遊び惚ける母に放任され、我儘で気難しく、孤独な少女に育ってしまう。

そんなある日、悪性のコレラ流行により両親や使用人たちが急逝、父の同僚に発見されたメアリーは、イギリスのヨークシャーに住む、血の繋がらない(メアリーの父の姉の夫)伯父・クレイブンに引き取られる。

伯父の屋敷は荒涼としたムーアの外れにあった。伯父は一年の大半は家を空け、メアリーはここでも使用人以外には相手にされなかったが、コマドリと遊ぶなどするうち、次第にムーアの自然に馴染んでいく。更に彼女の世話役のマーサ(Martha)やその弟で牧童のディコン(Dickon)とも親しくなり、少々お転婆ながら明朗で行動力のある娘に変わっていく。

ある日、メアリーは屋敷の庭の中で、壁に囲まれた一角を見つける。そこは亡き伯母が生前大切にしていた庭園だったが、彼女の死後伯父の令により閉じられていた。しかしメアリーはひょんなことから庭園の鍵と入り口を見つけ、早速侵入する。庭園は荒れ放題だったが、そこの植物が実は生きていることに気付いた彼女は花園を蘇らせようと決心、ディコンと共に行動を開始する。同じ頃、彼女はその存在を秘密にされていた自身の従兄(クレイブンの息子)・コリン(Colin)と出会う。彼は生来病弱でベッドからほとんど出たことの無い、メアリー同様両親に愛された記憶の無い少年だった。

やがて季節へ移り、屋敷の周りのムーアにヒースハリエニシダの花が咲き始める。そしてメアリーと花園を中心に、魔法がかかったような素晴らしい出来事が起こり始める。

映像化[編集]

本作はバーネットの最もポピュラーな小説と言われ、ステージ化や映画化もされた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]