南條年章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

南條 年章(南条年章、なんじょう としあき、1948年2月13日[1] - )は、バリトン歌手。

静岡市出身。広島エリザベト音楽大学中退。1968年イタリアに渡り、1984年までにミラノに暮らす。イタリア、ベルギー、オランダ、ドイツ、スペインで「蝶々夫人」ゴロー役のスペシャリストとして活躍。帰国後は藤原歌劇団所属、オペラやミュージカルに出演。1990年より「南條年章オペラ研究室」を主宰し後進の指導に当たっている[2]。門下に佐藤美枝子ら。

著書[編集]

  • 『天井棧敷の人々』音楽之友社 音楽選書 1985
  • 『これで、オペラがなお、おもしろい』オペラ達人講座 イタリア・オペラ編 フリースペース 1997
  • プッチーニ』音楽之友社 作曲家・人と作品シリーズ 2004
共著

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『スカラ座から世界へ』著者紹介