よわむしモンスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

よわむしモンスターズNHKの幼児向け番組『おかあさんといっしょ』内のショートアニメコーナー。2012年(平成24年)12月25日放送開始。1月からは『あつまれ!土曜日』にて放送される。略称は「よわモン」。

登場キャラクター[編集]

主なモンスターキャラクター[編集]

2012年度から登場しているモンスター[編集]

[編集]
  • ハクシュン
水色ボーダー柄球体の姿で頭に三本の毛、人間に近い手足をしている。拍手をされるのに弱く、周りの誰かがそれをされると体が勝手に分裂してしまう。襲う時は「お前を食べちゃうぞ!」と言い、やられた時は「ごめんなさ~い」と言う。一人称は「オイラ」。
  • フーチン
ドラキュラがモチーフ。フーッと息を吹きかけられるのに弱く、それをされると顔が限界まで膨らんでしまう。襲う時は「お前を舐めちゃうぞ~」と言い、やられた時は「すみませ~ん」と言う。一人称は「オレ様」。
  • テグルマン
黄緑と白のボーダー柄のがモチーフ。手をグルグルされるのに弱く、周りの誰かがそれをされると体が勝手に結ばれてしまう。襲う時は「お前にまきつくぞ~!」と言い、やられた時は「まいった~」と言う。一人称は「ぼくちん」。
  • おしりペーン
オオカミがモチーフ。お尻ペンペンに弱く、周りの誰かがそれをされると勝手にお尻が腫れてしまう。襲う時は「お前にかみつくぞ~!」と言い、やられた時は「さいなら~!」と言う。一人称は「オレ」。
[編集]
  • アワワン
お化けがモチーフ。アワワワワ(口を開けて、手で素早く叩く)とされるのに弱く、周りの誰かがそれをされるとおびえてしまう。襲う時は「永久(とわ)にくっつくわよ~」と言い、やられた時は「ごめんなさ~い!」と言う。一人称は「私(わたし)」。
  • ヘンカオン
黄色いナメクジのような宇宙人がモチーフ。変な顔をされるのに弱く、それをされると笑ってしまう。襲う時は「お前を食べちゃうわよ~」と言い、やられた時は「変すぎる~!」と言う。一人称は「私(わたくし)」。
  • ナゲチュー
宇宙人がモチーフ。投げキッスに弱く、それをされると照れてしまう。襲う時は「お前をくすぐるわよ~」と言い、やられた時は「あ~ん、メロメロ~♡」と言う。一人称は「アタイ」。
  • プゥーリンゴ
魔女の持っていたリンゴがモチーフ。オナラの真似に弱く、それをされるとオナラと間違ってしまう。襲う時は「お前にかみつくわよ~ん!」と言い、やられた時は「くっさ~い!」と言う。一人称は「アタイ」。

絵本オリジナルモンスター[編集]

  • オーゴエー
  • ジャンプップー
  • シリフリー
  • ベロベロバー
  • イナイイナイバー
  • ガブガブ

味方キャラクター[編集]

  • ヨッシャー
天使がモチーフの唯一の味方キャラクター。モンスターに襲われている子を助け出し、そのモンスターの弱点をその子に教える。あらわれたよわむしモンスターズの弱点を攻めて、やっつけた後、名前の通り「ヨッシャー」と必ずガッツポーズを決める。

スタッフ[編集]

備考[編集]

ファミリーコンサートでも、『じゃがいも星人にあいたいな』に一部のモンスターが登場。ヨッシャーに代わって横山だいすけ三谷たくみがモンスターの弱点を教え、観客によって倒される。