バク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バク科
アメリカバク
アメリカバク Tapirus terrestris
保全状況評価[1]
ワシントン条約附属書I[注釈 1]
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 奇蹄目 Perissodactyla
亜目 : 有角亜目 Ceratomorpha
上科 : Tapiroidea
: バク科 Tapiridae
学名
Taipiridae Gray, 1821[2]
タイプ属
Tapirus Brisson, 1762[2]
タイプ種
Tapirus terrestris (Linnaeus, 1758)[2]
和名
バク科

バク(獏)は、奇蹄目に含まれるバク科(バクか、Taipiridae)の構成種の総称。現生種はすべてバク属(バクぞく、Tapirus)に分類される。

分布[ソースを編集]

熱帯林に棲息する。1種が北アメリカ大陸南部、2種が南アメリカ大陸、1種が東南アジアに分布する。

形態[ソースを編集]

成獣の体長は1.7-2m程度。ブタのような体つきをし、ゾウの鼻のような口吻をもつ。奇蹄目はその名が示すとおり、通常奇数の指をもつが、バクの各脚の指の数は、前脚が4本、後脚が3本である。

前脚が後脚よりも長いという特異な骨格構造を持つ。これは主な生息域にはが多く、背丈の長い草を掻き分けて走ることに適した形状であるとされる。

これらの形態が中国や日本に伝わる幻獣の「獏」に似ていることが名称の由来だが、むしろ架空の獏こそがバクをモデルとした動物だという説もある。の項目も参照。

分類[ソースを編集]

分子系統によると、奇蹄目の現生3科のうちバク科とサイ科姉妹群で、ウマ科はやや離れている[3][4]

現生種の分類・英名は(Grubb, 2005)に従う[2]

生態[ソースを編集]

水辺を好み、鼻先だけ水中から出すことで数時間水中にいることができる。葉や果実など、植物性のものを食べる。

文化[ソースを編集]

  • 中国の伝説上の獣「」(ばく)と同一視され、日本ではを食べるとされる。
  • 鶴見川水系を地図上にあらわすとバクの形に似ているので、バクが鶴見川のキャラクターとなっている。

画像[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アメリカバクはワシントン条約附属書II

参考文献[ソースを編集]

  1. ^ Appendices I, II and III<http://www.cites.org/>(accessed December 17, 2015)
  2. ^ a b c d Peter Grubb, "Family Tapiridae," Mammal Species of the World, (3rd ed.), Volume 1, Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder (ed.), Johns Hopkins University Press, 2005, p. 633-634.
  3. ^ Tougard, Christelle; Delefosse, Thomas; Hänni, Catherine; Montgelard, Claudine (2001), “Phylogenetic Relationships of the Five Extant Rhinoceros Species (Rhinocerotidae, Perissodactyla) Based on Mitochondrial Cytochrome b and 12S rRNA Genes”, Mol. Phylogenet. Evol. 19 (1): 34–44 
  4. ^ Price, Samantha A.; Bininda-Emonds, Olaf R. P. (2009), “A comprehensive phylogeny of extant horses, rhinos and tapirs (Perissodactyla) through data combination”, Zoosyst. Evol. 85 (2): 277–292 
  5. ^ Mario A. Cozzuol, Camila L. Clozato, Elizete C. Holanda, Flávio H. G. Rodrigues, Samuel Nienow, Benoit de Thoisy, Rodrigo A. F. Redondo, Fabrício R. Santos, "A new species of tapir from the Amazon," Journal of Mammalogy, Volume 94, Issue 6, 2013, pp. 1331-1345.

関連項目[ソースを編集]