ヤマバク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤマバク
ヤマバク
ヤマバク Tapirus pinchaque
保全状況評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウマ目 Perissodactyla
: バク科 Tapiridae
: バク属 Tapirus
: ヤマバク T. pinchaque
学名
Tapirus pinchaque
(Roulin, 1829)
和名
ヤマバク
英名
Mountain tapir

ヤマバク(山獏、Tapirus pinchaque)は、バク科バク属に分類されるバク。

分布[編集]

エクアドルコロンビアペルー北西部

絶滅した分布域[編集]

ベネズエラ

形態[編集]

体長180cm。肩高75-80cm。体重225-250kgとバク科最小種。全身は暗褐色や黒の長い体毛で覆われる。臀部は体毛が無く、皮膚が露出する。幼獣は全身濃褐色の体毛に白い縦縞が入る。

生態[編集]

標高2000-4400mにある森林草原などに生息し[1]、水辺に好んで生息する。夜行性[1]、昼間は茂みの中などで休み、夜明けや夕暮れに活動する[1]。食性は植物食で、、木のなどを食べる[1]

繁殖形態は胎生。妊娠期間は約400日。1回に1頭の幼獣を産む。

人間との関係[編集]

生息地では食用にされることもある。1930年代以降の開発や放牧による生息地の破壊や[1]、食用の乱獲などにより生息数は減少している。現在、アンデス全体で約2500頭のみ確認されている[2]

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『レッド・データ・アニマルズ3 中央・南アメリカ』、講談社2001年、37、160頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館2002年、82頁。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e おもしろ動物図鑑 ヤマバク”. 産経子どもニュース. 株式会社 産経広告社. 2021年11月5日閲覧。
  2. ^ 絶滅危惧種のバクが多く住む、世界遺産にある山とは|TBSテレビ” (日本語). TBS Topics. 2021年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]