ゴロンタ劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ゴロンタ劇場(ごろんたげきじょう)はNHKの幼児向け番組、おかあさんといっしょのコーナー。1976年4月から1979年3月まで放送。

歴史[編集]

  • 1976年、子供たちと触れ合う「ゴロンタ・トムトム・チャムチャムと遊ぶ」という名で始まった。
  • 1977年から、「ゴロンタ劇場」に発展。

劇場[編集]

この当時は、別撮りのものを放送時に組み込む形ではなく、スタジオ内にセットを設け、スタジオに来た子供たちの目の前で物語が展開する形式をとっていた。この方式は、「ブンブンたいむ」の2年目まで5年間続いた。

登場人物[編集]

着ぐるみは瞳が上下に動く構造になっている。

ゴロンタ
声 - 大塚周夫
ゴロンタはの着ぐるみキャラクター。性格は乱暴だが、一方では寂しがり屋。一人称は「俺様」で、立ち居地は中央。
チャムチャム
声 - 北川智絵
トムトム
声 - 菅谷政子
チャムチャム(黄シャツ)とトムトム(ピンクシャツ)は双子のの着ぐるみキャラクター。二人とも一人称は「僕」。
トムトムはゴロンタに対しては敬語で話す。

共演者[編集]

水木一郎は本作放送開始と同時に番組に加入すると同時にすべてのおにいさん・おねえさんが隔週で交代するスタイルをとった。

  • 3年間の放送期間の内、メンバー変更は1977年の1度のみで、1977年度からの2年間は同一のメンバー構成で固定されていた。
  • 末期の1978年は輪島直幸がナビゲーターのポジションになり、交代するスタイルをやめ、おにいさん・おねえさん全員が毎週出演した。

ゴロンタ音頭[編集]

『おかあさんといっしょ』の当時のエンディングテーマとして使用されていた。『あんからもんからフライパン』のかけ声とともに、両腕を上、中、下の3つのポーズのいずれかを取り、ゴロンタと違うポーズなら勝ち、同じポーズなら負けという勝負のコーナーがあった。LPではエンディング「ゴロンタ音頭」の1番と2番の間の間奏に、ゴロンタの台詞でルールの説明と掛け声が収録されている。この勝負とルールは後続の「ブンブンたいむ」にも引き継がれた。

備考[編集]

「おかあさんといっしょ」において、着ぐるみキャラクターがスタジオの子供たちと直接交流するようになったのは、今作が初である。

前作までは特定の曜日のみに放送されていたが、本作からは現在と同じくほぼ毎日放送する形式に変更され、同じく現在の形式のエンディングテーマも導入された。

原作・脚本担当の山元護久は本作放送中の1978年4月22日に急逝。同年8月放送分まで生前書かれた山元による脚本で対応し、9月から翌年3月終了までは三枝睦明が脚本を書くことで対応した。

ファミリーコンサート[編集]

公演 タイトル 出演者(一部を除く)
1989年 キャラクター・オン・ステージ 坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
ゴロンタトムトムチャムチャム
ブンブンつねきちごじゃえもん
1990年 げんき♥元気 古今亭志ん輔坂田おさむ神崎ゆう子馮智英天野勝弘
じゃじゃまるぴっころぽろり
林アキラ森みゆき
ゴロンタトムトムチャムチャム
ブンブンつねきちごじゃえもん
ブーフーウー

スタッフ[編集]

  • 原作 - 山元護久、三枝睦明
  • 人形操演 - 加藤也寸生、岡村京子、酒井陽子
  • 人形制作 - 川本喜八郎、岡部久義
  • 音楽 - 越部信義
  • 音楽制作 - 東京室内楽協会
  • 監督 - 坂上道之助
  • 製作著作 - NHK

関連項目[編集]

NHK教育テレビ おかあさんといっしょ人形劇
前番組 番組名 次番組
ゴロンタ劇場