みんなの広場だ!わんパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

みんなの広場だ!わんパーク』( -ひろば- )は、NHK教育テレビ2000年4月8日から2003年4月6日まで、3年に渡って放送された子供向け番組である。

混同しやすいものとして、「あつまれ!わんパーク」は当時の子供番組が多かった平日の16時~18時を一括して称するネーミングである。「ソウルわんパーク」は番組が行われるステージを指す。

概要[編集]

2000年4月に始まったNHKの教育番組で、「子供が歌ったり踊ったりできるライブ番組」という、生放送ではないものの、番組は一発撮りという斬新なスタイルの子供番組であった。収録は同時期に作られた、渋谷NHK内の仮設観覧ステージ建物の「テント2000みんなの広場」で行われ、通常2週分収録が一日で行われた。観覧申し込みに応募して当選した子供や大人ら100人ほどの前でステージが行われる。また、その収録模様は上部観覧窓から見ることが出来、収録日はテント内が常に混雑していた。収録本番直前には本番と同様の進行のカメラリハーサルも観覧窓から観ることが可能であり、収録日は実質1日で4ステージ観ることができた。内容は歌とダンスが中心。生バンドの演奏がほとんどだった。間には『ぴりっとQ』や『おじゃる丸』、『ベイビーフィリックス』なども挟んだ。司会はミーオとダリオ(一年目は人形のティーノ)そしてマスコットのスプー、子供5人によるGOダンサーがバックダンサーをつとめ、専属バンドが4人(初期はキーボードが2人)いた。この番組は毎週ゲストを1人ないし2,3人呼ぶ形式で、さまざまなゲストが登場した。中でも、『おかあさんといっしょ』からの歌のお兄さんお姉さん(OB含む)からのゲストは多く、杉田あきひろは最多ゲスト出演を記録している。他にはNHK教育番組関連のゲストや、音楽関連のゲストなどで、この番組は子供向けNHK教育番組の顔ともなった。ゲストのない回はレギュラースペシャルとしてオンエアされた。また、第一回目は子供向けNHK教育番組の出演者が10人ほど集まった。番組は3年間続いたが、2003年3月の放送で最終回が伝えられた(収録は2月1日)。

放送終了後は、後番組である『夢りんりん丸』にミーオとGOダンサーがゲスト出演したが、再放送はされてこなかった。しかし、放送終了から10年後の2013年5月26日に『Eテレセレクション』としてゲストに坂田おさむを迎えた回(2001年2月24日放送)を再放送した。

レギュラー出演者[編集]

ミーオ平田実音
この番組のMCであり、また当初の設定ではアイドルであった。歯切れの良い司会、ダリオのボケにうまく突っ込んだり、またライブ番組でしばしば起こるハプニングにも冷静に対応するなど、番組進行になくてはならない要であった。また番組ではミーオの曲が多く作られた。『ひとりでできるもん!』の初代主役で、高視聴率を取った事があるが、それ以来の主役級番組となる。
番組内で『ひとりでできるもん!』の紹介があった時、ダリオに「ミーオは料理が出来るのか?」と質問された事があり、「当然!だって私は最初の…」とまで言いかけて、あわてて「なんでもないよ」とうやむやに答えた事がある。
ダリオ戸田ダリオ
DJティーノ(声:戸田ダリオ)の後釜として2001年4月よりレギュラー出演となりミーオと共に番組MCを務めた。英語が得意で、また歌唱力も高く多くの歌を歌った。ペンギンの衣装を被ったコーナーでは「とだくん」として登場する。
スプー(声:川村万梨阿→2001年途中から橘ひかり)(人形操演:志村直子→桐島楓)
おかあさんといっしょ』の『ぐ~チョコランタン』に登場する着ぐるみマスコットキャラである。
DJティーノ(声:戸田ダリオ
操り人形。2001年3月の放送終了時に旅に出る、という設定で番組を卒業した。
GOダンサー
ダンス中心の子役事務所、アイビィーカンパニーから抜擢された小学生男女5人で構成。1年目は主にバックダンサーであったが、2年目より、ダンスコーナーの担当をしたり(先生と呼ばれた)、オンエア内のストーリーに絡むようになったりと、キャラを確立させ地位が大幅に向上した。番組内で大人顔負けのタップダンスを披露した事も数度ある。小泉もえこと上野紗也加を除き「おはロック隊」のメンバーでもある。
  • 小泉もえこ(こいずみ もえこ)番組出演時:小4~小6 [1]
  • 堀広希(ほり ひろき)番組出演時:小3~小5
  • 上野紗也加(うえの さやか)番組出演時:小3~小5
  • 吉田佑(よしだ ゆう)番組出演時:小2~小4
  • 板倉美穂(いたくら みほ)番組出演時:小1~小3
ナンバーわんパークバンド
ギター、ベース、キーボード、ドラムの4人で構成される番組専属のバンド。スプーのバンドという設定でもある(スプーはラッパ)。2年目からはバンド中心のコーナーが設けられ、存在感をアップさせた。メンバーは番組内の楽曲の作曲・編曲および音源作成も担当している。メンバーの本業はスタジオミュージシャンであり、ライブハウス中心に活動をしている。プライベートでも仲が良く、しばしばメンバーが揃ってライブを開くこともあり、バンドファンの母親が子連れでライブハウスに足を運ぶ光景が見られる事もあった。

番組の変遷[編集]

初年度の放送時間は土曜17時から17時55分まで。第一回目は子供向けNHK教育番組の出演者が10人ほど集まった。ゲストは全体を通して『おかあさんといっしょ』出演者(当時現役のおにいさん・おねえさんや歴代のおにいさん・おねえさん)が多かった。当初は番組内に「ぐ〜チョコランタン」、「英語であそぼ」、「おじゃる丸」が内包されていた。また、1年目は当時あつまれ!わんパークの番組枠統一オープニングで使われていた茂森あゆみ(『おかあさんといっしょ』17代目うたのおねえさん)が歌うテーマソングがこの番組のオープニングとしても放送され、映像も『あつまれ!わんパーク』のものをベースにしたものが使われた(なお、テーマソングである『ソウルわんパーク』は番組本編のオープニングとして1年目から使用)。

2年目になると、DJティーノが旅立った、ということで、声を担当していたダリオが登場(1年目にゲストでも来ていた)。放映日が日曜日に変わる(時間は同じ)。それを受けてオープニングの『ソウルわんパーク』の歌詞が変わり、番組のセットも明るいものに変わった。この年は前年度放送分を含め、番組のビデオも多く発売された。

番組の好調を受けて3年目の続行が決まった。西武ドームのイベントもこの年に行われた。

エピソード[編集]

  • 後番組『夢りんりん丸』にゲストとして、ミーオとGOダンサーが登場した。

ゲスト[編集]

出演回数順に記載。初回の開店祝いに出演した分は除く。

おかあさんといっしょ』の当時現役ゲストメンバー
杉田あきひろ(10回)
放送期間中は現役で『おかあさんといっしょ』のうたのおにいさんを務めている。
つのだりょうこ(8回)
放送期間中は現役で『おかあさんといっしょ』のうたのおねえさんを務めている。キーボード席につき、弾き語りでKiroroの「Best Friend」を披露したこともある。後番組の『夢りんりん丸』では、「りょうこキャプテン」として進行役を務めている。
タリキヨコ(6回)
放送期間中は現役で『おかあさんといっしょ』のたいそうのおねえさんを務めている。デ・ポン!の9バージョンすべてを1オンエア内で披露する偉業を成し遂げた。
佐藤弘道(5回)
放送期間中は現役で『おかあさんといっしょ』のたいそうのおにいさんを務めている。番組放送当時、『おかあさんといっしょ』では「あ・い・うー」を担当していたが、番組内でたいそうのおにいさん就任から3年間担当した「ぞうさんのあくび」を久々に披露したことがあった。
『おかあさんといっしょ』の歴代OB・OGゲストメンバー
森みゆき(7回)
後期では他のゲストとの共演でカバーしていた。また、ゲスト出演当時アメリカ在住であった事から、番組内でアメリカでの生活についても話している。
速水けんたろう(7回)
出演した際に、「ケンタマン」というキャラクターを演じた事がある(当時自身が出演していたCS放送のバラエティー番組でやっていたキャラクターでもある)。なお、「ケンタマン」と速水はあくまで別人という設定のため、ケンタマンが去った後に速水が登場して他の出演者から「ケンタマン」の話を聞き「会いたかったな〜」となるのが恒例だった。
坂田おさむ(5回)
知名度に比してゲスト出演は少なかったが、『おかあさんといっしょ』同様に多数の曲を提供。2002年には娘の坂田めぐみと共に出演。西武ドームのイベントでは、メイン進行を務めた。
茂森あゆみ(3回)
松野ちか(3回)
神崎ゆう子(1回)

etc…

その他のゲスト
影山ヒロノブ(9回)
アニメソングのみならず、むしまるQ関係の曲も多く披露。内田順子と一緒の出演も多い。ダンスは苦手なことを番組内で暴露してしまい、それをネタにダンスコーナーでイジられることもたびたびあった。
内田順子(6回)
ソロよりも影山ヒロノブや瀧本瞳と一緒のゲスト出演が多かった。番組内でタップダンスを見せたこともある。
瀧本瞳(5回)
ワンマンライブのノリで出演。西武ドームのイベントのメインキャストでもある。
ナディア・ギフォード(5回)
王健(5回)
クリステル・チアリ(4回)
ダリオがレギュラーになってからも『英語であそぼ』時代のノリでダリオに接していた。
新納慎也(4回)
姓が難読なため「にいろしんや」とクレジットされていた。
羽生未来(3回)
本来はもう1回分出演枠が確保されていたが、その収録予定日を前に病気が判明し闘病に入ったため幻の出演となった。
中右貴久(3回)
ストレッチマン宇仁菅真)(3回)
このうち1回はストレッチマンとしてではなく本名の宇仁菅真としての出演であった(「うにっち」と呼ばれていた)。
  • 以下2回
戸田ダリオ
レギュラー入り前は、英語であそぼ出演当時の髭を生やした風貌での出演であった。2000年度最終回でティーノと入れ違いになるような形でやってきて、そのまま翌週からのレギュラー出演となった。
りなちゃん斉藤里奈)&ワンワン
笹本玲奈
一度は伊倉愛美と一緒で「ラン・ハンジュク」役での出演
関沢圭司
インラインスケートのプロ。ステージ上で並んで寝た状態のGOダンサーとダリオをジャンプで飛び越えるアクロバットを披露した。
坂田めぐみ
坂田おさむの実娘。父とのギター連弾を聴かせた。父とともに番組最後のゲストである。
ワクワクさん久保田雅人
ウガンダ・トラ
クリスマス直近の回でサンタ役。
シキーニョ
ユールファミリー
ギニアのジェンベ奏者集団。
  • 以下1回
伊倉愛美
笹峰愛
ニャンちゅうと一緒に出演。
石川ハルミツ
「もっとわんパーク」の作曲者。出演時に新曲「ドスコイマン」を提供。放送終了後の復活コンサートおよび後番組『夢りんりん丸』のバンドメンバーとなる。
みやざきみえこ
「チューチューガリガリ」の作詞作曲。
石川ひとみ
井上あずみ
となりのトトロなど数々のジブリ作品の主題歌、童謡を歌っている。
鳴瀬喜博
ベースベーダーとしてバンドコーナーに登場。音楽におけるベースの大切さを子どもたちに説いた。
遠藤正明
ティンクティンク
岩崎良美
目黒祐樹
2002年のサンタ役。
岩本恭生
最終回ではないが、最終収録のゲスト。十八番の和田アキ子のものまねを披露した。
クロスカラーズ(大田洋子、大石めぐみ、門田ともみ)
アリシオン
2000年度のうたっておどろんぱに出演していたアリ(外山亜里奈)、シオリ(鈴木詩織)の番組内ユニット。
マルカート(タテヤマユキ)

etc…

番組内で歌われた主な曲[編集]

ソウルわんパーク
1年目ではOPとED両方で歌われたが、2年目以降は放送日が土曜から日曜になったのを受けて、歌詞が「サタデーナイト(土曜の夜)」から「みんなで」に変わった。もっとポップスな編曲になり、OPでメンバーが登場する場面で歌われた。初代キーボードの森下滋作曲。
チェッチェッコリ
ガーナの遊び歌で、全般通じて大変多く歌われた曲。本番組終了直前の2003年3月下旬頃からサッポロ飲料「まる福茶」のコマーシャルソングにも使われた。
おしえて、ミーオ!
ミーオが「女の子には役に立つ呪文があるの」といいながら最後には「教えてあげない」というストーリー風のコミカルな曲。
ダンスダンスわんパーク
番組開始時から歌われたダンス曲。
ダメ ダメ ダーメ!
この曲からGOダンサーが本格的にボーカルに加わる。里乃塚玲央作詞・坂田おさむ作曲。
GO!GO!ミーオ
2年目より歌われた。サビの歌詞の間違いが起こりやすく、特にGOダンサーの佑が間違えたままでオンエアされたことがままあった。作詞はもりちよこ、作曲はバンドのギター、後藤郁夫が担当。
ユメフル・カラフル
2年目夏より歌われたオリジナル曲。GOダンサーにとってはソロを歌うなど、彼らがはじめて大きく前面に出た曲だった。須藤まゆみ作詞・内藤慎也作曲。
ラジャ・マハラジャー
NHKみんなのうたのヒット曲のカバー。GOダンサー女子3人はインド民族衣装姿であった。
パラパラアイアイ
童謡の定番曲、「アイアイ」をユーロビート風のパラパラに編曲したもの。編曲は、内藤慎也。歌唱は、川村万梨阿。スプーがメインであるが、『おかあさんといっしょ』で歌われたことはなく、本番組オリジナル。出演者全員がサル顔をすることが通例となっていた(ミーオだけは途中からしなくなった)。さらに、GOダンサーの広希と佑はサルの着ぐるみを着用していた。後継番組である『夢りんりん丸』に川村がゲストとして出演した際にも本曲が披露されている。
じゃまをしてもいいですか
3年目の後期に作られたミーオのソロ曲。里乃塚玲央作詞・池毅作曲
ハイ・ハイ・HIGH!
坂田おさむが番組に提供した曲。この曲は後番組『夢りんりん丸』でも多く歌われた。間奏の後藤郁夫のギターソロは毎回違うバージョンだった。
フレンド
3年目より歌われた。ミーオとダリオのデュエット。ダリオの歌唱力がミーオの歌唱力をかなりカバーしていた。
恋のダイヤル6700
フィンガー5のカバーで、GOダンサー5人により歌われた。メインヴォーカルは堀広希。
ニッポンのたぬき
むしまるQゴールドで放送された曲。GOダンサー女子3人はたぬきをイメージした衣装姿であった。
チューチューガリガリ
みやざきみえこが番組に提供した曲。テンポが速くなるため振り付けが難解な事から、ミーオが挑戦することが定番となっていた。
コラサォンカルナバル
シキーニョが番組に提供した曲。日本語で「心のカーニバル」といった意味。後番組『夢りんりん丸』でも歌われている。
手と手をつなごう!
間奏部分ではGOダンサーがステージを降りて客席の子供達と手を繋ぐ。つのごうじ作詞・作曲、原曲は影山ヒロノブ「Mixture~影山ヒロノブベストセレクション3~」に収録。
空はリンドンリンドン
影山ヒロノブ作曲で別れ・卒業がテーマとなっており、3年目の終盤に頻繁に歌われた。 後番組『夢りんりん丸』でも歌われている。
ダンシングメイト
うたっておどろんぱ!で放送された曲。最終回でのみ歌われた曲で、卒業や友情を明るく歌った曲。
もっとわんパーク
2年目以降のエンディング曲。毎週番組を盛り上げて終わる為の大切なポジションとして歌われていた。

通常収録以外のイベント[編集]

教育フェア ユメフルカラフルアワー
2001年11月18日、NHK局舎内の特設ステージで行われた、通常の公開収録以外初のイベント
うたっておどればユメフルカラフル
2002年5月6日さいたま新都心けやきひろばで行われたイベント。バンドの生演奏はないものの、ほぼ番組収録と同様のノリだった。日韓共催ワールドカップサッカー開幕前でもあり、サッカーにちなんだストーリーが展開されていた。
ぐ~チョコランタンとゆかいな仲間の大行進~ドーム・夢のわんパーク広場~ 
2002年9月21日9月23日西武ドームにて坂田おさむ、瀧本瞳、松野ちか、輪島直幸どーもくん、『BSおかあさんといっしょ』のメンバーらと行った、番組最初で最後の大イベント。タイトルに「わんパーク」の文字は入っているものの、本番組のメンバーの正味の出演時間は全公演時間の1/4程度であり、後半からのゲスト的な出演であった(番組オンエアのスタッフロールでのクレジットでは坂田おさむが筆頭)。このイベントにはアイビィーカンパニーから10人応援ダンサーが派遣され、その中には後番組の『夢りんりん丸』のプチクルーとなったメンバーもいた。
  • 2002年夏に富士急ハイランドでもイベントが予定されていたが、直前になってキャンセルになった。
  • GOダンサーの所属事務所、アイビィーカンパニー主催のイベントで番組の片鱗を見せることが2000年~2001年にはよくあり、宣伝活動の一環になっていた。

販売された作品[編集]

CD[編集]

  • みんなの広場だ!わんパーク ベストヒットアルバム(2001年9月29日発売)

ビデオ[編集]

ぐ〜チョコランタンとゆかいな仲間の大行進以外はいずれも株式会社ポニーキャニオンから販売されていた。

  • NHKみんなの広場だ! わんパーク(1) (2000年12月20日発売)
  • NHK「みんなの広場だ! わんパーク」(2001年1月17日発売)
  • NHK「みんなの広場だ!わんパーク」ゲストスペシャル2 (2001年5月16日発売)
  • NHKみんなの広場だ! わんパーク2001 〜うたっておどってワクワクランド〜(2001年9月19日発売)
  • NHKみんなの広場だ! わんパーク2001 〜うたって おどれば ユメフル カラフル〜(2001年10月17日発売)
  • みんなの広場だ! わんパーク 2002スペシャル(2002年9月19日発売)
  • ぐ~チョコランタンとゆかいな仲間の大行進~ドーム・夢のわんパーク広場~(DVDもあり) (2003年1月24日発売)

関連項目[編集]

NHK教育 土曜17時枠
前番組 番組名 次番組
おかあさんといっしょ
(17:00 - 17:30)
【当番組に内包】
おじゃる丸
(17:30 - 17:40)
【当番組に内包】
英語であそぼ
(17:40 - 17:55)
【当番組に内包】
みんなの広場だ!わんパーク
(2000年度)
あつまれ!わんパーク
(17:00 - 17:50)
【枠交換で日曜17時より移動】
おじゃる丸
(17:50 - 18:00)
NHK教育 日曜17時枠
あつまれ!わんパーク
みんなの広場だ!わんパーク
(2001年度 - 2002年度)
ハッチポッチステーション
(2003.4.13 - 2004.3.28(隔週))
夢りんりん丸
(2003.4.20 - 2005.4.3(隔週))