小さな木の実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みんなのうた
小さな木の実
歌手 大庭照子(*1)
斉藤昌子(*2)
蒲原史子(*3)
作詞者 海野洋司
作曲者 ジョルジュ・ビゼー
編曲者 石川皓也(編作曲)
映像制作者 実写(*1)
ほんだゆきお(*2)
吉良敬三(*3)
初放送月 1971年10月-11月(*1)
1983年10月-11月(*2)
1995年10月-11月(*3)
テンプレートを表示

小さな木の実」(ちいさなこのみ)は、日本。作詞は海野洋司、作曲はジョルジュ・ビゼー、編曲は石川皓也による。1971年NHKの番組『みんなのうた』で、大庭照子の歌により発表された。

歌詞[編集]

少年を主人公にして、その父親との関係を表現した歌詞となっている。秋の日に少年は、かつて父親と一緒に拾った木の実を手に持って、草原を走り抜ける。その時少年は、父親が昔語ってくれた言葉を思い出す。

歌詞は海野洋司が1969年に作成した「草原の秋」と題する詩が元になっている。海野は長男が生まれたのを記念してこの詩を作成した。しかしこの詩は作成されたときには発表されることはなく、「小さな木の実」として書きなおされるまで海野の引き出しの中に入れられたままとなっていた[1]

海野は「草原の秋」を作った時の思いを次のように述べている。[2]

人はいつかこの世から去る……私も。それがいつになるかは

天のみが知ることだが、私がいなくても、しっかりと生きて
くれるのだろうか……そんな子になってくれるのだろうか。
どうか、たとえひとりぼっちになっても、希望を持って、
この素晴らしい世界を強く生きていって欲しい。

[編集]

ビゼーによる歌劇「美しきパースの娘」の中の「セレナード」を元に、石川皓也が作り変えたものである。8小節のメロディーを4つ組み合わせて32小節の曲となっている。元々の「セレナード」は、その8小節の最後の小節が4つすべて同じメロディーになっている。このことに違和感を覚えた石川は、この箇所のメロディーに変化をつけ、さらに他の箇所にも手を加え、最終的に32小節中11小節を変更して、「小さな木の実」のメロディーとした[3]

誕生の経緯[編集]

背景[編集]

大庭は1968年に歌手としてデビューしたが、歌う場所はクラブやキャバレー、レストランなどに限られていた。大庭は、これは自分の思う歌手への道とは異なっていると感じ、1971年に所属事務所を辞めた[4]

大庭は、自分はあまりテレビで歌うには向いていないと感じていたため、顔の出ない『みんなのうた』が自分に合っていると思った。そして出演を目指して、事務所時代のマネージャーからのつてをたどって、NHKの番組ディレクターである若林尚司のもとを何度も訪れた[5]。その結果、大庭は1971年、「詩人が死んだとき」でみんなのうた出演を果たした。

「詩人が死んだとき」の評判は上々で、その月に放送されたみんなのうたの中では最も反響が大きかった[6]。しかし「詩人が死んだとき」は大庭以前に越路吹雪中原美紗緒によって歌われていたため、大庭はこの曲を自分自身の歌にすることは出来ないと思った。そして、自分がオリジナルとなるような歌との出会いを求め、NHKへの来訪を続けた[7]

一方、若林は「詩人が死んだとき」の評判を受けて、今度も大庭を起用してヒット曲を生み出そうと、新曲の構想を練った[8]

曲の選定[編集]

若林は、ザ・ピーナッツが歌った情熱の花のような、クラシック曲に日本語の歌詞をのせた歌を作る計画を立て、作曲家の石川に依頼した[8]

石川はこれを了承したが、多くの有名なクラシックはすでに欧米で同様な手法により編曲が施されていることが分かり、曲の選定に悩んだ[9]。その時、自らが関わったNHKの番組『夢のセレナード』で演奏された、ビゼーのセレナーデの存在を思い出した。この曲は当時レコード化されたものはほとんどなく、一般には知られていなかった。しかし石川はこのメロディーは素晴らしく、人の心をとらえるものだと感じ、この曲の採用を決めた[9]

歌詞の作成[編集]

若林は完成した曲を聴いて、この曲は陰のある少年のイメージがあると感じ、作詞家の海野に、少年を主人公にした詩を書いてほしいと依頼した。

海野はそれを聞いて、以前に作った「草原の秋」がふさわしいと思い、その詩を元にして、曲に合うように書きなおした[10]

発表後[編集]

『みんなのうた』放送直後から大きな反響があり、その後も長く歌い継がれる曲となった。

大庭はこの歌がきっかけで、日本青少年文化センターなどによるスクールコンサートの依頼が舞い込み、これまであまり関わっていなかった童謡を歌う機会が増えた[11]。1979年ではイスラエルの音楽祭でこの曲を歌った[12]。大庭は、どのようなコンサートであっても、この曲は出来る限り歌うようにしていると語っている[13]

『みんなのうた』では、大庭のほかに、1983年には斉藤昌子、1995年には蒲原史子が歌ったバージョンが放送された[14]。また、『みんなのうた』以外でも、ペギー葉山によるシングル盤や、椎名林檎によるカバーが出されるなど、多くの歌手によって歌われている[15]

さらに、この歌は1975年以降、音楽の教科書にもたびたび掲載されるようになった[16]。海野は、この歌が広く親しまれてきたのは、教科書に掲載されたことが大きいとし、このことによって、日本中の人に歌われる、本当の意味での『みんなのうた』になったと述べている[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大庭(2007) p.183
  2. ^ 海野他(2003) p.15
  3. ^ 海野他(2003) p.32
  4. ^ 大庭(2007) pp.21-23
  5. ^ 大庭(2007) p.23
  6. ^ 大庭(2007) p.181
  7. ^ 大庭(2007) pp.23-24
  8. ^ a b 大庭(2007) p.182
  9. ^ a b 海野他(2003) p.31
  10. ^ 大庭(2007) pp.183-184
  11. ^ 大庭(2007) p.60、週刊現代2008年9月6日号 p.160
  12. ^ 大庭(2007) p.53
  13. ^ 大庭(1991) p.170
  14. ^ NHKみんなのうた公式サイト 「小さな木の実」の検索結果
  15. ^ a b 海野他(2003) p.14
  16. ^ 『音楽教科書掲載作品10000』 p.99。2009年までに、小学校の教科書では3社で合計17回、中学教科書では3社で合計15回、高校教科書では1社で5回採用されている。

参考文献[編集]

  • 海野洋司詩、夜川けんたろう絵 『小さな木の実ノート』 千早書房、2003年ISBN 978-4884922757
  • 大庭照子 『めぐり逢った歌・人・こころ : 小さな木の実part 1』 熊本日日新聞社、1991年ISBN 978-4905884019
  • 大庭照子 『「小さな木の実」とともに : 伝えたい童謡の心』 家の光協会、2007年ISBN 978-4259547011
  • 「"童謡の伝道師"が歌い続ける名曲「小さな木の実」秘話」、『週刊現代』第50巻第33号、2008年9月、 pp. 160-161。
  • 『歌い継がれる名曲案内 音楽教科書掲載作品10000』 日外アソシエーツ、2011年ISBN 978-4816922916