おとうさんといっしょ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おとうさんといっしょ
ジャンル 教育番組 / 音楽番組
放送時間 日曜 9:00 - 9:29(29分)
放送期間 2013年4月7日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
プロデューサー 奥富健善
出演者 シュッシュ
ポッポ
ゆめ
たいせい
パンタン駅長
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送[1]
オープニング 「ゴー!ゴー!エクスプローラーズ」
エンディング 「青空のゴーサイン」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
おとうさんといっしょ ミニ
~レオレオれーるうえい~
ジャンル 教育番組 / 音楽番組
放送時間 金曜 15:55 - 16:00(5分)
放送期間 2013年4月6日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
プロデューサー 奥富健善
出演者 柳原哲也
野口かおる
竹内夢
木戸大聖
岩崎ひろし
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

おとうさんといっしょ』は、NHK BSプレミアムで放送の3 - 6歳児向け教育エンターテインメント番組。

挨拶は「おはにゃちは」、キャッチフレーズは「いっしょパワー全開!」。

番組概要[編集]

1959年に開始し、2013年で54年目に至る長寿テレビ番組の『おかあさんといっしょ』の兄弟番組として制作される。番組ロゴも、おかあさんといっしょのロゴをベースに、雲の部分を赤から青にしたものが使われている。

内容としては「レオレオれーるうえい」(REOREO Railways)というストーリーや、イクメンを応援する「親子遊び」や「体操」コーナーを設ける。 2013年4月7日に放送を開始したが、放送開始2週間前の3月24日と1週間前の3月31日(再放送はそれぞれ3月30日と4月6日)に、パイロット版が実際の放送時間と同じ時間で放送された。

また、「おかあさんといっしょ」同様に公募抽選によって選ばれた一般の子供が参加する。応募条件は以下の通り。

  • 保護者がNHKネットクラブのプレミアム会員であること。はがきでの応募は不可。
  • 締切日の属する月が、4歳の誕生月から5歳の誕生月までの子供(2018年10月に応募できるのは、2013年10月〜2014年10月生まれの子)が対象である(「おかあさんといっしょ」より1歳上の年齢層に設定されている)。

さらに、ロケコーナーは当初、番組開始前で収録参加者がいない時点から収録する必要があったことから「おかあさんといっしょ」の「パジャマでおじゃま」などとは違い、関東周辺でなくても葉書で応募を受け付けていたが、募集規定数に達したこともあり、受付を終了している。

放送時間[編集]

おとうさんといっしょ(NHK BSプレミアム
  • 日曜 9:00 - 9:29
  • 水曜 11:15 - 11:44(再放送)
おとうさんといっしょ ミニ~レオレオれーるうえい~(NHK Eテレ
  • 金曜 15:55 - 16:00

放送時間の変遷[編集]

おとうさんといっしょ
放送局 期間 放送時間(JST
本放送 再放送
NHK BSプレミアム 2013.4.7 2015.3.29 日曜 8:00 - 8:29(29分) 土曜 17:30 - 17:59(29分)
2015.4.5 2016.4.3 木曜 18:30 - 18:59(29分)
金曜 6:00 - 6:29(29分)
2016.4.10 2017.4.2 金曜 6:00 - 6:29(29分)
2017.4.9 現在 日曜 9:00 - 9:29(29分) 水曜 11:15 - 11:44(29分)
おとうさんといっしょ ミニ~レオレオれーるうえい~
放送局 期間 放送時間(JST)
NHK Eテレ 2013.4.6 2017.4.1 土曜 17:25 - 17:30(5分)
2017.4.7 現在 金曜 15:55 - 16:00(5分)

登場人物[編集]

シュッシュ
声・操演 - 柳原哲也(アメリカザリガニ)
プライドが高い男の子。5歳。一人称は「僕」または「シュッシュ」。立ち位置は主に一番左。
ハイトーンボイスが特徴。短気で気性が荒く、大雑把な性格。自分はせいやよりかっこいいと思っている少し自惚れ屋。手先が器用で、何かひらめくとヘッドライトが光る。
体色は茶色。出っ歯。チューリップハットのような頭にヘッドライトがついており、体は茶色と緑色のシマ模様。恐竜のような尻尾を持つ。
機関車が大好きで、普段はD103の修理をしている。D103の運転士になることを夢見ており、そのきっかけは持っている黄色い笛にある。今から100年前にD103が初めて運転されたときから使われていた笛で、パンタン駅長から貰って運転士になると誓った。カエルが大好き。得意なことは折り紙
パンタン駅長の話によると、小さな島にシマシマのスイカと水玉のスイカがあって、シマシマのスイカから生まれたのがシュッシュで、ポッポより少し早く誕生した。
いつもボケをかましているポッポにツッコミを入れたり、「いつもこうだよ~!」とモヤモヤする事が多い。「いないいないばあっ!」のワンワンをライバル視している。
ポッポ
声・操演 - 野口かおる
のんびり屋でマイペースな女の子。5歳。一人称は「私」または「ポッポ」。立ち位置は主に一番右。
おしゃれをすることと、空想の世界で遊ぶことが大好き。空想が始まると頭から不思議な世界がポワポワ飛び出す。
体色は灰色で、煙突のような頭を持ち、体にはピンク色の水玉模様。好きな食べ物は子持ちシシャモの形をしたポシェットをさげている。
ゆめ
演 - 竹内夢
レオレオ駅の新入社員。歌を歌う事とダンスが得意。ギターを弾くことができる。制服の色は上が白色、肩の部分とスカートが白と赤のチェック柄。
たいせい
演 - 木戸大聖
レオレオ駅の運転手見習い。子供と遊ぶのが大好き。制服の色は白に薄い水色の水玉模様が入った服の上に濃い目の水色のバスケットボールのジャージ風の服を重ね着しており、胸には「REOREO Railway」の文字、向かって正面右下の腰の位置に数字の「8」が入っている。
パンタン駅長
声 - 岩崎ひろし
いつもテンションが高い駅長。駅長歴30年で63歳[2]。一人称は「ミー」、二人称は「ユー」、よく語尾に「ざんす」と付けて喋る。みんなからは「パンタンさん」と呼ばれる。立ち位置は中央。
陽気でお調子者。褒められることが大好き。ヘンテコなアイデアを出しては、みんなに迷惑ばかりかける。さらに人使いが荒く、自分勝手。好きな食べ物はカレーライス

過去の出演者[編集]

なお (2013年4月7日 - 2018年4月1日)
演 - 安藤なおこ[3]
歌うことが大好きなお姉さん。一人称は「私」。立ち位置は主に左から二番目。
普段はレオレオ駅で歌っており、歌声が響けばみんなが集まってくる。制服の色はオレンジ色。天真爛漫で明るく、好奇心旺盛。動物が苦手。
幼稚園の時からレオレオ駅に毎日遊びに来ていた。当時は無名だったが、学生の時に「なおちゃんの歌大好き」と一人の女子に言われ、その日から立派な歌手となった。
ピアノと三味線が弾ける。
せいや (2013年4月7日 - 2018年4月1日)
演 - 元木聖也[4][3]
体を動かして遊ぶことが大好きなお兄さん。一人称は「僕」。なおちゃんからは「せいやくん」と呼ばれる。立ち位置は主に右から二番目。
レオレオ鉄道の運転士だが、今は運転する列車がない。制服の色は黄色で、袖を少しまくっている。
ポッポと同じ天然なところが多い。得意なことはアクロバットで、かっこよく決めた後必ずポーズをとる。見た目の割に食欲旺盛で、好きな食べ物はそば。
履いているい靴は「ハイパーミラクルシューズ」と言うらしい。

番組内容[編集]

レオレオれーるうえい
故障ばかりの蒸気機関車D103がのんびり走る鉄道会社「レオレオれーるうえい」、その終着駅「ターミナル・レオレオ駅」では、シュッシュとポッポが毎日賑やかに暮らしている。
そんな日々にちょっとヘンテコな出来事が巻き起こり、シュッシュとポッポの冒険が始まる。ドタバタな日常とちょっと不思議な出来事を、ユーモアと音楽たっぷりに描く物語。
おかあさんといっしょで歌われた歌をカバーすることがある。「そんでもって そんでもって そんでもって~」とアイキャッチが出てくる。
おとうさんといっしょ メロディ
ショートアニメ
ぢべたぐらし あひるの生活
2013年4月から2014年3月まで放送していた。
ダダダダ ダディーマン
2013年度、2014年度に不定期で放送していた。
おとぎの国のイチジョウマン7
「夏のだいぼうけんスペシャル」から始まり、2014年の3月まで不定期で放送していた。
イタズラ好きのイタズラマンがおとぎ話の邪魔をする。おとぎ話を救うためにイチジョウマン7が登場する。
銀河特急イチジョウマン7
2014年4月から2018年3月まで放送していた。
コーナー
遊び隊士 イチジョウマン7
子供達の遊びたいエナジーを感じると、せいやはイチジョウマン7に変身する。
週末のお父さんを応援する新ヒーロー。遊びたいエナジー満タンで全国の親子のもとへ駆けつけるのが「イチジョウマン7」。
ダイナミックな身体遊びや自然の中での冒険、ボール遊びで、いっしょパワー全開!親子で遊ぶヒント満載のコーナー。
おかあさんといっしょにて2003年4月から2005年3月に放送されたイチジョウマンの後継企画。ナレーションは、おかあさんといっしょのイチジョウマンを演じた佐藤弘道(当コーナーにて、初代イチジョウマンとして回想のみ登場)。
レオてつコンサート
人気の歌や童謡がどんどん登場するコンサート。番組オリジナル曲のほか、「おかあさんといっしょ」の歌もカバーする。開始当初〜2015年度までは、『てつ』部分を漢字表記にした「レオ鉄コンサート」として放送。
父山のぼり
うつぶせになったお父さんの上をつま先から登って腰→背中→おんぶ→ポーズと決めていくもの。コーナーの最初には「父山」を一緒に描き、お父さんの名前と身長を公表して始まる。
てっぱんパパ
子供を喜ばせるため、パパがてっぱん技を披露する。
体操
あそびたいそう(第2)
4 - 5歳の運動遊びにぴったりの体操。「みてみて!できたよ!」の有能感を刺激する動きがたくさんつまっている。
最後は両手じゃんけんで勝った手でバイバイだが、中盤にこのコーナーをやった場合はピースになることもある。
実は第1も存在するが、そちらはウォーミングアップ程度で、あまり流行らなかった。

音楽[編集]

オープニングテーマ
「ゴー!ゴー!エクスプローラーズ」(2018年4月8日 - )
作詞・作曲・編曲 : シライシ紗トリ / 歌 : ゆめ、たいせい、シュッシュ、ポッポ、パンタン駅長 [5]
「いっしょパワーゼンカイ!」(2013年4月7日 - 2018年4月1日)
作詞 : 小笠原英樹 / 作曲・編曲 : 菅野祐悟 / 歌 : なお、せいや、シュッシュ、ポッポ、パンタン駅長
エンディングテーマ
「青空のゴーサイン」
作詞・作曲 : 前川真悟(かりゆし58) / 編曲 : 川嶋可能 / 歌 : なお、シュッシュ、ポッポ、せいや (2013年4月7日 - 2018年4月1日)/ ゆめ、シュッシュ、ポッポ、たいせい (2018年4月15日 - )
遊び隊士イチジョウマン7
「イチジョウマン7」
作詞・作曲 : 山本正之 / 編曲 : 神保正明 / 歌 : 山本まさゆき、ピンク・ピッギーズ / アニメーション : DLE
コーナー
「父山のぼり」
作詞 : 小笠原英樹 / 作曲 : 三澤康広
「ハンサム・ぱぱ!」
作詞 : 小笠原英樹 / 作曲 : 三澤康広
「おべんとうさん」
作詞 : 小笠原英樹 / 作曲 : 割田康彦 / 歌 : 野口かおるとパパーズ
「わたくしはタクシー」
作詞・歌 : 佐藤弘道 / 作曲 : 谷口國博 / 編曲 : 本田洋一郎
体操
「あそびたいそう(第2)」
作詞 : 桑原永江 / 作曲 : 小杉保夫 / うた : 田中真弓 / たいそう : せいや (2013年4月7日 - 2018年4月1日)、たいせい (2018年4月8日 - )
「あそびたいそう(ゆび)」
作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:桑原永江、松浦雄太

おとうさんといっしょ メロディ[編集]

初登場 タイトル うた 作詞 作曲 編曲 その他
2013年3月 きょうからともだち なお 沢村侑 高野康弘
2013年3月 ボサボサボッサ なお、シュッシュ、ポッポ 鈴木崇 佐藤晃
2013年8月 D103のうた シュッシュ、ポッポ 酒井義文 小杉保夫
2013年9月 あいうえおじさん なお、シュッシュ、ポッポ、せいや、パンタン駅長 平野航
舟越響子
平野航 アニメーション :すずきあい
2013年10月 でんでんのうた シュッシュ、ポッポ、なお、せいや、パンタン駅長 エンドケイプ 菅野祐悟 アニメーション : スリー・ディ
2014年1月 はじめてのさよなら なお、シュッシュ、ポッポ 桑原永江 松浦雄太
2014年4月 ハイパーミラクルシューズ せいや 鈴木崇 佐藤晃 セリフ : 柳原哲也
CG : Cosaelu
2014年6月 E7系っていいな なお、シュッシュ、ポッポ、せいや、パンタン駅長 平野航
2014年9月 いくぞ!エアロボ シュッシュ、ポッポ、なお、せいや 鈴木翼 中川ひろたか アニメーション : 白佐木和馬、平山亮
2014年10月 やってみYo! せいや、なお、シュッシュ、ポッポ、パンタン駅長 シライシ紗トリ
2015年3月 おねだり侍 なお 舟越響子 菅野祐悟 台詞 : シュッシュ
アニメーション : Production I.G
2015年6月 パパふんじゃった なお、せいや、シュッシュ、ポッポ、パンタン駅長 平野航 イラスト : たちもとみちこ
アニメーション : Cosaelu
2015年12月 凸凹クッキング シュッシュ、ポッポ ジュスカ・グランペール
2016年3月 もうちょっと! なお
コーラス:せいや、シュッシュ、ポッポ、パンタン駅長
坂田めぐみ 池毅
2016年9月 2枚目の地図 せいや
コーラス:なお、シュッシュ、ポッポ、パンタン駅長
錆田弦 割田康彦 屋根裏ポッパーズ
2016年12月 お父さんはこどもだった なお 桑原永江 松浦雄太
2017年2月 ながれぼし なお、せいや、シュッシュ、ポッポ、パンタン駅長 飯岡隆志 CHOKKAKU
2017年5月 ガッタン&ゴットン なお 平野航
2017年7月 ☆ピンクドラゴンのでんせつ なお、ポッポ 坂田めぐみ 後藤郁夫
2018年7月 てをふろう ゆめ 坂田めぐみ 後藤郁夫
2018年9月 きみはぼくのともだち たいせい、シュッシュ 中川ひろたか 鈴木翼 本田洋一郎

放映リスト[編集]

特別番組[編集]

おとうさんといっしょ スペシャル
2013年4月29日 9:00 - 10:00、NHK Eテレで放送。本編はパイロット版から4月までの放送の再編集版だが、冒頭は新録映像で、シュッシュとポッポがおかあさんといっしょのムテ吉と共演した。
シュッシュが笛を無くし、ポッポと一緒にレオレオ駅中を探していたらムテ吉が届けに来るという設定。
おとうさんといっしょ 夏のだいぼうけんスペシャル
2013年8月6日 20:00 - 21:00放送。
数字の「5」が数字の王様に盗まれて、「5」が使えなくなってしまう。取り戻すためにシュッシュとポッポがミニミニと一緒に数字の王国に行く。
ゲスト出演 - 山口勝平、加藤憲史郎(加藤清史郎の実弟)、佐藤弘道
おとうさんといっしょ 冬のぶらり旅スペシャル
2014年1月5日 16:00 - 16:50放送。2月15日 13:30 - 14:20再放送。
ゲスト出演 - 東京ブラススタイル

スタッフ[編集]

番組総指揮 - 大豆生田啓友
プロデューサー - 奥富健善
人形操演 - 大江健司、石垣泰教、長山佐斗子、角田まり、山崎昭見、奥戸裕子
構成 - 小笠原英樹、椎名基樹、酒井義文、牧良昭、園部嘉之、長田陽
キャラクターデザイン・セットデザイン - 桑島十知子
コスチュームデザイン - 久保田康子
音響監督 - 中嶋宏規
音楽 - 小杉保夫菅野祐悟、平野航、松浦雄太、シライシ紗トリ
音楽制作 - ポニーキャニオン
振付 - 足立夏海、大田洋子
アニメーション - パンタグラフ、スガタデザイン研究所
体操指導 - 瀬戸口清文、藤原明美、ラッキィ池田
あそび指導 - 谷口國博、中川ひろたか鈴木翼
人形製作 - 工房アテリア
取材協力 - 東急電鉄
制作協力 - イースト・エンタテインメント
制作 - NHKエデュケーショナル


銀河特急イチジョウマン7
ズックの声 - 茅野愛衣
音楽 - サイモンガー
アニメーション制作 - DLE
ダダダダ ダディーマン
原作 - みやにしたつや
音楽 - 菅野祐悟
アニメーション制作 - スリー・ディ


コンサート[編集]

なお、せいや

公演 タイトル 出演者
2013年 みんないっしょに!
空までとどけ!みんなの想い!
横山だいすけ三谷たくみ小林よしひさ上原りさ
ムテ吉ミーニャメーコブ
ワンワンことちゃんゆうくんコロバウ
シュッシュポッポなお
(VTR出演)ララパうーたんせいやパンタン駅長
2014年 魔女がおじゃましま~ジョ! ワンワンムテ吉ミーニャメーコブ
シュッシュポッポなおせいや
パックンリンコロンエリックBOBEA
コッシーサボさんオフロスキーはいだしょうこ
みんないっしょに!
げんきいっぱい!ゴー!ゴー!ゴー!
横山だいすけ三谷たくみ小林よしひさ上原りさ
ムテ吉ミーニャメーコブワンワン
シュッシュポッポなおせいや
(VTR出演)パンタン駅長
2015年 春のプリンセスとおさむい将軍 ワンワンムテ吉ミーニャメーコブ
シュッシュポッポなおせいや
オフロスキーニャンちゅうジャンジャン
坂田おさむはいだしょうこ
みんないっしょに!
歌って遊んで 夢の大ぼうけん!
横山だいすけ三谷たくみ小林よしひさ上原りさ
ムテ吉ミーニャメーコブ
ワンワンシュッシュポッポなおせいや
2016年 真冬の大運動会 ワンワンジャンジャン
ムテ吉ミーニャメーコブ
シュッシュポッポなおせいや
コッシーサボさんオフロスキー
エリックキコけっさくくん
星で会いましょう!
〜出会えばみんなおともだち〜
横山だいすけ小野あつこ小林よしひさ上原りさ
チョロミームームーガラピコ
シュッシュポッポなおせいや
ムテ吉ミーニャメーコブ
2017年 センターを取るのは、だれだ!? ワンワンジャンジャン
シュッシュポッポなおせいや
コッシーサボさんオフロスキー
ニャンちゅうおねんどおねえさんけっさくくん
ようこそ、真夏のパーティーへ 花田ゆういちろう小野あつこ小林よしひさ上原りさ
チョロミームームーガラピコ
シュッシュポッポなお
(VTR出演)せいや
横山だいすけ
2018年 いざ勝負!紅白かくし芸対決 ワンワンジャンジャン
シュッシュポッポなおせいや
コッシーサボさんオフロスキー
けっさくくんかぞえてんぐウィンディ

ゆめ、たいせい

公演 タイトル 出演者
2018年 みんなでわくわくフェスティバル!! 花田ゆういちろう小野あつこ小林よしひさ上原りさ
チョロミームームーガラピコ
シュッシュポッポゆめたいせい
関沢圭司
2019年 タイトル未定 ワンワンジャンジャンジャンコ
シュッシュポッポゆめたいせい
オフロスキーかぞえてんぐアズキマロン茶太郎
(VTR出演)コッシーサボさん

イベント[編集]

公演 タイトル 出演者(一部を除く) 放送日
2014年5月4日、5日 おとうさんといっしょ ふれあいステージ シュッシュポッポパンタン駅長
なおせいや
イチジョウマン神崎ゆう子どーもくん
2014年5月18日、25日
2014年7月15日 おとうさんといっしょ
鉄博!レオてつコンサート
シュッシュポッポパンタン駅長
なおせいや
どーもくん
2014年7月27日、8月3日
2015年11月27日 おとうさんといっしょ
レオてつクリスマスコンサート
シュッシュポッポパンタン駅長
なおせいや
2015年12月20日
2016年2月28日 おとうさんといっしょ
北海道新幹線スペシャル
シュッシュポッポパンタン駅長
なおせいや
2016年3月20日、27日
2016年10月5日 おとうさんといっしょ 鉄道スペシャル
~ようこそ!京都鉄道博物館~
シュッシュポッポパンタン駅長
なおせいや
2016年10月23日、30日

関連番組[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 字幕の色分けはたいせいが黄色、ゆめが水色、パンタン駅長が緑、シュッシュとポッポ含むその他が白。
  2. ^ イチジョウマン7特集の際にパンタン駅長が「イチジョウマン63」に変身したときに語った理由が「63歳だから63」
  3. ^ a b “おとうさんといっしょ:おねえさんは新人・安藤奈保子 おにいさんは俳優・聖也”. 毎日jp (毎日新聞社). (2013年3月6日). オリジナル2013年3月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130309014649/http://mainichi.jp/mantan/news/20130306dyo00m200016000c.html 2013年3月6日閲覧。 
  4. ^ 2015年12月11日までの芸名は「聖也」。
  5. ^ 2018年3月25日に「新曲」として、なお、せいやが歌っている。この時にせいやが「みんなもこの曲のことをよろしくねー!」と子供達に呼びかけていて、新オープニング曲である事を示唆する発言をしている。

外部リンク[編集]