長江優子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長江 優子(ながえ ゆうこ、1971年 - )は、日本の児童文学作家構成作家。脚本家。

東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部映像学科、大学院造形研究科卒業。構成作家として主に子供番組の制作に携わる。2006年『タイドプール』で第47回講談社児童文学新人賞佳作を受賞[1]。主な番組は「ビットワールド」「ムジカ・ピッコリーノ」「パッコロリン」「おかあさんといっしょ」「ココロ部!」など。ベネッセコーポレーション「こどもちゃれんじ」「進研ゼミ」「Worldwide Kids」のコンテンツ構成・脚本。

番組[編集]

著書[編集]

  • 『タイドプール』講談社 2007
  • 『進め!女優道 1 (七夕スペシャルドラマ篇)』講談社 2008
  • 『ハンナの記憶 I may forgive you』講談社 2012
  • 『木曜日は曲がりくねった先にある』講談社 2013
  • 『ハングリーゴーストとぼくらの夏』山田博之画 講談社 2014
  • 『百年後、ぼくらはここにいないけど』講談社 2016

共著[編集]

  • 『SNS炎上』如月かずさ,鎌倉ましろ共著 金の星社 NHKオトナヘノベル 2017
  • 『家族コンプレックス』みうらかれん共著 金の星社 NHKオトナヘノベル 2017
  • 『リア友トラブル』鎌倉ましろ共著 金の星社 NHKオトナヘノベル 2017
  • 『恋愛トラブル・ストーカー』みうらかれん,宮下恵茉共著 金の星社 NHKオトナヘノベル 2017
  • 『自分コンプレックス』みうらかれん共著 金の星社 NHKオトナヘノベル 2018
  • 『仮面シンドローム』陣崎草子共著 金の星社 NHKオトナヘノベル 2018
  • 『メルとマールのピクニック』森永エンゼルスクール、NHKエデュケーショナル著 play set products絵 フレーベル館 2018

作詞[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『百年後、ぼくらはここにいないけど』著者紹介