社歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

社歌(しゃか)とは、一般に企業において、社員の労働意欲向上などを目的として作成されるのこと。

通常は企業の公式行事(創立~周年式典など)や社内の朝礼などでのみ使用され、対外的に公表されることは少ないが、中には有名アーティスト作詞作曲に関わっている、テレビ番組で話題になったなどの理由でCD化され、一般のCDショップで販売されるケースもある(特に放送局の社歌はインターネット上で話題になりやすく、放送マニアの間では有名のものも多い)。社会人野球の大会で応援団が社歌を歌うことがある。

一方で、社歌をもたない、あるいはもっていてもほとんど使用されることのない企業もある。歴史ある企業においても社歌の有無、及び使用頻度は様々である[1]

さらに、社歌として正規に制定される以外に、制定はしたもののあえて社歌の名を冠さないもの、記録の散逸等で正式な社歌であるか否かや制定の経緯が曖昧なもの、広報目的の曲が世間一般に社歌だと思われているもの、およびこれらの変形や組み合わせなどさまざまな形態がある。

日本初の社歌をどこの会社が制作したかという記録は残っていないが、1890年代頃に成立したという見方がある[1]弓狩匡純の研究によれば、確認されている日本における最初期の例は、1917年(大正6年)に南満州鉄道が制作したものである(このときは正式採用はされなかった)[2]

社歌は日本独自のものではなく、アメリカIBM1930年代に2曲の社歌が作られウェブサイトで公開している[1]。一方で同業者のマイクロソフトアップルコンピュータには社歌がない[1]

主な一般発売された社歌[編集]

2011年に制作[5]。2012年発売の布袋のシングル「Don't Give Up!」に収録。

正式な社歌でない曲[編集]

  • マキタ - I Love You Japan(Mr.Big
    元々はMr.Bigのギタリスト(当時)のポール・ギルバート、ベーシストのビリー・シーンの2人が、演奏時に同社の電動ドリルを愛用していたことがきっかけ。会社側の制定でない曲が社歌と思われているが、その曲は予期せず会社に献呈されたという意味では特異である。後に彼らのベストアルバムに収録された。
  • 東陶機器(現・TOTO)- ととべんきのうた(坂田おさむ
    正式な社歌ではないが、20年以上前から同社の職場で歌い継がれ、同社の工場の壁にも歌詞が書かれている。2002年に自主制作CD(同社の社員が歌っている)のプレゼントを行ったところ大きな反響を得たため、2004年エイベックスよりCDが一般発売された。曲の一部を公式サイトで聴くことが出来る。
  • JOYアグリス(太田油脂の子会社) - なめくじ逃げ〜!逃げ〜!ストロングVer.
    曲自体は園芸用忌避剤のキャンペーンソングとして以前から存在するが(2004年にシングルCDとして発売)、2017年以後、中日本営業所で月曜日の朝礼後に社員全員で(親会社の太田油脂の社員と共に)曲にあわせてダンスを踊る(春〜初夏の期間限定)[6][7]

アルバム「社歌」収録作品[編集]

キングレコードより2009年1月21日に発売されたCD「社歌」に収録された社歌(上述の事情もあり、極めて厳格に定義した場合に正式な社歌ではないものも含む)。アルバムの監修は弓狩匡純。

  1. キヤノン - キヤノン社歌「共生のハーモニー」(東京混声合唱団
  2. 九州旅客鉄道(JR九州) - 「浪漫鉄道」(ハイ・ファイ・セット
    1989年制定[8]。JR九州の特急列車の車内で列車が博多駅に到着する際に流される事がある。以前はさまざまな特急列車で流していたが、現在は鳴らされる列車が大幅に減少している。また、ブルートレイン以外の夜行列車でも終着駅到着前に流していた。また、かつては佐伯駅到着前にも流していたときもあった。
    現在は主に、大分発博多行きの特急ソニック号長崎発博多行き特急かもめ号で流される。ただしたいてい乗り換え案内の放送がかぶり、時には省略されたりすることもある。取締役が出席する出発式などのイベントでは比較的よく流される。以前は特急列車の車内、駅でも歌詞を耳にすることができたが、現在歌詞が聞けるのは出発式などのイベントの時だけである。
    また、「心をたばねるシンボル JR九州社歌『浪漫鉄道』」の見出しで新聞に大きく取り上げられたこともある[9]。なお、同時に取り上げられたのは大鵬薬品工業と日本ブレイク工業の社歌、また朝日新聞社に社歌がないことであった。掲載写真はすべて九州旅客鉄道所有の車輌と建物等であった(九州鉄道記念館の展示物と建物の写真が掲載されているが、これも所有については九州旅客鉄道)。
  3. 資生堂 - 資生堂社歌(資生堂コーラス部)
  4. シャープ - コーポレートソング「ひかりを超えて」(ハイ・ファイ・セット)
  5. シャープ - イメージソング「地球にひとつの」(ハイ・ファイ・セット)
  6. 大同生命 - 大同生命キックオフソング「夢直行便」
  7. 大鵬薬品工業 - コーポレートソング「スマイル・フォー・ミー」(坪倉唯子
  8. デンソー - 宇宙へのドア(井上あずみ
  9. TOTO - ととべんきのうた(坂田おさむ
  10. 東宝 - 東宝株式会社社歌(高島忠夫草笛光子
  11. 日産自動車 - 世界の恋人(シンガーズ・スリー
    スキャットバージョン
  12. 日本ブレイク工業 - 日本ブレイク工業「社歌」2007(萬Z(量産型))
  13. 北海道旅客鉄道(JR北海道) - 北の大地(ダーク・ダックス)
  14. マキタ - I Love You Japan(Mr.Big)
    ライブ音源
  15. ユニ・チャーム - ユニ・チャームグループ社歌(沖野グループ
  16. ロート製薬 - ロート製薬企業キャラクターソング「Happy Surprise! ~よろこビックリの唄~」(鳥山あかね
  17. ワコール - 新ワコール社歌「限りなき飛翔(友竹正則
  18. キングレコード - キングレコード株式会社社歌(林伊佐緒井口小夜子

鉄道会社の社歌が含まれるCD[編集]

アルバム「鉄歌: 鉄道会社の歌」収録作品[編集]

キングレコードより2009年10月7日に発売されたCD「鉄歌: 鉄道会社の歌」に収録された鉄道会社の社歌。当初「社歌・応援歌集」なる仮の副題がついていた。収録17曲中5曲が社歌である。監修は弓狩匡純。

  • 九州旅客鉄道(JR九州) - 「浪漫鉄道」(ハイ・ファイ・セット)
  • 北海道旅客鉄道(JR北海道) - 北の大地(ダークダックス)
  • 東海旅客鉄道(JR東海) - 東海旅客鉄道株式会社社歌(二期会
    2007年に制定された社歌。作詞は林望である。社名は詞に入っていない。作曲は佐藤眞の手によるもので、この時代には珍しく唱歌寮歌軍歌を思わせる復古調の曲である。演奏はクラシック音楽界より起用され、アルバムには日本フィルハーモニー交響楽団(指揮は佐藤眞とライナーノートにのみ記述)の演奏、混声四部合唱版が収録されている。バリトン独唱版・ピアノ版(ともにライナーノートに演奏者の記述なし)、吹奏楽版(演奏は佐藤の指揮による東京佼成ウインドオーケストラと記述)、オーケストラ、男声四部合唱の6パターンがある。
    なお、同社の歌として1989年に発表された[8]「君をのせて」がCMソングにも使われる[8]など広く知られており、長らく社歌と認識されてきたが、ライナーノートには愛唱歌であると記述されている。こちらも社名は詞に入っていない。
  • 南満州鉄道 - 満鉄社歌(東海林太郎、東京アカデミー混声合唱団)
  • 日本国有鉄道 - 「鐵道精神の歌」(中野忠晴コロムビア合唱団
    北原白秋の作詞、山田耕筰の作曲で1935年に発表。歌詞中に「国鉄」とあるが、当時は日本国有鉄道ではなく、鉄道省の時代であった。アルバムには昭和館が所有するSPレコードからの複製が収録されている。

他に、伊予鉄道の「伊豫鐵道唱歌」(麻耶重善)が収録されている。25番からなる唱歌であるが、ライナーノートには現在は1,2,6番のみが会社の行事で斉唱されると記述されている。作詞は「鉄道唱歌」の大和田建樹、作曲は田村虎蔵(鉄道唱歌は作曲者が複数いるがその一人(最も知られた作曲者ではない))。

なお、このアルバムの他の収録曲は、野球部の応援歌(九州旅客鉄道)、コマーシャルソング、鉄道会社活性化のためのイメージソングなどである。

アルバム「JNR toJR」収録作品[編集]

キングレコードより2017年3月29日に発売されたCD「JNR to JR 国鉄民営化30周年記念トリビュート・アルバム 」に収録された国鉄JRの社歌。

その他の特色のある社歌[編集]

  • 金田重機 - Go!Go!金田重機の歌
    とんねるずのハンマープライス』(関西テレビ)で社員の一人がT.M.Revolution西川貴教浅倉大介が社歌を作る権利を170万円で落札したことで作られた。
  • セガ - 若い力
    1991年に制定されたゲーム会社の社歌。歌詞の中にセガの社是でもある「創造は生命(いのち)」、経営理念でもある「知的創造で社会に貢献」「先進技術で時代の先取」「人社一体で目標を追求」等のフレーズが盛り込まれている。歌手は135。作詞は当時社員だった高橋栄一、作曲は若草恵が担当。
  • 堀場製作所
    2004年に、社歌を35年ぶりにリニューアル(歌詞に変更はない)。シンガーソングライター大奈に編曲を依頼してもらい、16ビート調とマーチ調の2曲の新たな社歌を製作[1]
  • IBM
    1930年代に2曲の社歌が作られた。自社のウェブサイトで視聴可能[10]
  • PFU
    小椋佳の作。
  • トマト銀行 - にんげん大好き
    小椋佳の作。1989年の現社名変更と同時に制定された。自社のウェブサイトで公開している[11]
  • パナソニック - この夢が未来
    2008年の現社名変更と同時に制定された。作詞:森雪之丞、作曲:久石譲
    松下電器産業時代にも社歌があった(初代:「月日とともに」、2代目「愛と光と夢で」)[12]
  • 石川島播磨重工業(現:IHI) - 明日をめざして
    1990年に制定したイメージソング。社員とその家族を対象に歌詞を公募し、採用された詞に伊藤アキラが補作し、鈴木キサブローが曲をつけた。歌詞に(当時の)社名の「石川島播磨重工業」や略称の「IHI」は入っていない。麻倉未稀が歌ったカセットテープ三百数十枚とCD5000枚が制作された[8]
  • 九電工 - 地球の愛し方
    創立50周年を記念して制定した社歌。作詞は阿久悠、作曲は井上大輔、編曲はマイケル・ボディカー。歌詞に社名は入っていない。同社のテレビCMでも使われた[13]
  • サントリー - 今その時
    1989年に発表した愛唱歌。スティーヴィー・ワンダーの曲に社内公募した歌詞をつけた。歌手は坪倉唯子[8]
  • キッコーマングループ - おいしい記憶
    2010年に制定した3代目社歌。作詞は秋元康、作曲は大島ミチル。歌手は茂森あゆみ[5][14]
    同時に広報用の曲“キッコーマンのうた”として「おいしいってなあに?」を制定した[5]
  • NTTデータ - NTT DATA One Song -Shine like the sun-
    2013年5月23日に発表。歌詞は社員公募したフレーズをNTTデータの言語解析エンジン「なずきのおと」で分析して制作した[5][15]
  • キミカ - 帆をあげて
    2018年3月に完成。東京商工会議所「勇気ある経営大賞」の賞金を使って制作した。ポップス調[6][16]
  • YSK e-com - YSK e-com 社歌
    2018年7月に制作。ポップス調で、作曲は伸太郎。テレビCMでも使用予定[6]

正式な社歌でない曲[編集]

  • 大分ゼロックス(富士ゼロックスの子会社) - 戦え! OA戦隊XEROX
    自社のウェブサイトで公開していた。ただし、あくまでも社員の一人が自主制作したイメージソングであり正式な社歌ではない[1]

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「歌って踊って、社歌シャカ──エンターテインメントの新天地!?」『日経産業新聞』2004年1月22日付、21頁。
  2. ^ 「社歌で企業文化広く発信 社員傘下の動画制作、若手も注目」『日経産業新聞』2017年6月28日付、24頁。
  3. ^ 「社歌のCD発売 テンポラリーセンター」『日経流通新聞』1992年4月9日付、5頁。
  4. ^ 横山剣さんが西原商会の社歌提供、MSN産経ニュース、2014年6月20日 10:00。
  5. ^ a b c d 変わる「社歌」 再びブームの兆し 日本経済新聞 2016年11月13日 6:30。
  6. ^ a b c 「生活 社歌っていいね!」『日本経済新聞』2018年7月13日付夕刊、4頁。
  7. ^ 社歌に先駆け、全社員で社歌ダンス!?、株式会社JOYアグリス、2017年5月15日。
  8. ^ a b c d e 「ニュー社歌はやる」『日経産業新聞』1991年2月20日付、17頁。
  9. ^ 朝日新聞2008年6月7日付「be」e1-2面『うたの旅人』
  10. ^ IBM - Archives - Multimedia - United States - 2018年2月10日閲覧
  11. ^ トマト銀行の歌「にんげん大好き」、トマト銀行。 - 2018年2月10日閲覧
  12. ^ 松下電器の社歌・旧社歌、松下通信物語「未来つくりの半世紀」。 - 2018年2月10日閲覧
  13. ^ 「CMソング?!いえいえ社歌 九電工」『西日本新聞』1995年6月22日付朝刊、9面。
  14. ^ 社歌・制作者プロフィール、キッコーマン。 - 2018年7月14日閲覧。
  15. ^ NTT DATA One Song、NTTデータ。 - 2018年7月14日閲覧。
  16. ^ 老舗メーカーが“ポップス”社歌をつくったワケ (1/4)、ITmedia、 2018年3月27日11時00分公開。