シングル文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山本正之シングル文庫』(やまもとまさゆきシングルぶんこ)とは、山本正之がプロデュースしたシングルCDのシリーズである。

概要[編集]

多種多様な作詞作曲を行ってきた山本正之は、アルバム発売やライブ活動等で少しずつ発表していたものの、未発表の楽曲が無数にあった。そこで、お蔵入りになるには惜しい作品や、ファンの間で人気があるもののアルバム収録されていなかった作品等をシリーズごとにまとめ、シングルCDのシリーズとして連続リリースしたものが『シングル文庫』である。『文庫』と称して他のシングルCDと差別化を計っているのは、「文庫本のように簡単に手に取ってもらう」事と、「ギターメインのシンプルな伴奏」にする事で山本のライブに近い雰囲気を再現している為である。ジャケットは「曲タイトルと小さな挿絵」のみのシンプルなもので、ジャケット下には「」のような解説文付のスペースが設けられているなど、実際の文庫本に似せて作られている。

1994年から1996年までにパイオニアLDCから『第一期』が十枚リリースされて一旦中断、2001年にマキシシングルとなってベラ・ボーエンタテインメントから『第二期』が二枚発売された。作詞作曲編曲歌、全て山本が担当。

涙のカレーライス[編集]

涙のカレーライス
山本正之シングル
B面 笑顔のハヤシライス
想い出のオムライス
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
絶唱カラオケマンの歌
1992年
涙のカレーライス
(1994年)
府中捕物控
(1994年)
テンプレートを表示

第一期第一弾、1994年5月25日発売。『あああ がらがら どんどんどん』収録の『友情のハムライス』と同じ「ライスシリーズ」であり、「ハムライス」の前に作られた楽曲である。最初『涙のカレーライス』でカレーライスの魅力を歌っていたら、ハヤシライスオムライスが「カレーライスだけ不公平だ、私の歌も作れ」と山本の家を訪ねてくる、不思議な世界が特徴。

収録曲
  1. 涙のカレーライス(2:37)
    山本はカレーライスの、特にハウス食品の「ジャワカレー」を好物としており、その思いを歌にした曲。
  2. 笑顔のハヤシライス(2:56)
    前作「カレーライス」においてハヤシライスを馬鹿にしたため、ハヤシライスが抗議に来る。なお、作曲された1985年頃は山本にとってタイムボカンシリーズJ9シリーズの終わった年代であり、精神的に落ち込んでいたが、渋谷の地下街で匂ってきたハヤシライスはそれでも「笑顔で頑張っていた」事から「笑顔」のタイトルを冠している。
  3. 想い出のオムライス(4:29)
    前作まででオムライスは特に歌われていなかったので、仲間に入れて欲しいとオムライスが訪ねてきて、山本が1988年まで住んでいた「中野坂上コーポラス」の近所にあった美味しいオムライスの店との想い出を歌う。


府中捕物控[編集]

府中捕物控
山本正之シングル
B面 下宿町挽歌
燃えよドラゴンズ
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
チャート最高順位
山本正之 シングル 年表
涙のカレーライス
(1994年)
府中捕物控
(1994年)
花火
(1994年)
テンプレートを表示

第一期第二弾、1994年9月22日発売。ALFIEに提供したものの発売中止になった表題作を始め、昭和40年代に山本が経験した出来事をモチーフにした楽曲を収録。ALFIEとの関係や発売中止になった経緯については府中捕物控を参照。

収録曲
  1. 府中捕物控(3:00)
    三億円事件をモチーフにした曲で、ALFIEに提供したものを歌詞を変えて歌い直したセルフカバー。曲間には「美少女シリーズ」に登場する「博士」の呟きが挿入されており、世界中を冒険する際の費用はここから出ていた事が分かる。なお、2010年12月15日に発売されたアルバム「男に咲く花」には、3番を追加した「府中捕物控後談」が収録されている。
  2. 下宿町挽歌(3:06)
    学生時代に住んでいた世田谷区の下宿とその周辺を歌った曲。なお、山本はこの頃にはアマチュアで音楽活動を行っており、周辺ではそれなりに知られていたようである。
  3. 燃えよドラゴンズ(4:02)
    山本の作曲家としてのデビュー曲である1974年版(板東英二に提供)のセルフカバー。


花火[編集]

花火
山本正之シングル
B面 ミルクホールワルツ
フットライト
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
チャート最高順位
山本正之 シングル 年表
府中捕物控
(1994年)
花火
(1994年)
アニメがなんだ
1995年
テンプレートを表示

第一期第三弾、1994年12月21日発売。『飯田線のバラード』にも通じるラブソング四篇を収録。

収録曲
  1. 花火(3:30)
    切ない別れと想い出を歌い、「時間よ戻れ」と繋ぐ曲。しかしブックレットによると「今なら『時間よ走れ』と歌う」との事である。
  2. ミルクホールワルツ(5:34)
    COLORS』に収録したもののフルバージョン。和泉式部の歌集がモチーフに使われている。
  3. フットライト(5:03)
    前篇までと違い、やや大人の視点で歌われた曲。なお、間奏には山本の友人「伊原通雄」の詩が挿入されていたが、今回は敢えて収録されていない。いつかアレンジして再収録する際には挿入されるであろうとの事である。
  4. (1:33)
    ライブに来てくれた観客の帰り道の無事を祈る曲。


アニメがなんだ[編集]

アニメがなんだ
山本正之シングル
B面 GOGOイソちゃん
銀河シャンプーリンスガー
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
チャート最高順位
山本正之 シングル 年表
花火
1994年
アニメがなんだ
(1995年)
就職
(1995年)
テンプレートを表示

第一期第四弾、1995年3月22日発売。山本に欠かせない「アニメ」を様々な角度から歌った作品集。

収録曲
  1. アニメがなんだ(8:19)
    イタダキマンで主題歌を外された際の怒りや、アニメ業界に感じていた疑問などをぶつけた曲。一つひとつの文句の間に山本が1983年までに担当したアニメの曲が一部入る形になったメドレーでもある。なお、歌詞の中に当時のテレビ番組などで曲を無断使用していた問題を指摘した箇所があったが、後に使用料が払われるようになったので、その後のライブで歌われる際には歌詞が変更されている。
    使用曲は『タイムボカン』『ヤッターキング(ヤッターマンより)』『ヤットデタマンの歌』『おじゃまんが山田くん』『闘士ゴーディアン』『ゼンダマンの歌』『オタスケマンの歌』『逆転イッパツマン』『銀河旋風ブライガー』『UFO戦士ダイアポロン』『黄金戦士ゴールド・ライタン』『アステロイド・ブルース(銀河烈風バクシンガーより)』。
  2. GOGOイソちゃん(3:04)
    「イソちゃん」とはアニメーションの仕上げを担当していた制作会社「有限会社OZ」の社長「磯崎明彦」の愛称。ファンクラブを通じて親しくなった山本がOZの社歌としてこの曲を作曲したところ、磯崎は「山本正之に歌を作ってもらった」と業界内に吹聴した。その噂がとまとあきを通じてゆうきまさみの耳に入り、「自分も何か作ってもらおう」とゆうきが依頼したものが『究極超人あ~る』の挿入歌「究極戦隊コウガマン」である。そのまま『あ~る』のイメージアルバムの企画にシフトされ、『あ~る』は元より、山本自身も知名度が上昇する事になった。
  3. 銀河シャンプーリンスガー(2:59)
    ファンクラブの会誌『檸檬倶楽部』において山本が連載していた『銀河熱風オンセンガー』のヒロインのテーマソング。『オンセンガー』同様、『銀河旋風ブライガー』の主題歌を意識した「語り」が冒頭に入るが、曲そのものは全くの別物で、洗髪とカットの大切さを歌う。


就職[編集]

就職
山本正之シングル
B面 明日からよその人
銀河号のうた
あじさいの花が色をかえた
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
アニメがなんだ
(1995年)
就職
(1995年)
このまちだいすき
(1995年)
テンプレートを表示

第一期第五弾、1995年6月28日発売。別れと旅立ちをテーマとした四篇を収録。

収録曲
  1. 就職(5:59)
    『あああ がらがら どんどんどん』収録の『友情のハムライス』と共に、伊原通雄との想い出を語った曲。当時伊原は父親の世話の為に故郷に帰らなければならず、間奏に伊原の詩「書簡集」が引用されている。なお、歌詞カードに書かれた挿入詩には誤字があり、後の『檸檬倶楽部』に訂正文が封入された。
  2. 明日からよその人(4:26)
    山本の姉が結婚する際に、彼女との想い出を歌った曲。なお、これはALFIEに提供した『府中捕物控』のB面に収録予定だった曲であり、発売中止になってしまったものをセルフカバーした。ALFIEに提供したものは歌詞が一部異なっている。
  3. 銀河号のうた(1:17)
    前作に続き、デビュー以前に作曲された曲。就職せずに音楽活動で生きていこうとする山本が、『銀河鉄道の夜』のような夜行列車で一人旅をする様に重ねている。
  4. あじさいの花が色をかえた(3:49)
    季節や星の流れを見て、自分の心も変わっていく様を歌った曲。1985年に行われた第三回ライブのラストソングでもある。


檸檬倶楽部[編集]

檸檬倶楽部
山本正之シングル
B面 ばばの酔いうた
黄昏ハイツ
グッバイあすふぁると
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
このまちだいすき
(1995年)
檸檬倶楽部
(1995年)
銀座のパキラ
(1995年)
テンプレートを表示

第一期第六弾、1995年9月21日発売。「酒場」やそこに生まれる付き合いをテーマにした四篇を収録。

収録曲
  1. 檸檬倶楽部(4:07)
    1985年から1990年までに存在していたファンクラブの会誌「檸檬倶楽部」を酒場に喩えて歌った曲。曲に使われている詩は会誌第一号の冒頭を飾っている。
  2. ばばの酔いうた(3:53)
    山本が自分で劇団を立ち上げて、稽古や本番の後の打ち上げに使った高田馬場の酒場の想い出を歌った曲。
  3. 黄昏ハイツ(3:19)
    マサユキ天国』収録の『卒業すぎて』で歌われた女性の曲。酒場で働いていたこの女性は山本の様々なラブソングの原点である。
  4. グッバイあすふぁると(3:56)
    仕事仲間でもあった友人の吉田健美が一時期経営していた酒場「あすふぁると」の閉店時を歌った曲。


銀座のパキラ[編集]

銀座のパキラ
山本正之シングル
A面 銀座のパキラII 望郷編
B面 銀座のパキラIII 新幹線編
銀座のパキラIV 紐育編
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
檸檬倶楽部
(1995年)
銀座のパキラ
(1995年)
夕焼けの町
1996年
テンプレートを表示

第一期第七弾、1995年12月21日発売。『鐘ノネ響キテ』収録の『銀座のパキラ』の続編三篇を一挙収録。

収録曲
  1. 銀座のパキラII 望郷編(7:02)
    前作からの直接の続きで、都会で咲いていたパキラが故郷である南国に帰ろうと太平洋を渡る。
  2. 銀座のパキラIII 新幹線編(5:07)
    東京に帰ってきたパキラが、こだま号に乗って京都まで旅をする。しかし全駅を語るわけではなく、山本の出身である愛知県付近ばかりを周る。
  3. 銀座のパキラIV 紐育編(7:05)
    飛行機に乗ってアメリカ合衆国までやってくるパキラ。ニューヨークを始めとしてアメリカの名所を迷いながら旅をする。


夕焼けの町[編集]

夕焼けの町
山本正之シングル
B面 錦町小学校1年さくら組
菜の花
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
銀座のパキラ
1995年
夕焼けの町
(1996年)
Jijyの逆襲
(1996年)
テンプレートを表示

第一期第八弾、1996年3月22日発売。山本の小学校時代の想い出を中心に制作された三篇を収録。なお、この三篇は1986年以前に制作されたものだが、詳しい年代は不明である。

収録曲
  1. 夕焼けの町(4:34)
    少年時代の想い出を、夕焼けの真っ赤な景色と絡めて歌った曲。
  2. 錦町小学校1年さくら組(3:19)
    山本が育った安城市の錦町小学校の想い出を歌った曲。
  3. 菜の花(4:12)
    山本の姉との想い出を歌った曲。山本によると「『明日からよその人』と繋がっている」との事で、そこから様々な曲のモチーフに通じている。


Jijyの逆襲[編集]

Jijyの逆襲
山本正之シングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
夕焼けの町
(1996年)
Jijyの逆襲
(1996年)
平成タイムボカンの歌
(1996年)
テンプレートを表示

第一期第九弾、1996年6月26日発売。『才能の宝庫』収録の『Jijy』及び『COLORS』収録の『怪人Jijy面相』の続編にして、17分の「長編シリーズ」。

収録曲
  1. Jijyの逆襲(17:47)
    若者の心変わりに嘆く「庄左衛門」「権之介」「八郎兵衛」「彦一郎」の四人のJijyがクジラの力を得て現代社会に逆襲する。『Jijy』『怪人Jijy面相』のサビ部分が繰り返し使われており、曲そのものも二曲の延長上にある。


憧れの遣唐使航路[編集]

憧れの遣唐使航路
山本正之シングル
B面 ああ時代劇
明治維新シンフォニー
リリース
ジャンル J-POP
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
平成タイムボカンの歌
(1996年)
憧れの遣唐使航路
(1996年)
イケイケ池袋
(1996年)
テンプレートを表示

第一期第十弾、1996年9月25日発売。ライブ等で発表していた「歴史シリーズ」三篇を収録。なお、初回版には第一期シングル文庫の全曲を解説したブックレットが付属した。

収録曲
  1. 憧れの遣唐使航路(2:23)
    テーマは「遣唐使」。「けんとう」にかけた駄洒落を連発する。
  2. ああ時代劇(3:39)
    テーマは「時代劇」と、やや変則的な「歴史」を扱っている。水戸黄門らは本当は自分の仕事が好きではないが、様々な理由でテレビに出なければならないと苦労しているようだ。
  3. 明治維新シンフォニー(4:13)
    アノ世ノ果テ』に収録予定だった歴史シリーズだったが、『源平超暦いざ鎌倉』が完成したのでお蔵入りになってしまった曲。「明治維新」に生きる維新志士達の歴史の裏側を突く。


遥かなる日本酒ライス[編集]

遥かなる日本酒ライス
山本正之シングル
B面 王様のカツライス
はばたきのチキンライス
花嫁チャーハン
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ベラ・ボーエンタテインメント
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
おくすり百貨店
2000年
遥かなる日本酒ライス
(2001年)
熱血ファイターズの歌
(INDEPENDENCE名義)
(2001年)
テンプレートを表示

第二期第一弾、2001年3月28日発売。「ハムライス」以降の「ライスシリーズ」をまとめて収録したもの。なお、これ以降もライスシリーズは作曲されている。

収録曲
  1. 遥かなる日本酒ライス(6:30)
    ライブ音源を収録したもの。子供の頃に酔っ払った父親が作った「御飯に日本酒をかけたもの=日本酒ライス」を食べさせられ、酒がトラウマとなった山本が、大人になってからの様々な付き合いと父親との想い出を歌う。なお、「シリーズ」ではあるものの、日本酒ライスが訪ねてくるわけではなく、番外編ともいえる。
  2. 王様のカツライス(5:19)
    歌の中に登場する「カツライス」とは、豚カツ定食が安くなったような料理のようである。しかし、少年時代に貧乏だった山本にとって、カツライスは高級品であった。よって、庶民の料理にもかかわらず「王様」を冠している。
  3. はばたきのチキンライス(4:37)
    山本は鶏肉が苦手であり、その想い出をチキンライスと絡めて歌う。なお、シリーズでお決まりのフレーズである「~はメチャメチャうまい」が無く、様々な調味料やソースをかけて鶏肉の味を誤魔化そうとしている。
  4. 花嫁チャーハン(2:33)
    前作までと全く曲調が異なり、今までに登場したライス達がチャーハンに様々な贈り物をあげて嫁入りさせるという、優しい曲。


サスクハナ号の曳航II[編集]

サスクハナ号の曳航II
山本正之シングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ベラ・ボーエンタテインメント
作詞・作曲 山本正之
山本正之 シングル 年表
熱血ファイターズの歌
(INDEPENDENCE名義)
(2001年)
サスクハナ号の曳航II
(2001年)
熱血ファイターズの歌2002
(2002年)
テンプレートを表示

第二期第二段、2001年9月26日発売。1994年に発売したアルバム『サスクハナ号の曳航』の続編にして、「長編少年ドラマシリーズ」。なお、2007年には『サスクハナ号の曳航III☆星のキャロライン』が発売され、更に物語が続いていく。

収録曲
  1. サスクハナ号の曳航II(30:24)
    タイムボカンシリーズが終わり、J9シリーズが変わっていった1983年、山本は音楽を止めようと考えていた。しかしある日、遥か昔に遠い世界に行ってしまったはずの愛犬ピスと出会うことにより、山本は自分の過去を思い出し、自分にとっての「歌を作る事」の意味を回想していく。