名古屋はええよ!やっとかめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋はええよ!やっとかめ
つボイノリオシングル
初出アルバム『あっ超ー
B面 エビふりゃーでゃースキ
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル コミック歌謡曲
レーベル 東芝レコード/東芝EMI
作詞・作曲 山本正之
つボイノリオ シングル 年表
一宮の夜
(1978年)

つボイノリオ、藤吉佐登
祭りだワッショイチンカッカ
(1984年)
名古屋はええよ!やっとかめ
(1985年)
金太の大冒険
(シングルCD)
(1996年)
テンプレートを表示

名古屋はええよ!やっとかめ」(なごやはええよやっとかめ)は、つボイノリオが歌唱する楽曲である。プロデュースおよび作詞作曲編曲山本正之

概要[編集]

1985年6月21日東芝EMI(現:ユニバーサル ミュージック/EMI Records Japan)からシングルでリリース。B面は「エビふりゃーでゃースキ」 。レコード番号はTP-17729

つボイ自身のシングル曲としては1978年11月に発売された「一宮の夜」以来、6年半ぶりとなった。

1996年にリリースされたアルバム『あっ超~!×つボイノリオ』(TOCT9490)の11曲目にも収録されている。

この曲は、つボイが山本に依頼して製作されたものである。当初、タイトルは「大名古屋行進曲」とする予定だったが、つボイが「タイトルに名古屋弁を入れたい」と要望したことから、名古屋弁で“久し振り”を意味する「やっとかめ(八十日目)」を加え、このタイトルとなった。つボイがこの曲を作った理由は1980年代前半にあり、当時、「エビフリャー」などタレントのタモリの名古屋いじりネタなどによる、名古屋が揶揄いの対象にされたり、名古屋のオリンピック誘致の失敗、1985年の円高ショックによる名古屋園経済の自動車や繊維関連の産業の輸出の打撃など、当時の名古屋人の中に地元の名古屋に対して自信喪失のところがあり、もう名古屋は高望みするな、派手な話も控えようと言う空気が名古屋の市役所にも広がっていた。そんな名古屋の状況に「名古屋人に自信を失うなと言いたかった」とつボイは言う。

1番・2番の歌い出しでそれぞれ東京大阪を「まああかん(もうだめだ)」と挑発し、これからのパフォーマー、イニシアチブ、そして未来首都名古屋だと宣言し、名古屋にまつわる様々な事物・現象を織り込んだ歌詞が特徴。ただし何故か岡崎市郷土菓子である淡雪や、名古屋の市花ではなく愛知県県花カキツバタも入れられている。発表後15年ほどは歌詞の内容とつボイ・山本の知名度とは裏腹に愛知県民の間でも認知度が低く、ご当地ソングとしては定着しなかったのだが、近年のインターネットの普及と発展と共に、Flashアニメが有志により製作され、気軽に見られるようになったことで、ネット上での知名度が高まり注目されるようになった。最近では全国ネットのテレビ番組などでも名古屋の話題が出る際にバックにこの曲が流される事が多く、全国的にも「名古屋を代表する歌」と認知されてきている。

山本本人のセルフカバーバージョンもある。タイトルは「名古屋はええよやっとかめ」。(山本『十三の魔王』(2000.7 BXCA-1013 ベラ・ボーエンタテインメント [1])所収)タイトルにが付かないほか、キー、一部歌詞が異なる。

この曲のイントロは、山本が作詞・作曲したことで有名な中日ドラゴンズの応援歌「燃えよドラゴンズ!」のサビに酷似する。ただし、意図的かどうかは不明である。

2010年にキングレコードより発売された『名古屋の歌だがね‐名古屋開府400年記念CD‐』(KICS-1511、ASIN:B002TK1VOS)の11曲目に収録された。

なおB面収録の「エビふりゃーでゃースキ」にも名古屋の名所・名物が数多く登場している。

備考[編集]

メディアへの登場[編集]

曲に登場する項目(歌唱順)[編集]

★印が付与された項目はつボイ版のみ。また、☆印が付与された項目は山本版のみとなる。

(参考)「エビふりゃーでゃースキ」に登場する項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Bella Beaux entertainment
  2. ^ 曲中では「つるまいこうえん」と歌われる
  3. ^ この歌の発表当時、地下鉄名城線は環状線化していなかったばかりか、名古屋高速都心環状線が同年5月7日に東新町 - 東別院間で部分開通してからまだ間もない頃だった。