この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

笠原弘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

かさはら ひろこ
笠原 弘子
プロフィール
本名 笠原 弘子
性別 女性
出生地 日本の旗 日本新潟県東京都育ち)
生年月日 (1970-02-19) 1970年2月19日(48歳)
血液型 A型
身長 155 cm
職業 声優歌手舞台女優
事務所 尾木プロ THE NEXT
声優活動
活動期間 1983年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替え
デビュー作 カチュア・ピアスン(『銀河漂流バイファム』)[1]
音楽活動
活動期間 1986年 -
ジャンル J-POPアニメソング
職種 歌手
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

笠原 弘子(かさはら ひろこ、1970年2月19日 - )は、日本女性声優歌手舞台女優尾木プロ THE NEXT所属。血液型A型新潟県出身、東京都育ち[2]。家族構成は、両親と本人。

経歴

1975年[3]、引っ込み思案を直すために、「明るく活発な子にするには劇団に入れればいいのでは」と伯母の提案で児童劇団であった劇団こまどり(後のグループこまどり)に入団した[1]。小学生時代はNHK教育テレビの道徳番組『みんななかよし』に2年間レギュラー出演するなど、子役として活躍していた。

1983年、中学2年生の時にアニメ『銀河漂流バイファム』のカチュア・ピアスン役で声優デビュー[3]。「顔を出さなくていいから学校にばれない」という理由で、中学・高校時代は声優の仕事が主だった。

1985年の夏に高校1年生の時にミュージカル『ピーターパン』に出演。高校2年生の時に漫画『シャンペン・シャワー』のイメージアルバムの中の1曲「告白 〜愛しのジョゼ」を歌って歌手デビュー。その後も『究極超人あ〜る』を始め、イメージカプセルシリーズのイメージアルバムに多く出演した。高校卒業を待ってファーストシングル「Believe yourself Again」、その年末にファーストアルバム「スローガラスの輝き」を出す。

以後、声優としても歌手としても活動している。2003年、長年過ごしたグループこまどりを離れ、ラブライブ(現尾木プロ THE NEXT)に移籍。2005年、デビュー30周年を迎え、記念ライブを昼夜2回公演で行った。

人物

  • 子供の頃は大人しい性格だったが、本当は家では内弁慶で、ピンクレディなどを歌う子供だったと言う[1][4]
  • 子役の頃は恐怖心などを特に感じることなく演技を行うことができたが、物心ついてからは大勢の知らない人がテレビで見ることを意識するようになって、カメラを向けられることに多少の恐怖心を抱くようになった。10代や20代になってもラジオ番組などに主演すればただ相槌を打つだけで、アフレコスタジオでも挨拶をしたらずっと台本を見るなど、引っ込み思案は治らなかった。2017年時点で引っ込み思案は変わらないという[4]
  • 「空へ…」で歌唱力を評価されたのがきっかけで、それ以来「声優界の歌姫」とも言われている[4]。グループこまどり時代の先輩に冨永みーなが在籍していたため、コンサートのプロデュースをして貰うなど現在でも親交が厚い。同じく「こまどり」の後輩だった藤枝成子坂本真綾と合わせて「声優界のこまどり姉妹」と呼ばれていた。ただ歌手デビュー当初、こまどりの西村サエ子代表はあくまで「笠原は役者なので」と音楽業界関係者に対して言っておいたため、笠原はその頃役者として歌っていたという感じであった[4]。2017年時点では歌うことを楽しんでいるが、10代や20代の頃は仕事と割り切っていた[4]
  • 冨永が『魔法の妖精ペルシャ』のペルシャを演じていて、「私もやりたいなぁ」と思っていた所、『魔法のエンジェルスイートミント』にて主人公ミント役が来た時は「ああ、魔法の呪文が言える」と大変喜んだという[1]
  • 1987年の『究極超人あ〜る』以降、山本正之との親交も深く、笠原のファーストアルバムに曲を書いた他、山本正之のアルバムでもソロ曲やデュエット曲を歌っており、彼のコンサートにゲスト出演をしたこともある。
  • アニメ・ゲーム業界でのファンも多く、出演作品の中には製作者からのリクエストで出演が決まった物も多い。『魔法騎士レイアース』の鳳凰寺風役で女性からの人気を一気に獲得した。
  • 有名になることに対する憧れを全く持たない人物であり、それについてはコスメや洋服などでおしゃれをキープする努力が大変だからと話している[4]

エピソード

  • 以前は大の飛行機嫌いで、札幌でのコンサートへ行くにもブルートレインを使ったり、アメリカでの『アミテージ・ザ・サード』のイベントのオファーも断ったりするほどであったが、2000年の福岡でのイベントに行く際、思い切って飛行機に乗ってみたら意外と平気だった事に気付き、これをきっかけに飛行機嫌いが克服できた。東京Qチャンネル須藤まゆみとは茶飲み友達。また、作曲割田康彦・作詞須藤まゆみによる提供曲が数多く笠原のアルバムに収録されている。
  • 1990年代の声優ブームで良かったと思うのは人との出会いであり、洋服が好きなのでプロのスタイリストに出会えたのはプラスだという。まだ日本がバブル景気に沸いていた頃、レコーディングを山中湖のリゾートスタジオで行ったこともある[4]
  • 1990年代の声優ブームの中にあった頃、『魔法騎士レイアース』で共演した椎名へきる緒方恵美に関しては「凄いな」と思うばかりであった[4]
  • こまどり時代は西村サエ子の方針により、夜遅くのレコーディングはNGであった。そのため笠原はレコーディングに関してキツいとおもったことはなかった[4]

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1983年

1988年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

  • ヴァイスクロイツ(巴さくら)
  • 銀河漂流バイファム13(カチュア・ピアスン)
  • 金田一少年の事件簿(桐沢紅子)

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

OVA

1987年

1988年

1989年

1991年

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

劇場アニメ

1989年

1993年

ゲーム

時期不明

1992年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2009年

2011年

2014年

2016年

吹き替え

ラジオ

ドラマCD

ラジオドラマ

テレビドラマ

舞台

その他

  • DJノブタケとCDを出した。
  • サイトロンからリリースされた「バースディ・ディスク」シリーズの中の一つを担当した。その時、「菊地健一」という吉本興業所属の芸人と「裏拳」(ウラ:笠原弘子、ケン:菊地健一)という漫才コンビを組み、そのCDの中でネタを披露している。
  • 名塚佳織のかもさん學園(#57・05年9月19日配信分)ゲスト出演
  • Broccoli The Night 佐藤裕美のヒロミデンパ(#51・地上波:05年9月23日放送分 音泉:05年9月27日配信分)ゲスト出演
  • かつて岡山県玉野市にあった王子ファンシーランドのテーマソングを歌っていた。その歌のカセットテープは王子ファンシーランド内の限定販売で、今は閉園により販売されていない。1990年前後、岡山放送で『チェリーミミのワン・ツー・ステップ』という、王子ファンシーランド提供の朝の5分番組があり、このカセットテープ内の歌が使用された。(岡山・香川地区のみのテレビ放送)
  • 「ああっ女神さまっ」原作第7話では、ムードのある曲を探そうとする主人公の手持ちカセットテープに「笠原ひろ子全集」があった。
  • パソコンゲームソフト「らんま1/2飛龍伝説」では、笠原ファンのスタッフが隠しメッセージを仕込んでいた。
  • 1996年 - 1997年に代々木アニメーション学院のイメージキャラクターとして当学院のテレビCMに出演・ラジオCMもナレーションを担当(CMタイアップ曲:「本当の私に逢いたくて」・「約束」)
  • 1993年頃、フジテレビ系の平日朝の情報番組おはよう!ナイスデイにて、BGMに笠原弘子の曲が多く使用された。但し、音楽のみで、本人の歌唱部分は殆ど無かった。
  • 静岡・愛知を拠点とする結婚式場「出雲殿」が企画するハネムーンプラン「ハニーハネムーン キララ」のCMソング「欲張りな恋は愛になる」を歌っていた。同じメロディーの曲がベストアルバム「Memories II〜The Best Selection〜」に『恋はGET UP!!』という曲名で収録されているが、歌詞とキーが異なっている。
  • 角川書店コンプティーク』1996年1月号「声優こだわり大作戦」(上崎よーいち著)にて自分が「娘」を演じた育成ゲーム『プリンセスメーカー2』を実際にプレイしている。画家を目指したが、結果は家事手伝いであった。総合評価は327点。
  • またコンプティークの同企画にて同ジャンルの育成ゲーム『誕生 〜Debut〜』もプレイしている。同作では別機種2役かつOVA化もされたため思い入れの深い作品とコメント。しかしアイドルたちが「自信喪失」「疲労状態」「不機嫌」と育成に失敗し途中リタイアとなった。

ディスコグラフィ

シングル

発売日 タイトル 規格品番 オリコン最高位
1st 1988年7月25日 Believe yourself Again  ?位
2nd 1989年9月25日 アッセンブル・インサート
3rd 1990年3月25日 異邦人'90
4th 1990年7月11日 不思議の国のスイートミント
5th 1990年8月21日 コンディション・グリーン〜緊急発進〜
6th 1990年9月25日 雨音はショパンの調べ'90
7th 1991年3月10日 Distance
8th 1991年10月25日 恋にNO RETURN!!
9th 1992年5月25日 ヒ・ロ・イ・ン
10th 1992年11月21日 もういちど Love you
11th 1993年2月25日 やさしさは降る雨のように
12th 1994年5月25日 大切な休日
13th 1995年2月25日 空へ…
14th 1995年6月25日 五つの雫
15th 1995年7月26日 甦える伝説
16th 1995年12月21日 空へ…/風の輪舞曲
17th 1996年10月10日 アヤシイ
18th 1997年4月10日 そっと夜に泣こう
19th 1997年9月10日 夢の渚 〜The Silent Service〜
20th 1997年12月17日 ベイビィ☆LOVE
21st 1998年1月21日 STAND THE NIGHT
22nd 1998年7月23日 key of fortune
23rd 2000年8月23日 Wing for love
24th 2000年10月18日 おかわり自由
25th 2001年1月24日 昼間の私に会いに来ないで
26th 2001年2月21日 しあわせのおかわり
27th 2001年7月11日 お夜食のお約束
28th 2001年9月19日 新しい風
29th 2001年10月11日 あ〜ぁ
30th 2002年3月13日 Ka・wa・ri
31st 2002年7月17日 おかわり吉日
32nd 2004年8月25日 Feel on the wind.
33rd 2018年1月24日 ひとり暮らしの小学生 PPR001
34th 2018年7月18日 Tama&Friends PPR002

アルバム

  • スローガラスの輝き 1988年12月21日発売(デジタル・リマスタリング復刻版 2007年12月19日発売)
  • Cafe Paradise 1989年12月21日発売(デジタル・リマスタリング復刻版 2007年12月19日発売)
  • アッセンブルコンサート(南風まろん)1990年3月25日発売
  • Semi-Precious Stone 1990年10月25日発売(デジタル・リマスタリング復刻版 2007年12月19日発売)
  • MY BEST FRIENDS 1991年4月10日発売
  • 恋愛性理論〜Part 1〜 1991年11月10日発売(デジタル・リマスタリング復刻版 2007年12月19日発売)
  • 遠い夏の休日 1992年6月25日発売(デジタル・リマスタリング復刻版 2007年12月19日発売)
  • L'EXPRESS FANTAISIE 1993年4月24日発売
  • Nature 1993年7月10日発売
  • さよならがくれたのは 1994年6月25日発売
  • MADRIGAL 1994年12月7日発売
  • Saga 1996年3月6日発売
  • 本当の私 1996年11月10日発売
  • Siesta 1997年6月25日発売
  • MyPrayer 1998年7月23日発売
  • Nostalgia 1998年11月5日発売
  • Our Favorite Things〜MyPrayer Vol.2〜 1998年12月9日発売
  • piece of heart〜MyPrayer Vol.3〜 1999年4月21日発売
  • aria 1999年10月1日発売
  • ONE plus ONE〜MyPrayer Vol.4〜 1999年11月25日発売
  • NEO DECADENCE 2000年1月26日発売
  • おかわり自由 2001年3月22日発売
  • トゥルーチェアー 2001年11月14日発売
  • レコ 2002年11月27日発売
  • Re-vuelta 2003年3月21日発売
  • BUTTERFLY 2003年10月29日発売

ミニアルバム

発売日 タイトル 規格品番 オリコン最高位
1st 1990年11月28日 Caroling  ?位
2nd 2004年9月1日 Holy Chain〜聖なる鎖〜
3rd 2005年9月22日 HK

ベストアルバム

  • Memories〜The Best Selection〜 1992年11月10日発売
  • Memories II〜The Best Selection〜 1995年10月25日発売
  • Memories III〜The Best Selection〜 1997年11月25日発売 ※CD EXTRA仕様
  • hiroko kasahara super best Warner 30th Anniversary Box 2000年11月22日発売
  • BBB〜Best of Bella Beaux〜 2004年4月23日発売
  • Hiroko Kasahara 1987-1998 2017年4月26日発売

ライブアルバム

  • Precious Time LIVE at THE THEATER SUNMALL '94 1995年1月25日発売
  • Tea For Me Acoustic Live '95 1996年1月25日発売
  • THANKS〜真夏の夢〜 1997年7月25日発売
  • TAKE THE "K" TRAIN AKASAKA BLITZ LIVE 1997年10月22日発売
  • Feel Happy Together 1999 1999年2月24日発売
  • COOL DECADENCE 2000年6月9日発売

コンセプトアルバム

  • 五つのビーズ 1996年3月1日発売
  • 笠原弘子のおかわり自由 ラヂオアルバム 2001年9月27日発売
  • Birthday Disc Vol.9 Pisces(魚座)2002年2月20日発売

映像作品

  • 笠原弘子とクリスマスCaroling〜THE MOVIE〜 [VHS・LD:1991年11月10日発売]
  • FIRST KISS [VHS・LD:1992年2月10日発売]
  • Mind Gallery [VHS・LD:1993年8月10日発売]
  • しあわせの落書き [VHS:1993年12月10日発売]
  • HIROKO LD COLLECTION [LD:1994年11月10日発売]
  • Precious Time 1 [VHS・LD:1995年2月25日発売]
  • Precious Time 2 [VHS・LD:1995年2月25日発売]
  • Tea For Me Accoustic Live '95 [VHS・LD:1996年2月25日発売]
  • しあわせの落書き2 [VHS:1996年12月21日発売]
  • 声優白書Vol.10「笠原弘子 breath」 [VHS・LD:1997年1月25日発売]
  • THANKS [VHS・LD:1997年10月25日発売]
  • TAKE THE "K" TRAIN 〜AKASAKA BLITZ LIVE〜 [VHS・LD:1997年11月26日発売、DVD:2000年3月24日発売]
  • HIROKO LD COLLECTION 2 [LD:1998年11月15日発売]
  • Feel Happy Together 1999 [VHS・LD:1999年3月25日発売]
  • DECADENT VIDEO DELUXE〜HIROKOが花を咲かせましょう〜 [DVD:2000年5月24日発売]
  • BETTERFLY [DVD:2003年12月10日発売]

歌手参加楽曲

ゲスト参加作品

  • 今剛「2nd ALBUM」2009年6月17日発売、収録曲「Sakura」にボーカルで参加。

キャラクターソング

書籍

  • フォト&エッセイ「蒼い準宝石」(1990年・角川書店刊)
  • フォト&エッセイ「36.5℃」(1995年・ムービック刊)
  • 写真集「GRADATION」 (1998年・ムービック刊)

イベント

コンサート・ライブ

  • 笠原弘子ファースト・コンサート(1989年1月22日:東京・日仏会館/1989年2月5日:大阪・心斎橋ミューズホール)
  • For My Best Friends(1991年8月8日:東京・原宿RUIDO
  • FIRST KISS(1991年11月3日:大阪・大阪ミューズホール/1991年11月10日:東京・TOKYO FM HALL
  • RUIDO 1993(1993年4月3日:原宿RUIDO)
  • HIROKO KASAHARA CONCERT'94「もう少し夢のままで…」(1994年10月1,2日:シアターサンモール)
  • Memories'95 AUTUMN CONCERT(1995年10月7日:名古屋港湾会館/10月29日:大阪厚生年金会館中ホール;10月29日:R'nホール)
  • 恋愛性理論 〜Part 2〜アコースティックナイト(1996年12月20日:二子玉川アレーナホール)
  • '96 クリスマスコンサート「本当の私」(1996年12月21日:御堂会館/12月25日:九段会館)
  • LIVE ACT SPECIAL(1997年8月14日:赤坂BLITZ
  • Memories III 発売記念TALK&LIVE(1997年11月29日:心斎橋CLUB QUATTRO/12月1日:渋谷CLUB QUATTRO/12月4日:名古屋CLUB QUATTRO
  • THE MOST PRECIOUS THING「いちばん大切なこと」(1998年5月23日:札幌ファクトリーホール/5月30日:大阪・千里協栄ホール/6月7日:東京・朝日生命ホール/6月13日:福岡ガスホール/6月20日:名古屋・テレピアホール)
  • FEEL HAPPY TOGETHER '99(1999年1月10日:メルパルク大阪/1月23日:メルパルク東京)
  • 笠原弘子ライヴ「Nostalgia」(1999年3月20日:渋谷CLUB QUATTRO)
  • Concert 1999 Spring 〜LIVE My Prayer〜(1999年5月9日:原宿クエストホール)
  • Fortune Cookie(1999年12月5日:渋谷CLUB QUATTRO)
  • St.Valentine's Day LIVE「NEO DECADENCE」(2000年2月14日:渋谷CLUB QUATTRO)
  • 冥王星よりも孤独(2000年7月2日:渋谷CLUB QUATTRO)
  • 水玉(2001年3月18日:渋谷CLUB QUATTRO)
  • ライブ「しあわせのおかわり」(2001年10月8日:渋谷CLUB QUATTRO)
  • ☆☆☆〜Birthday Party決行(2002年2月21日:渋谷7th FLOOR 1部・2部)
  • ライブツアー「Q」(2002年10月12日:広島CLUB QUATTRO/10月14日:心斎橋CLUB QUATTRO/11月6日:渋谷CLUB QUATTRO)
  • バタフライ発売記念発売カウントダウンライブ (2003年9月23日:渋谷7th FLOOR 1部・2部)
  • HappyHappyParty(2005年3月13日:L@N AKASAKA 1部・2部)
  • Hiroko Kasahara anniversary concert 〜石の上にも10年×3〜(2005年9月24日:TOKYO FM HALL 1部・2部)
  • Hirocomotion 2007 scenel -七夕祭-(2007年7月7日:高田馬場ESP学園本館ホール)
  • 笠原弘子バレンタインライブ はちみつらいぶ★(2009年2月14日:田町 studioCube326 4F 1部・2部)
  • 笠原弘子クリスマスライブ(2015年12月25日:渋谷 TAKE OFF 7)
  • 笠原弘子 Xmas スペシャルライブ ~イヴの優しいちから~(2016年12月24日:渋谷 TAKE OFF 7)
  • 笠原弘子 歌手デビューうん周年スペシャルライブ ~スローガラスの輝き~(2017年6月25日:渋谷 TAKE OFF 7)
  • 笠原弘子 クリスマスライブオープニングパーティー ~バラの記憶~、クリスマススペシャルライブ ~イブの紫のバラ~(2017年12月24日:渋谷 TAKE OFF 7)

ファンクラブイベント

  • ま〜ま〜くるぅず 夏のらうんじin東京湾(2005.08.06 東京湾周遊〜隅田川クルーズ船上ディナーイベント)
  • ま〜ま〜くるぅず2006(2006.08.05 同上)
  • ま〜ま〜くるぅず2008(2008.08.23 同上)
  • ま〜ま〜くるぅず2009(2009.09.12 同上)ファンクラブ先行受付後、一般受付有り。
  • ま〜ま〜くるぅず2010(2010.09.18 同上)ファンクラブ終了後の為、一般イベントとなる。

クリスマスディナーショー

  • 1999年12月22・23日(ホテルメゾン軽井沢)
  • 2000年12月24・25日(同上)
  • 2001年12月22・23日(同上)
  • 2002年12月22・23日(同上)
  • 2003年12月20・21日(同上)
  • 2004年12月18・19日(同上)
  • 2005年12月23日(アグネスホテル東京)
  • 2006年12月09日(同上)
  • 2007年12月24日(大学生協会館ヴァーシティホール)

脚注

注釈

ユニットメンバー

出典

  1. ^ a b c d 倉田幸雄編「今さら友だちのWA!!(笠原弘子→?)」『アニメV 1994年2月号』学習研究社、1994年2月1日、雑誌01591-02、62頁。
  2. ^ 公式ブログ「星のブルームーンストーン」2010年1月3日の記事による。「親の実家の新潟生まれだと思っていたら、ある時、親に東京生まれだと言われてそう思っていた。先日、親から新潟生まれだったと言われた」とのこと。1993年発売のビデオ「しあわせの落書き」でも新潟県生まれとしているが、その後は東京都生まれとしていた。なお、2010年5月現在の尾木プロ THE NEXTの公式プロフィールは東京都出身である。
  3. ^ a b 人気声優アイドルの実像「笠原弘子 無邪気さと神秘性が漂うカナリア」『MPEG SPECIAL Vol.3』(アスキー)1996年12月、30頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 綜合図書『声優Premium』vol.2(綜合ムック、2017年)p42-57 ISBN 9784862981820
  5. ^ 魔法のエンジェルスイートミント”. KING AMUSEMENT CREATIVE. 2016年7月2日閲覧。
  6. ^ おにいさまへ…”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月12日閲覧。
  7. ^ 魔法騎士レイアース”. トムス・エンタテインメント. 2016年7月3日閲覧。
  8. ^ キャラクター紹介”. 落櫻散華抄. 2014年8月7日閲覧。

外部リンク