仕事始め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仕事始め(しごとはじめ)とは、年始となる1月の上旬の、最初の仕事のこと。

解説[編集]

西洋式の商慣習が普及する以前は、1月2日に普段の仕事を形だけ行い、その年の労働の安全や技能の上達を願うならわしがあった。

農村では田畑にを入れたり、作りの作業を始め、田のを祀って米や餅などを供えた。山村では山の神を祀り、木の伐り初めを行った。漁村では、船霊を祀って舟の乗り初めを行った。商家では、初売初荷が仕事始めに当たる。

日本の官公庁では行政機関の休日に関する法律(昭和63年12月13日、法律第91号)により、12月29日から1月3日までを休日として定めており、1月4日御用始めとして、その年の最初の業務日となっている[1]。1月4日が土曜日、日曜日に当たるときは、それぞれ1月6日1月5日が御用始めとなる。
また、地方公共団体は、地方自治法第4条の2によりその休日を条例で定めるものとされており、同条第2項第3号で「年末又は年始における日で条例で定めるもの」と決められている。そのため、条例により年末年始の休日が定められ、その翌日が御用始めとなるが、条例で12月29日から1月3日まで以外の日程で定められていれば必ずしも1月4日が御用始めになるわけではなく、条例で定められた年末年始の休日の翌日が当然に御用始めになり、その日が土曜日、日曜日、祝日(特にハッピーマンデー制度により曜日固定となった成人の日)に当たる場合はその次の平日が御用始めとなる。

一般企業でもこれに準じていることが多いが、1月5日を仕事始めとする企業もある。昭和後期までは、特に女性社員が着物を着て出社する場合もあった。

日本国外では多くの諸国で新年の休日は元日のみで、1月2日には通常業務が開始される。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『年中行事事典』p319 1958年5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版