フレデリック・アントネッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フレデリック・アントネッティ Football pictogram.svg
Fréderic Antonetti.jpg
名前
本名 Frédéric Antonetti
愛称 フレッド、アントン
ラテン文字 Frédéric ANTONETTI
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1961年8月19日(55歳)
出身地 コルス地域圏の旗 コルス地方公共団体
Coat of Arms of Corsica.svg オート=コルス県ヴァンゾラスカフランス語版
選手情報
ポジション DF,MF
ユース
1972-1973 フランスの旗 ヴェスコヴァト
1973-1979 フランスの旗 バスティア
1979-1982 フランスの旗 INFヴィシー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1982-1983 フランスの旗 バスティア 2 (0)
1983-1985 フランスの旗 ベジエフランス語版 65 (6)
1985-1987 フランスの旗 ル・ピュイフランス語版 55 (0)
1987-1990 フランスの旗 バスティア 56 (6)
通算 178 (12)
監督歴
1990-1994 フランスの旗 バスティア (ユース)
1994-1998 フランスの旗 バスティア
1998-1999 日本の旗 ガンバ大阪
1998-1999 フランスの旗 バスティア
2001-2004 フランスの旗 サンテティエンヌ
2005-2009 フランスの旗 ニース
2009-2013 フランスの旗 レンヌ
2015-2016 フランスの旗 リール
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フレデリック・アントネッティFrédéric Antonetti, 1961年8月19日 - )は、フランスオート=コルス県ヴァンゾラスカ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはDFMF

来歴[編集]

若い頃にはINF(国立サッカー学院)に所属するなど期待されていたが、その後は伸び悩み、結局フランス1部リーグでの出場はわずか2試合のみであった。1990年の引退後はキャリアの多くを過ごしたコルシカ島SCバスティアで指導者としてスタートし、1994年10月に33歳の若さでトップチームの監督に就任した。

1998年シーズン途中にJリーグガンバ大阪の監督に就任。フランス国外で初めて指揮を執るクラブだった。チーム戦術としては、就任直前に行われたフランス・ワールドカップで優勝したフランス代表のような組織的なサッカーを展開したいとしていたが、若い選手が大半だった当時のG大阪では育成と結果の両立が難しく、1年間の契約期間が切れるとクラブから契約延長の話は出なかった。

フランス帰国後は再びバスティアの監督に復帰。弱小クラブを1部リーグの常連に育て上げた手腕を買われ、その後は名門のASサンテティエンヌで3シーズン、ニースで4シーズン指揮を執った。2009年からスタッド・レンヌの監督を務める。2015年11月22日、LOSCリール・メトロポールの指揮官の座に就いた[1]

1999年にG大阪を退任する際は、当時若手のホープだった稲本潤一の才能に惚れ込み、フランスへ連れて帰ろうとした。その10年後の2009年、新しく監督に就任したレンヌで稲本を獲得した。

所属クラブ[編集]

ユース
プロ

指導歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lille : Frédéric Antonetti nommé entraîneur”. L'Équipe (2015年11月22日). 2016年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]