杉山弘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
杉山 弘一 Football pictogram.svg
Sugiyama singapore.jpg
名前
カタカナ スギヤマ コウイチ
ラテン文字 SUGIYAMA Koichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-10-27) 1971年10月27日(46歳)
出身地 大阪府
身長 176cm
体重 81kg
選手情報
ポジション FW / DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998 日本の旗 浦和レッズ 106 (1)
1999-2002 日本の旗 ヴェルディ川崎 / 東京ヴェルディ 63 (1)
2003 日本の旗 アルビレックス新潟 6 (0)
監督歴
2010-2013 シンガポールの旗 アルビレックス新潟シンガポール
2014 タイ王国の旗 アユタヤFC
2016 タイ王国の旗 BBCU
2016 タイ王国の旗 チャイナート
2017-2018 日本の旗 ブラウブリッツ秋田
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

杉山 弘一(すぎやま こういち、1971年10月27日 - )は、大阪府出身の元プロサッカー選手、現在はサッカー指導者。現役時代のポジションはフォワードディフェンダー

来歴[編集]

選手時代[編集]

大阪府高槻市に生まれ、阿武野中学校高槻南高等学校大阪商業大学とサッカーを続ける。高校時代にセンターフォワードとして日本ユース代表に、大学時代にバルセロナオリンピック代表候補に選ばれる。大学まではセンターフォワードやサイドアタッカーとして活動したが、Jリーグ浦和レッズに入ってからはサイドバックにコンバートされる。

その後、東京ヴェルディアルビレックス新潟へと移籍。アルビレックス新潟ではJ2優勝J1昇格。

右利きではあるが両足でボールが蹴れたため、主に左サイドバックをつとめ2003年に引退するまでプロとして活動した。

引退後[編集]

選手引退後の2004年からは浦和レッズ・ハートフルクラブ、コーチに就任。

2008年、公認指導者S級ライセンスを取得。

2010年にアルビレックス新潟シンガポールの監督に就任。パスをつないで相手のゴールを目指す攻撃的なサッカースタイルで、2011年はシンガポール・リーグカップ英語版でクラブ史上初となるタイトルを獲得[1]シンガポール・カップに準優勝したほか、2011年・2012年・2013年とリーグ戦で終盤まで優勝争いを演じた。2011年、Sリーグ年間最優秀監督に選ばれる[2]。2013年シーズンをもって、アルビレックス新潟シンガポールの監督を退任[3]

2014年8月、タイ・ディヴィジョン1リーグ(タイ2部)・アユタヤFCの監督に就任[4]

2014年12月18日、Jリーグ ディビジョン1柏レイソルのコーチに就任することが発表された[5]2016年1月、柏レイソルコーチを退任。

2016年2月、タイプレミアリーグ・BBCU FCの監督に就任したが、4月25日に解任された[6]

2016年4月、タイプレミアリーグ・チャイナートFCの監督に就任したが、6月に退任。

2017年ブラウブリッツ秋田の監督に就任[7]。同年J3リーグ優勝。JリーグアウォーズにてJ3優秀監督賞を受賞。

2018年7月にブラウブリッツ秋田との契約を解除[8]。6勝3分け7敗、勝ち点21で9位の成績だった。

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 大商大 - - - 1 0 1 0
1994 浦和 - J 31 0 1 0 3 0 35 0
1995 - 44 1 - 1 0 45 1
1996 - 23 0 9 0 3 0 35 0
1997 15 8 0 3 0 2 0 1 0
1998 0 0 0 0 0 0 0 0
1999 V川崎 J1 26 1 4 0 4 0 34 1
2000 25 0 5 0 0 0 30 0
2001 東京V 11 0 0 0 3 0 14 0
2002 1 0 3 0 0 0 4 0
2003 新潟 4 J2 6 0 -
通算 日本 J1 169 2 25 0 16 0 210 2
日本 J2 6 0 - 6 0
日本 - - 1 0 1 0
総通算 175 2 25 0 17 0 217 2

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 得点 失点 リーグ杯 FA杯
2010 新潟S シンガポールリーグ 7位 37 33 9 10 14 31 42 1回戦敗退 準々決勝敗退
2011 4位 65 33 20 5 8 80 34 優勝 準優勝
2012 3位 43 24 12 7 5 37 26 準々決勝 準々決勝
2013 3位 46 27 13 7 7 36 28 準決勝 1回戦
2014 アユタヤ タイリーグD1 11位→6位 19 10 6 1 3 18 12 途中8月からの監督就任
2016 BBCU タイプレミア 18位 3 7 1 0 6 11 19 2月→4月
チャイナト 17位 6 8 1 3 4 9 14 4月→6月
2017 秋田 J3 優勝 61 32 18 7 7 53 31 1回戦
2018 9位 21 16 6 3 7 15 14 7月解任 1回戦
総通算 - - 190 86 43 61 290 220 - -

脚注[編集]

  1. ^ アルビレックス新潟シンガポール、クラブ設立8年目で初タイトル シンガポール経済新聞 2011.8.1(2011年8月1日閲覧)
  2. ^ “Albirex Niigata the biggest winners at the 2011 S.League Awards Night”. Goal.com. (2011年11月30日). http://www.goal.com/en/news/14/asia/2011/11/30/2780847/albirex-niigata-the-biggest-winners-at-the-2011-sleague 2017年12月23日閲覧。 
  3. ^ 杉山弘一監督 契約満了のお知らせ アルビレックス新潟シンガポール 2013.11.13(2013年12月13日閲覧)
  4. ^ アユタヤFC(Division-1)、杉山弘一氏(42)の監督就任を発表 - ウェイバックマシン(2014年8月8日アーカイブ分) タイプレミアリーグに行こう! Samurai×TPL 2014.8.8(2014年8月8日閲覧)
  5. ^ 杉山 弘一 コーチ就任のお知らせ 2014.12.18(2014年12月18日閲覧)
  6. ^ วันเดียวไป2คน! บีบีซียู แยกทาง ซูกิยาม่า ตั้ง โค้ชเก๋ คุมแทน
  7. ^ “杉山弘一氏、2017シーズン監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2016年12月24日), http://blaublitz.jp/whatsnew/45841.html 2016年12月24日閲覧。 
  8. ^ “杉山弘一監督 契約解除について” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2018年7月11日), http://blaublitz.jp/whatsnew/53381.html 2018年7月11日閲覧。 

外部リンク[編集]