平木隆三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平木 隆三 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヒラキ リュウゾウ
ラテン文字 HIRAKI Ryuzo
基本情報
生年月日 1931年10月7日
日本の旗 日本大阪府堺市
没年月日 (2009-01-02) 2009年1月2日(77歳没)
日本の旗 日本愛知県豊田市
選手情報
ポジション DF
ユース
1948-1950 大阪府立岸和田高等学校
1951-1956 関西学院大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1957 湯浅電池
1958-1966 古河電気工業 6 (0)
代表歴
1954-1963[1] 日本の旗 日本 30 (1)
監督歴
1965  日本ユース代表
1967-1969 日本ユース代表
1962-1965 古河電気工業
1992-1993 名古屋グランパスエイト
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

平木 隆三(ひらき りゅうぞう、1931年10月7日 - 2009年1月2日)は、大阪府堺市出身の元サッカー選手ディフェンダー)・コーチ監督

1993年Jリーグ開幕当時の名古屋グランパスエイト監督。

来歴[編集]

現役時代[編集]

岸和田高校入学時から本格的にサッカーを始め、1950年には全国高等学校サッカー選手権大会に大阪府代表として出場。ポジションはインサイドFWであり、ベスト4に進出した。高校卒業後は1951年関西学院大学へ進学し、早稲田大学との定期戦でレギュラーDFとなった。秋の関西学生サッカーリーグ12月の東西学生王座決定戦では優勝を飾る。3年次の1953年には西ドイツドルトムントで開かれたユニバーシアードに出場し、4年次の1954年日本代表デビュー。天皇杯でも2度の優勝を経験し、大学卒業後は湯浅電池1957年)を経て、1958年古河電気工業へ入社。1960年には天皇杯で企業チーム初の優勝を果たし、同年夏の日本代表欧州ツアーではデットマール・クラマーから初めて指導を受けた。1961年には企業チーム初の天皇杯連覇を達成し、1963年からは監督を兼任。1965年には日本ユース代表監督も兼任し、1966年からは選手専任に戻ったが、同年限りで現役を引退。

日本代表では国際Aマッチ27試合1得点、Bマッチ3試合、Cマッチ40試合に出場した。その間、メルボルン1956年)、東京1964年)と二度の五輪代表メンバーに選出された。特に東京五輪では怪我のため試合出場は無かったが、主将としてベスト8進出に貢献。大会終了後に代表を引退。

指導者時代[編集]

引退後は日本ユース代表監督(1967年 - 1969年)、メキシコシティーミュンヘンモントリオール日本代表コーチ(1967年 - 1968年, 1971年, 1975年)、日本B代表監督、名古屋グランパスエイト監督(1992年 - 1993年)を歴任。メキシコ五輪では対戦相手の偵察や戦力分析に手腕を発揮し、銅メダル獲得に貢献。日本B代表監督としてはマラハリムカップ(1974年)でチームを優勝に導いた。また、日本サッカー協会のフロントマンとしても活躍し、天皇杯全日本サッカー選手権大会を現在のように協会登録チーム全てに出場資格を与える制度改正や、選手の年齢別チーム登録の推進など、現在の日本サッカーのシステム構築に地道に取り組んだという[2]。日本サッカー協会技術委員長時代には自国開催の1979 FIFAワールドユース選手権に携わった。名古屋監督1年目にJリーグのプレマッチとして行われたJリーグカップは、ジョルジーニョ小倉隆史森山泰行中西哲生岡山哲也らが活躍。中でも小倉は5得点を決め、3位の成績を収めた[3]。なお、この年の天皇杯では、翌年のJリーグ参加が決定していた10チームの中で唯一1回戦で敗退した。2年目の1993年はハンス・オフトの助言を受けた小倉がオランダへ留学した[3][4]5月2日のプレシーズンマッチ・SSラツィオ戦では、浅野哲也とリネカーのゴールによって日本のクラブチームとして初めてセリエAのチームに2-1で勝利[5]同16日にJリーグ開幕戦を迎え、鹿島ジーコハットトリックを喫するなど0-5で敗れる[6]19日の第2節で浦和を相手に初勝利、チーム初得点は森山泰行であった[7]。序盤は勝利数が先行するも、7月には敗戦数が勝利数を上回る借金生活となる[7]。司令塔のジョルジーニョ頼みでチーム戦術も乏しく、期待されたリネカーも怪我がちで7試合に出場して1得点で終わり[8]、チーム成績も低迷して同年退任。

2005年に第1回日本サッカー殿堂入り。

晩年は愛知の東海スポーツサッカークラブの顧問にも就任し、若手の育成にも力を注いでいた[9]

2009年1月2日午前1時3分、重症肺炎のため愛知県豊田市の病院で死去。77歳没[10]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

日本サッカーリーグ

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1965 古河 JSL 0 -
1966 0 -
通算 日本 JSL 6 0 -
総通算 6 0 -

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 30試合 1得点(1954-1962)[1]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1954 3 0 0 0 3 0
1955 4 0 3 0 7 0
1956 3 0 2 0 5 0
1957 0 0 7 0 7 0
1958 4 0 1 0 5 0
1959 10 1 7 1 17 2
1960 1 0 12 1 13 1
1961 2 0 5 0 7 0
1962 3 0 4 0 7 0
通算 30 1 41 2 71 3

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1959年9月3日 マレーシアクアラルンプール シンガポールの旗 シンガポール ○ 4-1 勝利 ムルデカ大会

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 ナビスコ杯 天皇杯
1963 - 古河 - - 推薦辞退
1964 - - - 優勝
1965 JSL 3位 14 20 10 0 4 - ベスト8
1992 J 名古屋 - ベスト4 1回戦
1993 9位 36 - 12 - 24 予選リーグ ベスト8

その他

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “平木 隆三”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_ha/ryuzo_hiraki.html 
  2. ^ 平木隆三さんの思い出(上) - 牛木素吉郎サッカー日誌、2009年1月7日
  3. ^ a b 富森揚介「ザ・フェース東海 小倉隆史」朝日新聞、1993年12月31日
  4. ^ 当初は半年の予定で、後に1年に延長している。
  5. ^ 「リネカー国内初ゴール」『中日新聞』1993年5月3日付朝刊12版、16面。
  6. ^ 今井康一 (2009年8月6日). 東洋経済新聞社: “J1名古屋グランパスの長すぎる低迷、Jでは「トヨタ流」の効力なし?”. 東洋経済ONLINE. 2021年4月15日閲覧。
  7. ^ a b “7月4日J1再開で名古屋グランパス通算400勝を決める!節目の勝利を振り返る”. 中日スポーツ. (2020年6月27日). https://www.chunichi.co.jp/article/79461 2021年5月19日閲覧。 
  8. ^ 名古屋グランパス、歴代ガッカリ外国籍選手5人。リネカーだけじゃない…歴史に埋もれたW杯優勝メンバーも”. FOOTBALL CHANNNEL (2020年5月15日). 2021年4月26日閲覧。
  9. ^ 東海スポーツサッカー選手コース
  10. ^ 初代監督・平木氏死去”. 中日スポーツ (2009年1月3日). 2012年8月19日閲覧。[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]