アンデルソン・パトリック・アグウイアル・オリベイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パトリック Football pictogram.svg
名前
本名 アンデルソン・パトリック・アグウイアル・オリベイラ
Anderson Patric Aguiar Oliveira
愛称 パト、浪速の怪人
ラテン文字 Patric
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1987年10月26日(28歳)
出身地 アマパー州マカパ
身長 189cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ガンバ大阪
ポジション FW (CF)
背番号 29
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008 ブラジルの旗 パイサンドゥ
2008 ブラジルの旗 ヴィラ・リカ
2008 ブラジルの旗 サンタクルス
2009 ブラジルの旗 サルゲイロ
2009 ブラジルの旗 イカザ
2009 ブラジルの旗 デモクラタ
2009 ブラジルの旗 ヴェラ・クルス
2009 ブラジルの旗 サン・ジョゼ
2010 ブラジルの旗 アメリカーノ
2010 ブラジルの旗 ミスト 8 (7)
2010-2011 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 0 (0)
2012 ブラジルの旗 ヴィラ・ノヴァ 0 (0)
2012 ブラジルの旗 ゴイアニエンセ 27 (4)
ブラジルの旗 サルゲイロ
2013 日本の旗 川崎フロンターレ (loan) 8 (2)
2013 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府 (loan) 16 (5)
2014 ブラジルの旗 フォルタレーザ (loan) 3 (0)
2014- 日本の旗 ガンバ大阪 (loan) 51 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年12月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パトリックことアンデルソン・パトリック・アグウイアル・オリベイラ(Anderson Patric Aguiar Oliveira、1987年10月26日 - )は、ブラジルアマパー州マカパ出身のプロサッカー選手Jリーグガンバ大阪所属。ポジションは、フォワード

来歴[ソースを編集]

パイサンドゥSCでプロデビューし複数の国内クラブでプレー[1]

2013年より、サルゲイロACから日本川崎フロンターレ期限付き移籍[2]3月16日の第3節サガン鳥栖戦でJリーグ初得点を記録した。7月18日、川崎を退団し、ヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍[3]。甲府移籍後は出場停止を除く移籍後全試合に先発出場し、5得点を挙げた。シーズン終了後、移籍期間満了により退団[4]

2014年フォルタレーザECでプレーした後、7月よりガンバ大阪へ期限付き移籍[5]。シーズン途中加入でありながら、強靭なフィジカルと裏へ抜け出すスピードを武器に2トップを組んだ宇佐美貴史とのコンビでガンバの攻撃陣を牽引し[6]、第26節鳥栖戦ではハットトリックを達成するなど宇佐美に次ぐ9得点を挙げ同年のJリーグベストイレブンを受賞。同年のナビスコカップ決勝・広島戦では、0-2の劣勢から同点に追いつく2得点を挙げガンバの7年ぶりのナビスコカップ優勝に貢献し、最優秀選手賞を受賞した。天皇杯でも3試合に出場し、決勝戦のゴールを含む3ゴールを挙げるなど、ガンバのリーグ優勝さらには国内三冠に大きく貢献した。

2015年のゼロックススーパーカップでは後半から出場し、1ゴール1アシストの活躍でガンバの8年ぶりとなるスーパーカップ制覇に貢献した。同年夏にガンバとの契約を2016年末まで延長[7]。リーグ戦では自身初の2桁得点を記録し、自身初の出場となったACLではチーム最多タイの4ゴールを決めた。CS準決勝浦和戦では延長後半にダメ押しゴールを決めた。天皇杯決勝浦和戦では先制ゴール決め、同点で迎えた後半にはコーナーキックから勝ち越しゴールを決める活躍を見せガンバの天皇杯連覇の立役者となった。

人物[ソースを編集]

2015年11月、日本の自動車運転免許を取得し、自家用車も購入した[7]

将来的に日本国籍を取得し、日本代表を目指したい考えを持っている[8][9]

2015年のCS準決勝浦和戦終了後、自身のTwitterアカウントに人種差別的なリプライが投稿されており、この件について「すごく悲しい気持ちになった」としながらも「どの国にもいい人、悪い人は存在する。今回はガンバサポーターだけでなく他クラブのサポーターからもたくさん励ましのメッセージをもらった。心が強くなりました」と述べた[10]。のちに投稿を行った少年の謝罪[11]を受け「彼には上を向いてもらいたい。大人になってもこういう問題が起こらないようにしてほしい」と語った。

所属クラブ[ソースを編集]

個人成績[ソースを編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2008 パイサンドゥ セリエC - -
ヴィラ・リカ - -
サンタクルス セリエC -
2009 サルゲイロ - -
イカザ -
デモクラタ - -
ヴェラ・クルス - -
サン・ジョゼ - -
2010 アメリカーノ - -
ミスト セリエD 8 7 - - 8 7
2011 ヴァスコ・ダ・ガマ 22 セリエA 0 0 0 0 - 0 0
2012 ヴィラ・ノヴァ セリエC 0 0 - - 0 0
ゴイアニエンセ 11 セリエA 27 4 0 0 - 27 4
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2013 川崎 18 J1 8 2 5 1 - 13 3
甲府 11 16 5 - 4 1 20 6
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2014 フォルタレーザ セリエC 3 0 - - 3 0
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
2014 G大阪 29 J1 19 9 5 3 3 3 27 15
2015 32 12 3 0 4 2 39 14
2016
通算 ブラジル セリエA 27 4 0 0 - 27 4
ブラジル セリエC -
ブラジル セリエD 8 7 - - 8 7
ブラジル - -
日本 J1 75 28 13 4 11 6 99 38
総通算

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
CONMEBOL スダメリカーナ杯
2011 ヴァスコ・ダ・ガマ 22 1 0
2012 ゴイアニエンセ 11 3 0
AFC ACL
2015 G大阪 29 11 4
2016 5 1
通算 CONMEBOL 4 0
通算 AFC 16 5

その他の国際公式戦

タイトル[ソースを編集]

クラブ[ソースを編集]

ガンバ大阪

個人[ソースを編集]

  • Jリーグヤマザキナビスコカップ 最優秀選手賞:1回(2014年)
  • Jリーグベストイレブン:1回(2014年)
  • Jリーグ優秀選手賞:2回(2014年、2015年)

出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川崎F 長身ブラジル人FW獲得「フィジカルは半端じゃなく強い」 スポニチ Sponichi Annex、2012年12月24日
  2. ^ パトリック選手加入のお知らせ KAWASAKI FRONTALE ホーム、2012年12月24日
  3. ^ パトリック選手移籍のお知らせ KAWASAKI FRONTALE ホーム、2013年7月18日
  4. ^ パトリック選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ ヴァンフォーレ甲府公式サイト、2013年12月27日
  5. ^ FW パトリック選手 ガンバ大阪へ期限付き移籍のお知らせ ガンバ大阪オフィシャルサイト、2014年7月1日
  6. ^ “宇佐美と強力2トップを形成。Jリーグ3クラブ目のFWパトリック「キャリアで一番ノッてる」”. フットボールチャンネル. (2014年12月13日). http://www.footballchannel.jp/2014/12/13/post60665/ 2014年12月19日閲覧。 
  7. ^ a b G大阪パトリック、差別ツイート許して日本一誓う日刊スポーツ2015年12月2日7時38分配信
  8. ^ “G大阪のパトリック、日本帰化を希望。母国メディアに語る「W杯2018は夢」”. フットボールチャンネル. (2016年1月8日). http://www.footballchannel.jp/2016/01/08/post131446/ 2016年1月11日閲覧。 
  9. ^ “パトリック、改めて日本国籍取得の意思示す「いつの日か帰化出来れば」”. フットボールチャンネル. (2016年1月10日). http://www.footballchannel.jp/2016/01/10/post131759/ 2016年1月11日閲覧。 
  10. ^ 傷心G大阪パトリック眠れずも「日本は世界で一番」日刊スポーツ2015年11月29日12時47分配信
  11. ^ パトリック選手への差別ツイート、書き込んだのは高校生 「深く反省」産経ニュース2015年11月30日18時52分配信

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]