清武功暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
清武 功暉
名前
愛称 キヨ、コウキ
カタカナ キヨタケ コウキ
ラテン文字 Koki KIYOTAKE 
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-03-20) 1991年3月20日(33歳)
出身地 大分県大分市
身長 175cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム おこしやす京都AC
ポジション MF
利き足 右足
ユース
2006-2008 大分トリニータU-18
2009-2012 福岡大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2016 サガン鳥栖 14 (0)
2015-2016 ロアッソ熊本 (loan) 56 (19)
2017-2018 ジェフユナイテッド市原・千葉 56 (14)
2019-2020 徳島ヴォルティス 48 (9)
2021-2023 FC琉球 83 (14)
2024- おこしやす京都AC
1. 国内リーグ戦に限る。2024年1月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

清武 功暉(きよたけ こうき、1991年3月20日 - )は、大分県大分市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

プロサッカー選手セレッソ大阪所属の清武弘嗣は実兄[1]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

大分トリニータU-18(同期は東慶悟越智亮介岸田和人岸田翔平など)でキャプテンを務め、年代別代表にも選出されたが、トップチームへの昇格は見送られ福岡大学に進学する。

サガン鳥栖[編集]

2012年4月に特別指定選手としてJリーグサガン鳥栖に登録[2]。登録2日後のJ1第7節アルビレックス新潟戦に後半26分から途中出場し、決勝点となる得点を演出する活躍でチームの勝利に貢献した。9月には、2013年シーズンからの鳥栖への加入が内定した[3]。鳥栖加入後はレギュラーの座を掴めず、2015年7月時点でリーグ戦12試合の出場にとどまった。

ロアッソ熊本[編集]

2015年7月にロアッソ熊本に育成型期限付き移籍で加入。同年は途中加入ながらチームで2番目となる7得点を記録。2016年シーズンも期限付き移籍を延長し熊本に残留すると、チームの中心的選手として牽引、キャリアハイとなる12得点を記録した。 2016年6月19日、カマタマーレ讃岐戦のゴールは、6月のJ2月間ベストゴール賞を受賞した[4]

ジェフユナイテッド千葉[編集]

2017年シーズンより、鳥栖からジェフユナイテッド市原・千葉へ完全移籍する事が発表された[5]。第3節の名古屋グランパス戦で移籍後初得点、第13節のV・ファーレン長崎戦ではプロ入り初のハットトリックを達成する[6] など、2017シーズンは出場数チーム1位、得点数チーム2位の活躍となった。

徳島ヴォルティス[編集]

2019年シーズンより、千葉から徳島ヴォルティスへ完全移籍する事が発表された[7]

FC琉球[編集]

2021シーズンより、FC琉球への完全移籍が発表された[8]

2023年シーズンをもってチームを退団することが発表された[9]

おこしやす京都AC[編集]

2024年1月7日、おこしやす京都ACへの移籍が発表された[10]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2007 大分U-18 20 - - - 1 0 1 0
2010 福岡大 11 - - 2 0 2 0
2012 8 - - 2 1 2 1
2012 鳥栖 27 J1 2 0 1 0 - 3 0
2013 10 0 4 0 1 2 15 2
2014 18 2 0 3 1 0 0 5 1
2015 0 0 2 0 - 2 0
熊本 28 J2 19 7 - 3 0 22 7
2016 10 37 12 - 2 0 39 12
2017 千葉 8 40 11 - 2 1 42 12
2018 16 3 - 2 1 18 4
2019 徳島 13 28 6 - 2 0 30 6
2020 20 3 - 1 0 21 3
2021 琉球 37 9 - 0 0 37 9
2022 26 3 - 0 0 26 3
2023 8 J3 20 2 - 0 0 20 2
2024 O京都 関西2部 -
通算 日本 J1 14 0 10 1 1 2 25 3
日本 J2 223 54 - 12 2 235 56
日本 J3 20 2 - 0 0 20 2
日本 関西2部 - -
日本 - - 5 1 5 1
総通算 257 56 10 1 18 5 285 62

その他の公式戦

タイトル[編集]

徳島ヴォルティス
個人

代表・選抜歴[編集]

  • 2006年 U-16日本代表
  • 2009年 U-18日本代表
  • 2010年 U-19日本代表
  • 2010年 - 2012年 九州大学選抜

脚注[編集]

  1. ^ “清武兄弟の"共演"実現! 兄・弘嗣が貴重2ショット投稿「久々一緒のピッチでプレー」”. Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ. (2020年1月29日). https://www.football-zone.net/archives/243426 2020年12月5日閲覧。 
  2. ^ 清武功暉選手(福岡大学)2012年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認のお知らせ
  3. ^ 清武功暉選手(福岡大学) 2013シーズン新加入内定のお知らせ
  4. ^ J2リーグ最優秀ゴール賞”. Jリーグ (2016年). 2022年12月11日閲覧。
  5. ^ 清武功暉選手加入のお知らせ ジェフユナイテッド市原・千葉公式、2016年12月8日
  6. ^ 清武功暉、プロ初のハットトリック達成…千葉では13年のケンペス以来のハット サッカーキング(2017年5月13日)
  7. ^ 清武 功暉選手完全移籍にて加入内定のお知らせ 徳島ヴォルティス公式、2018年12月25日
  8. ^ 清武功暉選手 完全移籍加入のお知らせ』(プレスリリース)FC琉球、2021年1月4日http://fcryukyu.com/news/26113/2021年2月7日閲覧 
  9. ^ NEWS”. FC琉球公式サイト | FC Ryukyu Official Website. 2023年11月15日閲覧。
  10. ^ 清武功暉選手 新加入のお知らせ』(プレスリリース)おこしやす京都AC、2024年1月7日https://ococias.kyoto/news/2902/2024年1月24日閲覧 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]