岐阜メモリアルセンター長良川競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岐阜メモリアルセンター > 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
岐阜メモリアルセンター長良川競技場
"長良川競技場"
Nagaragawa150506-1.JPG
岐阜メモリアルセンター長良川競技場の位置(岐阜県内)
岐阜メモリアルセンター長良川競技場
施設情報
所在地 岐阜県岐阜市長良福光大野2675-28
位置 北緯35度26分28.75秒
東経136度45分57.88秒
座標: 北緯35度26分28.75秒 東経136度45分57.88秒
開場 1991年
修繕 2009年
所有者 岐阜県
運用者 公益財団法人岐阜県体育協会
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105m×68m
照明 1,500ルクス(メインスタンド屋根搭載型+バックスタンドの鉄塔2基)
大型映像装置 オーロラビジョン
使用チーム、大会
当項目を参照
収容能力
26,109人
アクセス
#アクセスを参照。

岐阜メモリアルセンター長良川競技場(ぎふメモリアルセンターながらがわきょうぎじょう、Gifu Memorial Center Nagaragawa Stadium)は、岐阜県岐阜市岐阜メモリアルセンター内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は岐阜県が所有し、公益財団法人岐阜県体育協会が指定管理者として運営管理を行っている[1]

施設概要[編集]

日本陸上競技連盟第1種公認陸上競技場で、グラウンド面積は20,867m2。トラック・アウトフィールド(全周400m×9コース、直線路150m)は全天候型ウレタン樹脂舗装、インフィールド( 69m×105m)は天然芝。グラウンド面積13,925m2でナイター設備完備の補助競技場(日本陸上競技連盟公認第5種競技場)を有する。

照明設備はメインスタンド屋根と、バックスタンド側に照明塔2基(500ルクス)を備える。大型映像装置は北側サイドスタンド上部にオーロラビジョン(縦 6.8m × 幅 19.2m)を有する。

収容人員は26,109人[2]で、サイドスタンド上部のみ芝生席のためJリーグ開催時の収容可能人員は16,300人となっている[3]。2015年度までは約31,000人(メインスタンド 8,000人、サイドスタンド 9,540人、バックスタンド13,460人)だったものの、バックスタンド上部が芝生席であったためJリーグ開催時の収容可能人員は13,896人(メイン6,620人・バックスタンド6,480人)とされており、2014年9月に審査結果が公表された2015年クラブライセンスについて、座席の実勢収容人員がJ1加入に必要な15,000人を満たしておらず、トイレ等の不備もあったことから、FC岐阜に対してはJ2ライセンスのみの取得となった[4]。これを受け、岐阜県知事古田肇は2014年10月1日に行われた岐阜県議会一般質問において競技場の改修を表明[5]。2015年9月からバックスタンドを一時閉鎖[6]の上、座席を全面椅子席とした上でトイレの改修も実施し、2016年2月に完了し、2016年はJ1ライセンスが交付された。

開催された主なイベント・大会[編集]

陸上競技[編集]

サッカー[編集]

その他[編集]

岐阜メモリアルセンター長良川競技場のパノラマ。画像の向かって左側が南サイドスタンド、右側がバックスタンド、中央奥がメインスタンド、右奥が北サイドスタンドである。

アクセス[編集]

使用時間・休館日[編集]

  • 使用時間:9時〜21時
  • 休館日:第1、第3火曜日、閉鎖中の休館日(2009年12月21日~2011年2月末日)
  • 芝生養成のためのインフィールド使用制限:3月1日~3月31日ならびに6月1日~7月31日までの期間、1週間当たりの使用日数は2日以内、1日当たりの試合数は3試合以内)

その他[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
維新百年記念公園陸上競技場
山口市
国民体育大会
主競技場

ぎふ清流国体
次代:
味の素スタジアム
調布市