難波宏明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
難波 宏明 Football pictogram.svg
名前
愛称 ナンちゃん
カタカナ ナンバ ヒロアキ
ラテン文字 NANBA Hiroaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-12-09) 1982年12月9日(34歳)
出身地 岡山県
身長 173cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC岐阜
ポジション FW
背番号 24
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001 ヴィッセル神戸 0 (00)
2002 栃木SC 14 (02)
2004-2006 流通経済大学 9 (00)
2007-2013 横浜FC 154 (30)
2013 水戸ホーリーホック 26 (01)
2014- FC岐阜 129 (36)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年11月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

難波 宏明(なんば ひろあき、1982年12月9日 - )は、岡山県出身のプロサッカー選手J2FC岐阜に所属、ポジションはフォワード(FW)。

来歴[編集]

高校卒業後、2001年にJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸に入団するが、1年で戦力外とされた[注 1]

2002年は日本フットボールリーグ(JFL)の栃木SCに所属し[注 2] 出場機会を得たが、難波は進学を希望して栃木を退団し、関東大学サッカー連盟に所属する流通経済大学に入学。2006年の関東大学リーグ1部での同校初優勝に貢献し、MVPを受賞した。

また、JFLにも参加している同大学の選手として2005年と2006年の2シーズンにわたりJFLに出場した他、2006年にはJリーグ公式戦にも出場できる特別指定選手として当時Jリーグ2部(J2)の横浜FCに登録された。9月27日ベガルタ仙台とのゲームでは後半35分に出場し[注 3]、難波にとって神戸入団から6シーズン目でのJリーグデビュー戦となった。同試合の後半38分にはJリーグ初ゴールも記録した。

2007年にはJ1に昇格した横浜FCに正式加入し、再びプロ選手となった。横浜FCは1シーズンでJ1から降格し、その後はJ2でのプレーが続いているが、難波は2007年[注 4] と2009年にチーム内得点王、2008年も2位タイと、横浜FCの中では安定した成績を残すFWとして起用され続けた。

2013年水戸ホーリーホック期限付き移籍[1]

2014年、横浜、水戸ともに契約満了となり、FC岐阜に完全移籍[2]。同年5月3日国立霞ヶ丘陸上競技場で行われたJ2第11節東京ヴェルディ1969戦で決勝ゴールを挙げ、これが同競技場におけるサッカー公式戦の、閉場前最後のゴールとなった。この年は31歳にして自己最多となる12得点を記録した。

2015年には第7節東京V戦では前半27分にハットトリックを達成し[3][注 5] Jリーグ最速記録を更新。この年も12得点を挙げる。

2016年は3得点に留まったが、2017年はジョーカーとしての起用が増え9得点と復活した。

人物・エピソード[編集]

2016年12月20日に、吉本興業とマネジメント契約を締結[4]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2001 神戸 27 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 栃木 18 JFL 14 2 - 0 0 14 2
2004 流経大 - - - 1 0 1 0
2005 40/43 JFL 2 0 - - 2 0
2006 24 7 0 - 1 0 8 0
2006 横浜FC 31 J2 1 1 - - 1 1
2007 19 J1 18 3 4 0 1 0 23 3
2008 J2 25 7 - 1 0 26 7
2009 42 8 - 2 2 44 10
2010 30 5 - 2 1 31 6
2011 9 29 6 - 1 0 30 6
2012 9 0 - 2 0 11 0
2013 水戸 26 1 - 1 0 27 1
2014 岐阜 24 34 12 - 1 0 35 12
2015 38 12 - 1 0 39 12
2016 20 3 - 0 0 20 3
2017 37 9 - 2 0 41 9
通算 日本 J1 18 3 4 0 1 0 23 3
日本 J2 281 64 - 13 3 294 67
日本 JFL 23 2 - 1 0 24 2
日本 - - 1 0 1 0
総通算 332 69 4 0 16 3 352 72

脚注[編集]

注釈
  1. ^ Jリーグの各クラブでは、高卒選手を1年で戦力外にする例は多くない。
  2. ^ 当時の栃木は教員選手を主力としたアマチュアクラブで、難波もアマチュア選手として登録された。その後栃木はプロ化して2009年にJ2へ参入し、難波は横浜FCの先発メンバーとして同年に3試合あった栃木戦の全試合に出場したが、無得点に終わった。
  3. ^ 神戸でも先輩だった三浦との交代だった。
  4. ^ 他に三浦など3人。3ゴールの選手がチーム得点王となった同年の横浜FCは、1993年からのJリーグ1部・2部を通じて「チーム得点王ゴール数」の最少記録を作った。
  5. ^ なおこの試合は、難波のハットトリックで83分経過の時点までFC岐阜が3-0とリードしていながら、その後東京Vが立て続けに4点を奪い、岐阜は3-4の逆転負けを喫している。
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]