田中順也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 順也 Football pictogram.svg
Junya Tanaka.png
スポルティングCP時代(2014年)
名前
愛称 ジュンヤ[1]、TJ[1]
カタカナ タナカ ジュンヤ
ラテン文字 TANAKA Junya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-07-15) 1987年7月15日(29歳)
出身地 東京都板橋区
身長 181cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴィッセル神戸
ポジション FW (CF, ST, WG) / MF (OH, SH, CH)
背番号 21
利き足 左足
ユース
2000-2005 日本の旗 三菱養和SC
2006-2009 日本の旗 順天堂大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2014 日本の旗 柏レイソル 138 (40)
2014-2016 ポルトガルの旗 スポルティングCP 20 (5)
2016 日本の旗 柏レイソル (loan) 21 (4)
2017- 日本の旗 ヴィッセル神戸
代表歴2
2012-2014  日本 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
2. 2014年10月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田中 順也(たなか じゅんや、1987年7月15日 - )は、東京都板橋区出身のサッカー選手Jリーグヴィッセル神戸所属。元日本代表。ポジションはフォワードミッドフィールダー

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年生の時から本格的にサッカーを始めた[2]。小学生時代は高島平SCと掛け持ちで三菱養和SCのスクールに通い、卒業後は三菱養和巣鴨SCジュニアユースへ昇格[2]。力強いドリブルで前線に切り込み、左足の豪快なシュートを狙うプレースタイルから「三菱養和のアドリアーノ」の異名を取った[3]

高校3年時の2005年には、チームのエースストライカーとして背番号10」を背負い、第29回日本クラブユースサッカー選手権に出場したが、香川真司吉田麻也安田理大槙野智章といった後の日本代表メンバーが勢揃いした大会で目立った成績は残せず、グループリーグで敗退[3]Jリーグやサッカー名門大学からのオファーはなく、一般推薦順天堂大学に入学した[3][4]

大学時代も無名の存在だったが、2学年先輩の村上佑介を視察するため頻繁に練習場を訪れていた柏レイソルのスカウトの目に留まり、2009年7月、大学4年の夏休みを利用する形で特別指定選手としてチームに登録された[5]。登録期間は1ヶ月の予定だったが、同時期に監督に就任したネルシーニョの強い要望によりシーズン終了時まで延長され、リーグ戦9試合に出場した[3]

柏レイソル[編集]

2010年から柏に正式加入[6]。同年は主にスーパーサブとして起用されたが[3]、チームがJ1に昇格した2011年は開幕からスターティングメンバーに定着し、リーグ戦30試合に出場して13得点を挙げ、Jリーグ史上初となる昇格初年度でのJ1優勝に大きく貢献した。FIFAクラブワールドカップ2011でも全4試合に出場し、オークランド・シティFC戦では得意の左足からゴールを決め、試合を観戦していたFIFAゼップ・ブラッター会長から賞賛を受けた[7]

翌年のリーグ戦では5得点に留まったが、2013年はリーグ戦11得点を挙げたほか、日刊スポーツ等が算出したアシスト数も二桁を記録[8][9]。攻撃時に4-2-3-1、守備時に4-1-4-1へ変化する変則的なフォーメーションが採用された試合では、攻撃時には前線まで飛び出し、守備時にはボランチのポジションまで下がる戦術のキープレーヤーを担った[10]

2014年シーズンも好調を維持し、ブラジルW杯開催によるリーグ中断期間を前にチームトップの5得点を記録した[11]

スポルティングCP[編集]

2014年6月、ポルトガルプリメイラ・リーガスポルティングCPに移籍[12]。契約期間は5年間で、移籍金は20万ユーロ(約2,500万円)[13][14]。また、違約金が6,000万ユーロ(約83億円)という破格の金額に設定されたことで欧州のメディアから注目を集め、イタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトでは「スポルティング・リスボンよ、タナカとは何者だ?」という見出しで大々的に報じられた[15][16]

同年8月23日、第2節FCアロウカ戦でプリメイラ・リーガデビューを飾ると、11月21日タッサ・デ・ポルトガル4回戦SCエスピーニョポルトガル語版戦で移籍後初得点を記録[17]。翌年1月11日の第16節SCブラガ戦では、0-0で迎えた後半アディショナルタイムに直接フリーキックからリーグ戦初ゴールを挙げ、勝利に貢献した[18][19]。その後も途中交代で起用されることが多かったが、限られた出場時間の中で得点を重ね[20]、シーズン通算7ゴールを記録した。

監督がマルコ・シウバからジョルジェ・ジェズスに代わった2015-16シーズンは新監督の構想外となり、出場機会が減少した。国内外から複数の移籍オファーが届いたが、条件面で折り合わずチームに残留した[21]

柏レイソル復帰[編集]

2016年2月2日、翌年7月までの期限付き移籍(買い取りオプション付き)で古巣の柏レイソルに復帰することが発表された[22][23]。しかし監督がミルトン・メンデスから下平隆宏に早々に変わると、ユース出身選手を重用する下平の方針もあり、僅か21試合(先発8試合)の出場で4得点と、自己最低の成績に終わった(特別指定選手だった2009年を除く)[24][25]

ヴィッセル神戸[編集]

2016年12月29日、柏時代より師事したネルシーニョ率いるヴィッセル神戸に完全移籍で加入することをスポルティングが発表した。柏へのレンタル期間、スポルティングとの契約期間はいずれも残っていたが完全移籍することとなり、スポルティングには移籍金の50パーセントが支払われることとなった[24][25][26]。2017年4月26日、ルヴァンカップ3節のサンフレッチェ広島戦で移籍後初得点を決めた。

日本代表[編集]

2011年9月、2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選の日本代表メンバーに初選出され[27]、翌年2月24日キリンチャレンジカップ2012アイスランド戦で国際Aマッチ初出場を果たした。その後はしばらく代表から遠ざかっていたが、ハビエル・アギーレ監督の初陣となったキリンチャレンジカップ2014で約2年半ぶりに招集を受け[28][29]、4-3-3システムの中盤、左インサイドハーフのポジションでウルグアイ戦・ベネズエラ戦と、同年10月の親善試合ブラジル戦に出場した[30][31]

プレースタイル[編集]

強靭なフィジカルと繊細なボールコントロール技術を併せ持った万能型のストライカー[3][32][33]。コースが空いた瞬間に左足を振り抜き、パワフルなシュートを狙っていく豪快なプレースタイルは、しばしば久保竜彦と比較されているが[34]、豊富な運動量と戦術を忠実に実行出来るインテリジェンスを評価され、中盤のポジションで起用されることも多い[10][35][36]。左足のパワーと精度を活かしたプレースキックも得意としている[37]

人物[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2007 順大 9 - - - 3 3 3 3
2009 10 - - - 0 0 0 0
2009 41 J1 9 0 - - 9 0
2010 18 J2 24 6 - 3 1 27 7
2011 J1 30 13 2 0 3 2 35 15
2012 31 5 3 0 6 2 40 7
2013 32 11 4 3 2 0 38 14
2014 12 5 6 3 - 18 8
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
2014-15 スポルティングCP 19 プリメイラ 17 5 4 1 5 1 26 7
2015-16 8 3 0 2 0 1 0 6 0
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2016 9 J1 21 4 4 1 1 0 26 5
2017 神戸 21
通算 日本 J1 135 38 19 7 12 4 166 49
日本 J2 24 6 - 3 1 27 7
日本 - - 3 3 3 3
ポルトガル プリメイラ 20 5 6 1 6 1 32 7
総通算 179 49 25 8 24 9 228 66
その他の公式戦
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 出場 得点
AFC ACL - クラブW杯
2011 18 - - 4 1
2012 6 4 - -
2013 9 2 - -
UEFA UEFA EL UEFA CL クラブW杯
2014-15 スポルティングCP 19 2 0 0 0 -
2015-16 8 1 0 - -
通算 AFC 15 6 - 4 1
UEFA 3 0 0 0 -

出場歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

日本の旗 柏レイソル
ポルトガルの旗 スポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガル

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点(2012年 - 2014年)


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2012 1 0
2014 3 0
通算 4 0

脚注[編集]

  1. ^ a b 田中 順也|選手プロフィール(2013)”. 柏レイソル. 2016年1月27日閲覧。
  2. ^ a b 石井宏美 (2011年8月29日). “W杯予選突破へ。日本代表・期待のストライカー、田中順也選手(柏レイソル)”. サカイク. http://www.sakaiku.jp/column/interview/2011/000763.html 2016年1月27日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f 鈴木潤 (2011年7月12日). “「無名」の存在から覚醒した田中順也 柏をけん引するアタッカーの魅力”. スポーツナビ. http://sports.yahoo.co.jp/sports/soccer/jleague/2012/columndtl/201107110006-spnavi 2016年1月27日閲覧。 
  4. ^ 原田大輔 (2014年11月14日). “Jリーガーたちの原点「田中 順也(柏レイソル)」”. サカママ. http://soccermama.jp/column/839 2016年1月27日閲覧。 
  5. ^ 木崎伸也 (2009年9月2日). “繊細にして強靭なレフティーFW出現。柏レイソルの『41番』は誰だ!”. Sports Graphic Number Web. http://number.bunshun.jp/articles/-/14055 2016年1月27日閲覧。 
  6. ^ “順天堂大学 田中 順也選手が新加入” (プレスリリース), 柏レイソル, (2009年12月15日), http://blog.reysol.co.jp/news/2009/009737.html 2016年1月27日閲覧。 
  7. ^ “柏 J王者の貫録見せた! 世界制覇へ記念すべき1勝”. スポーツニッポン. (2011年12月9日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/12/09/kiji/K20111209002204120.html 2016年1月27日閲覧。 
  8. ^ 大重正人 (2013年12月8日). “最終戦”. 柏レイソル 日立台広報日記. 2016年1月27日閲覧。
  9. ^ “柏に「田中マー君」最強ホットラインだ”. 日刊スポーツ. (2013年12月7日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp1-20131207-1228083.html 2016年1月27日閲覧。 
  10. ^ a b 鈴木潤 (2013年9月18日). “柏はACLベスト4へ進出出来るか? アルシャバブ攻略の鍵を握る“トップ下”田中順也”. フットボールチャンネル. http://www.footballchannel.jp/2013/09/18/post8786/ 2016年1月27日閲覧。 
  11. ^ 浅田真樹 (2014年6月6日). ““国内組”が見せた輝きと意地。~柏木陽介、田中順也らの奮戦~”. Sports Graphic Number Web. http://number.bunshun.jp/articles/-/820962 2016年1月27日閲覧。 
  12. ^ “田中 順也選手が『スポルティング・リスボン』へ移籍” (プレスリリース), 柏レイソル, (2014年6月29日), http://blog.reysol.co.jp/news/2014/012589.html 2016年1月27日閲覧。 
  13. ^ “柏FW田中順也、S・リスボンに5年契約で移籍…契約解除金は83億円に設定”. SOCCER KING. (2014年6月30日). http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20140630/207170.html 2016年1月27日閲覧。 
  14. ^ “柏復帰の田中、スポルティングへの移籍金が明らかに。暴露サイトの魔の手は日本人選手にも”. フットボールチャンネル. (2016年2月21日). http://www.footballchannel.jp/2016/02/21/post138762/ 2016年2月21日閲覧。 
  15. ^ “違約金83億円、海外メディアが田中順也の契約に驚く「田中って誰?」”. ゲキサカ. (2014年7月1日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?142343-142343-fl 2016年1月27日閲覧。 
  16. ^ “Sporting Lisbona, ma chi è Tanaka? E lo blinda con una clausola da 60 milioni” (Italiano). La Gazzetta dello Sport. (2014年6月29日). http://www.gazzetta.it/Calciomercato/29-06-2014/sporting-lisbona-ma-chi-tanaka-blinda-una-clausola-60-milioni-801080556379.shtml 2016年1月27日閲覧。 
  17. ^ “田中順也、公式戦初ゴール…S・リスボンが5得点でカップ戦快勝”. SOCCER KING. (2014年11月22日). http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20141122/252565.html 2016年1月27日閲覧。 
  18. ^ 【動画】試合終了直前 FW田中順也が劇的FK決勝弾!”. スポーツナビ (2015年1月12日). 2016年1月27日閲覧。
  19. ^ “田中順也が鮮やかFK弾!!リーグ戦初ゴールが決勝点となりS・リスボンを勝利へ導く”. ゲキサカ. (2015年1月12日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?155404-155404-fl 2016年1月27日閲覧。 
  20. ^ “スポルティング田中順也、実は驚異的な得点率を記録していた”. SOCCER KING. (2015年4月30日). http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150430/307835.html 2016年1月27日閲覧。 
  21. ^ “移籍報道の田中順也、スポルティング残留が濃厚に…条件面折り合わず”. SOCCER KING. (2015年8月31日). http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150831/345489.html 2016年2月4日閲覧。 
  22. ^ “田中順也、レンタル移籍で柏に復帰 スポルティングが発表”. Goal.com. (2016年2月2日). http://www.goal.com/jp/news/3861/%E6%97%A5%E6%9C%AC/2016/02/02/19892202/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E9%A0%86%E4%B9%9F%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%81%A7%E6%9F%8F%E3%81%AB%E5%BE%A9%E5%B8%B0-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%8C%E7%99%BA%E8%A1%A8 2016年2月4日閲覧。 
  23. ^ “田中、柏に復帰=サッカー”. 時事ドットコム. (2016年2月2日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2016020200412 2016年2月4日閲覧。 
  24. ^ a b “柏FW田中順也、神戸へ完全移籍で合意 所属元のスポルティングが発表”. サッカーキング. (2016年12月29日). https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20161229/532942.html 2016年12月29日閲覧。 
  25. ^ a b “「アリガト、タナカ!」 スポルティングが田中順也の神戸移籍を発表”. Qoly. (2016年12月29日). https://qoly.jp/2016/12/29/sporting-announced-leaving-junya-tanaka-hys-1 2016年12月29日閲覧。 
  26. ^ “Acordo de transferência com o Kobe por Junya Tanaka” (ポルトガル語) (プレスリリース), スポルティングCP, (2016年12月28日), http://www.sporting.pt/pt/noticias/clube/comunicados/2016-12-28/comunicado-sporting-clube-de-portugal-futebol-sad 2016年12月29日閲覧。 
  27. ^ “田中 順也選手が『日本代表』に選出” (プレスリリース), 柏レイソル, (2011年8月29日), http://blog.reysol.co.jp/news/2011/012564.html 2016年1月27日閲覧。 
  28. ^ “アギーレJ、田中順也を招集! 所属のスポルティングが公式サイトで発表”. サンケイスポーツ. (2014年8月22日). http://www.sanspo.com/soccer/news/20140822/jpn14082210360006-n1.html 2016年1月27日閲覧。 
  29. ^ “アギーレ日本初陣 順也に一目ぼれ招集、3トップのサイドに合致”. スポーツニッポン. (2014年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/08/23/kiji/K20140823008792870.html 2016年1月27日閲覧。 
  30. ^ “新境地を開拓した田中順也 ストライカーが語る新生日本代表の4-3-3システムの根幹とは”. Soccer Magazine ZONE WEB. (2014年9月6日). http://www.soccermagazine-zone.com/archives/2870 2016年1月27日閲覧。 
  31. ^ 飯尾篤史 (2014年10月7日). “【日本代表】アギーレ流4-3-3を読み解く ポイントは「誰が」「どこで」「誰と」プレーするか――”. サッカーダイジェストWeb. http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=5734 2016年1月27日閲覧。 
  32. ^ 木崎伸也 (2011年6月18日). “首位レイソルの原動力、田中順也。 圧倒的な攻撃力を支える左足の秘密。”. Sports Graphic Number Web. http://number.bunshun.jp/articles/-/133787 2016年1月27日閲覧。 
  33. ^ 福田正博 (2011年9月11日). “大卒FW・田中順也が示す、日本サッカーの育成の現在地”. Web Sportiva. http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2011/09/12/fw/index.php 2016年1月27日閲覧。 
  34. ^ 岩崎龍一 (2011年12月9日). “もしかして、真のストライカー? ドラゴンを彷彿の田中順也、出現!”. 47NEWS. http://www.47news.jp/EN/201112/EN2011120901002420.html 2016年1月27日閲覧。 
  35. ^ 川本梅花 (2012年12月22日). “柏レイソル・田中順也が語るFWの個人戦術『インテリジェント・ストライカーの戦術眼』(前編)”. フットボールチャンネル. http://www.footballchannel.jp/2012/12/22/post1123/ 2016年1月27日閲覧。 
  36. ^ 川本梅花 (2012年12月23日). “柏レイソル・田中順也が語るFWの個人戦術『インテリジェント・ストライカーの戦術眼』(後編)”. フットボールチャンネル. http://www.footballchannel.jp/2012/12/23/post1180/ 2016年1月27日閲覧。 
  37. ^ “2戦連続で2発!初のFKも沈めた柏FW田中順也「嬉しいです、すごく」”. ゲキサカ. (2014年4月29日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?137789-137789-fl 2016年1月27日閲覧。 
  38. ^ “ツネ様似のイケメンレフティー 2発で首位堅守”. スポーツニッポン. (2011年5月28日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/05/29/kiji/K20110529000911820.html 2016年1月27日閲覧。 
  39. ^ “イケメン田中、香川に挑戦状!”. サンケイスポーツ. (2012年2月22日). http://www.sanspo.com/soccer/news/120222/scc1202220503002-n1.htm 2016年1月27日閲覧。 
  40. ^ “田中 順也選手が入籍” (プレスリリース), 柏レイソル, (2013年12月21日), http://blog.reysol.co.jp/news/2013/011896.html 2016年1月27日閲覧。 
  41. ^ “宇井愛美が柏レイソル・田中順也選手と入籍”. ORICON STYLE. (2013年12月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2032254/full/ 2016年1月27日閲覧。 
  42. ^ 温泉”. 田中順也オフィシャルブログ Powered by Ameba (2014年6月3日). 2016年1月27日閲覧。
  43. ^ “モデル宇井愛美、第1子出産 夫・サッカー田中順也選手もコメント発表”. モデルプレス. (2014年7月23日). http://mdpr.jp/mama/detail/1393670 2016年1月27日閲覧。 
  44. ^ “サッカー選手の「隠れた才能」 - 田中順也”. Goal.com. (2013年1月7日). http://www.goal.com/jp/slideshow/1637/10/title/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%AE%E9%9A%A0%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%89%8D%E8%83%BD 2016年1月27日閲覧。 
  45. ^ “【3/30大分戦】マッチデープログラム『Vitoria』Vol.225のご案内” (プレスリリース), 柏レイソル, (2013年3月29日), http://blog.reysol.co.jp/news/2013/011461.html 2016年1月27日閲覧。 
  46. ^ “ご報告” (プレスリリース), レプロエンタテインメント, (2015年10月27日), http://www.lespros.co.jp/news/detail/8855 2016年1月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]