ガゼッタ・デロ・スポルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
La Gazzetta dello Sport
種別 日刊スポーツ紙
判型 タブロイド
所有者 RCSメディアグループ
編集者 Andrea Monti
設立 1896年4月3日
言語 イタリア語
本社所在地 Via Solferino, 28, ミラノ, イタリア
発行数 368,848
ISSN 1120-5067
ウェブサイト gazzetta.it

ガゼッタ・デロ・スポルト(La Gazzetta dello Sport)は、イタリアスポーツ新聞1896年4月3日に創刊された。スポーツ報道以外にも1909年から開催されている自転車ロードレース、ジロ・デ・イタリアを主催している。

概要[編集]

ガゼッタ・デロ・スポルト(以下「ガゼッタ」)はピンク色をした紙面が特徴で、自転車レース「ジロ・デ・イタリア」のメインスポンサーで大会カラー、リーダージャージ「マリア・ローザ」がピンク色なのも紙面にあやかってのことである。発行部数は40万部/日、読者数は300万人超とされている(月曜日は、週末のスポーツイベントを掲載することから発行部数はさらに多いと推定されている)。土曜日発行分には付録週刊誌「スポーツウィーク」が付いている。

あらゆるスポーツイベントの報道を行っているが、その中でもサッカーの報道の比重が高く40ページ中、24から28ページを占めている。記事の内容は、試合結果等を純粋に報道するというよりも、扇情的な内容のものが多くなっている。しかしながら、2006年にイタリアのサッカー界を揺るがしたカルチョ・スキャンダルではガゼッタの報道が大きな影響を与えた。ミラノに本拠地を置いているため、サッカーの中でも、ACミランインテル・ミラノの記事が中心である。イタリアのスポーツ紙は、トリノの「トゥット・スポルト」やローマの「コリエレ・デロ・スポルト」もガゼッタと同様に地元のチームを中心に報道する傾向にある。

日本においては中田英寿セリエAで活躍するようになった際の報道で、この新聞での評価(10点満点で平均点を6点とする採点)を紹介することが多くなり、名前が知られるようになった。

満点の10点は1998年までは出ておらず、最高得点はナポリに所属していた時のディエゴ・マラドーナの9点である。[1]そして、1998年にアレッシオ・スカルピが、サッカーのプレーでの評価ではないが初めて獲得した。詳細はアレッシオ・スカルピ#エピソードを参照のこと。 また、2006 FIFAワールドカップでイタリア代表が優勝した時に、監督のマルチェロ・リッピGKジャンルイジ・ブッフォンDFファビオ・カンナヴァーロに与えられたが、これは優勝チームというひいきも含まれている。 純粋にプレー内容で与えられたのは、現在のところ2000年5月に行われたUEFAチャンピオンズリーグ進出をかけたプレーオフであるインテルナツィオナーレ・ミラノパルマFC戦において、先制点と決勝点を挙げたロベルト・バッジョのただ一人である。

リンク[編集]

脚注[編集]