藤枝総合運動公園サッカー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤枝総合運動公園サッカー場
藤枝総合運動公園サッカー場
藤枝総合運動公園サッカー場の位置(静岡県内)
藤枝総合運動公園サッカー場
施設情報
所在地 静岡県藤枝市原100[1]
位置 北緯34度52分53.29秒
東経138度13分57.95秒
座標: 北緯34度52分53.29秒 東経138度13分57.95秒
開場 2002年5月
所有者 静岡県
運用者 藤枝市サッカー協会グループ
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 m × 68 m
照明 3基
大型映像装置 なし
使用チーム、大会
藤枝MYFC(Jリーグ)
高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ東海
静岡県サッカー選手権大会
収容能力
13,000人[2]
アクセス
該当項目参照

藤枝総合運動公園サッカー場(ふじえだそうごううんどうこうえんサッカーじょう)は静岡県藤枝市藤枝総合運動公園内にあるサッカー専用のスタジアムである。施設は静岡県が所有し、藤枝市サッカー協会グループが指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

2002年5月に完成。2002 FIFAワールドカップセネガル代表のキャンプ地として使用された(藤枝市民グラウンド球技場と併催)。

2003年9月開催の第58回国民体育大会(NEW!!わかふじ国体)のサッカー競技の主会場としても使用された。

2012年6月、藤枝MYFCはJリーグ基準を満たすためのスタジアム改修の要望書および55,116人分の署名を藤枝市に提出した[3]

施設概要[編集]

  • 敷地面積:28,000m2[2]
  • グラウンド:ティフトン芝[2]
  • 収容人員:13,000人(メインスタンド(屋根付)5,100人、芝生席7,300人、立見席600人)[2]
※なおJリーグでは、芝生席を原則としてカウントしない[4]規定のため、メインスタンド以外は原則開放しておらず、Jリーグへの届け出収容人員は5,056人としている。
  • 電光掲示板
  • 照明設備:3基(最大1,000ルクス、メインスタンドは屋根にインサート。バックスタンドは鉄塔式2基)

アクセス[編集]

  • 最寄りの鉄道駅である藤枝駅から5km以上離れている。

バス[編集]

自動車[編集]

  • 藤枝総合運動公園内に1400台の駐車場あり。[6]

公園内その他の施設[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b スタジアム【藤枝サ】”. 日本フットボールリーグ. 2013年12月26日閲覧。
  2. ^ a b c d サッカースタジアム”. 藤枝総合運動公園. 2013年12月25日閲覧。
  3. ^ スタジアム整備を 市に要望書、署名5万5千人分提出”. 静岡新聞 (2012年6月21日). 2013年12月26日閲覧。
  4. ^ 観戦に支障をきたさない場合は座席とみなす場合在り
  5. ^ a b c d サッカースタジアム”. 藤枝総合運動公園. 2013年12月26日閲覧。
  6. ^ 藤枝MYFC:スタジアム
  7. ^ 2006Jリーグプレシーズンマッチ in Fujieda”. 名古屋グランパスエイト. 2014年1月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]