佐伯市総合運動公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐伯市総合運動公園 > 佐伯市総合運動公園陸上競技場
佐伯市総合運動公園陸上競技場
Gthumb.svg
佐伯市総合運動公園陸上競技場の位置(大分県内)
佐伯市総合運動公園陸上競技場
施設情報
所在地 大分県佐伯市大字長谷2614[1]
位置 北緯32度55分52.53秒
東経131度52分15.46秒
座標: 北緯32度55分52.53秒 東経131度52分15.46秒
所有者 佐伯市
運用者 有限会社佐伯環境センター
使用チーム、大会
ヴェルスパ大分日本フットボールリーグ
収容能力
5,000人
アクセス
#アクセスを参照。

佐伯市総合運動公園陸上競技場(さいきしそうごううんどうこうえん りくじょうきょうぎじょう)は、大分県佐伯市の佐伯市総合運動公園にある陸上競技場日本陸上競技連盟第2種公認)。球技場としても使用される。施設は佐伯市が所有し、有限会社佐伯環境センターが指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

収容人員は5000人(メインスタンドのみ座席、他芝生席)。

地元のJリーグクラブである大分トリニータが佐伯市をホームタウンの一部に加えているため、1996年ジャパンフットボールリーグ(初代JFL 当時は「大分FC」)加盟当時は、大分市営陸上競技場別府市野口原総合運動場陸上競技場と共に本拠地として使用し、J2が発足した1999年2000年も一部のトリニータ主催数試合開催されたが、以降の使用はない。

現在はヴェルスパ大分日本フットボールリーグ)が一部のホームゲームを開催している。

2001年に、2002 FIFAワールドカップのキャンプとして使われることを念頭に芝生の張替え(ティフトン)を行った。このW杯ではサッカーチュニジア代表が合宿を行った。

アクセス[編集]

出典[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]