大橋良隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大橋 良隆 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オオハシ ヨシタカ
ラテン文字 OHASHI Yoshitaka
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-07-01) 1983年7月1日(35歳)
出身地 埼玉県浦和市(現・さいたま市
身長 169cm
体重 67kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2006-2007
2007-2008
2009-2015
ベガルタ仙台
NECトーキンサッカー部
AC長野パルセイロ
0 (00)
17 (04)
172 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年6月17日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大橋 良隆(おおはし よしたか、1983年7月1日 - )は、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィルダー

来歴[編集]

仙台大学時代の2005年、キャプテンとしてチームを引っ張り、仙台大の天皇杯初出場に貢献した。天皇杯3回戦でベガルタ仙台と対戦、延長戦を含む120分間フル出場し、仙台を苦しめたが惜しくもPK戦で敗れている。仙台大学時代の同期にユニバシアード代表だった池上礼一がいる。

卒業後の2006年、ベガルタ仙台に入団。しかし出場機会に恵まれず、2007年7月20日東北社会人サッカーリーグ1部・NECトーキンサッカー部期限付き移籍することになった。

同年11月末、保有権を有する仙台から戦力外通告を受けたものの、完全移籍に移行する形でNECトーキンに残留。翌2008年度はキャプテンに任命された。この年のチームは東北社会人サッカーリーグ1部で2位。リーグ枠での全国地域サッカーリーグ決勝大会出場権を逃したものの、別開催の全国社会人サッカー選手権大会で準優勝し、全国地域リーグ決勝大会出場権を獲得。しかし、全国社会人サッカー選手権大会終了後の11月、本業の業績不振に伴い、NECトーキン本社から同社サッカー部の休部が発表された。これにより、チームは全国地域リーグ決勝大会出場辞退を経験する憂き目に遭い、大橋自身もチームを去ることになった。

2009年からAC長野パルセイロに移籍し、2015年をもって現役を引退。 2016年からは同チームの営業担当および普及・スクールコーチを務めている[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 仙台大 10 - - - 2 0 2 0
2006 仙台 28 J2 0 0 - 0 0 0 0
2007 0 0 - - 0 0
2007 NECトーキン 5 東北1部 6 2 - - 6 2
2008 11 2 - - 11 2
2009 長野 10 北信越1部 12 4 - - 12 4
2010 5 14 5 - - 14 5
2011 JFL 32 3 - - 32 3
2012 30 1 - 3 0 33 1
2013 31 3 - 4 0 35 3
2014 J3 31 1 - 2 0 33 1
2015 22 0 - 2 0 24 0
通算 日本 J2 0 0 - 0 0 0 0
日本 J3 53 1 - 4 0 57 1
日本 JFL 93 7 - 7 0 100 7
日本 東北1部 17 4 - 0 0 17 4
日本 北信越1部 26 9 - - 26 9
日本 - - 2 0 2 0
総通算 189 21 - 11 0 202 21

その他の公式戦

個人タイトル[編集]

  • 第36回北信越フットボールリーグ最優秀選手賞
  • JFLベストイレブン(2011年、2012年、2013年)

注釈[編集]

  1. ^ 大橋良隆選手現役引退のお知らせ”. AC長野パルセイロ (2015年12月4日). 2016年6月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]