2008年の地域リーグ (サッカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本フットボールリーグ(JFL)の下部に位置する地域リーグの2008年の参加チームである。

優勝チーム一覧[編集]

地名 優勝チーム
北海道 クラブフィールズ・ノルブリッツ北海道
東北 グルージャ盛岡
関東 FC町田ゼルビア
北信越 AC長野パルセイロ
東海 静岡FC
関西 バンディオンセ加古川
中国 レノファ山口
四国 カマタマーレ讃岐
九州 沖縄かりゆしFC

各地域リーグ順位表[編集]

北海道[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 ノルブリッツ北海道 31 9 4 1 54 19 +35
2 札幌蹴球団 31 10 1 3 45 16 +29
3 ベアフット北海道 26 7 5 2 36 21 +15
4 トヨタ自動車北海道 24 7 3 4 30 26 +4
5 札幌ウインズFC 18 6 0 8 41 35 +6
6 R・シュペルブ釧路 15 4 3 7 24 26 -2
7 ブラックペッカー函館FC 11 3 2 9 29 51 -22
8 SSSシェフィールドFC 3 1 0 13 9 74 -65

出典:[1]

  • 1位は全国地域リーグ決勝大会に出場。
  • 来年度より北海道サッカーリーグのチーム数が6チームに削減されるため、6位~8位がブロックリーグに降格。また下部リーグからの昇格枠(ブロックリーグ決勝大会)も1チームとなった。[2]

東北[編集]

1部[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 グルージャ盛岡 38 12 2 0 63 8 +55
2 NEC TOKIN FC 37 12 1 1 59 6 +53
3 FCプリメーロ 24 8 0 6 35 32 +3
4 FC秋田カンビアーレ 23 7 2 5 18 24 -6
5 塩釜FCヴィーゼ 13 4 1 9 24 49 -25
6 仙台中田クラブ 12 4 0 10 17 38 -21
7 ビアンコーネ福島 9 3 0 11 17 39 -22
8 古河電池 9 3 0 11 11 48 -37
  • 全日程終了
  • 1位は全国地域リーグ決勝大会に出場。
  • 7位は入れ替え戦に参加。2部リーグ優勝決定戦を制した盛岡ゼブラに敗れ、2部リーグ南ブロックに降格。
  • 8位は2部リーグ南ブロックに自動降格

2部北[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 盛岡ゼブラ 32 10 2 2 40 15 +25
2 水沢クラブ 29 9 2 3 29 15 +14
3 新日鐵釜石 27 8 3 3 29 17 +12
4 ヴァンラーレ八戸 23 7 2 5 31 26 +5
5 富士クラブ2003 19 6 1 7 22 21 +1
6 遠野クラブ 17 5 2 7 30 28 +2
7 猿田興業 9 2 3 9 15 25 -10
8 FC紫波 4 1 1 12 12 61 -49

2部南[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 福島ユナイテッドFC 42 14 0 0 76 8 +68
2 コバルトーレ女川 33 11 0 3 53 9 +44
3 相馬SC 21 6 3 5 30 25 +5
4 バンディッツいわき 20 6 2 6 27 34 -7
5 中新田SC 19 6 1 7 27 30 -3
6 マリソル松島 16 5 1 8 35 39 -4
7 七ヶ浜SC 12 3 3 8 26 50 -24
8 クレハサッカー部 0 0 0 14 5 84 -79
  • 全日程終了
  • 1位は2部リーグ北ブロックを制した盛岡ゼブラとの優勝決定戦に敗れ、リーグ残留。
  • 7位は入れ替え戦に参加。南東北3県リーグチャレンジマッチ決定戦2位のメリーに敗れ、宮城県リーグに降格。
  • 8位は福島県リーグに自動降格

関東[編集]

1部[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 FC町田ゼルビア 38 12 2 0 58 11 +47
2 日立栃木ウーヴァSC 26 8 2 4 24 19 +5
3 Y.S.C.C. 23 6 5 3 21 22 -1
4 クラブ・ドラゴンズ 18 5 3 6 33 27 -6
5 さいたまSC 16 4 4 6 20 22 -2
6 ホンダルミノッソ狭山FC 15 5 0 9 17 30 -13
7 厚木マーカス 11 2 5 7 12 27 -15
8 東邦チタニウム 9 2 3 9 8 35 -27
  • 全日程終了
  • 1位は全国地域リーグ決勝大会に出場。
  • 8位は2部に降格。

2部[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 飯能ブルーダー 33 10 3 1 20 14 +6
2 FCコリア 30 10 0 4 40 25 +15
3 ヴェルフェたかはら那須 25 8 1 5 26 15 +11
4 エリースFC東京 23 7 2 5 25 25 0
5 神奈川県教員 14 4 2 8 25 31 -6
6 S.A.I.市原 13 4 1 9 21 28 -7
7 与野蹴魂会 13 4 1 8 20 43 -23
8 TFSC 11 3 2 9 23 23 0

北信越[編集]

1部[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 AC長野パルセイロ 35 11 1 2 55 11 +44
2 JAPANサッカーカレッジ 31 10 1 3 46 18 +28
3 ツエーゲン金沢 30 10 0 4 50 15 +35
4 松本山雅FC 24 7 3 4 31 18 +13
5 グランセナ新潟 17 5 2 7 28 46 -18
6 ヴァリエンテ富山 10 3 1 10 20 47 -27
7 サウルコス福井 9 2 3 9 18 41 -23
8 フェルヴォローザ石川・白山FC 6 2 0 12 9 61 -52
  • 全日程終了
  • 1位は全国地域リーグ決勝大会に出場
  • 7位は入れ替え戦に参加。2部3位の新潟医療福祉大学に勝利、1部残留。
  • 8位は2部に自動降格。

2部[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 上田ジェンシャン 34 11 1 2 48 21 +27
2 CUPS 聖籠 26 8 2 4 30 15 +15
3 新潟医療福祉大学 24 7 3 4 34 21 +13
4 FCアンテロープ塩尻 24 7 3 4 24 21 +3
5 新潟経営大学 19 6 1 7 21 28 -7
6 大原学園JaSRA SC 13 3 4 7 20 31 -11
7 丸岡フェニックス 13 4 1 9 21 39 -18
8 日精樹脂工業 6 1 3 10 17 39 -22
  • 全日程終了
  • 1位は1部に自動昇格。当初2位も1部に自動昇格することになっているが、JAPANサッカーカレッジと運営母体が同一のため、レギュレーションによりJAPANサッカーカレッジがJFLに昇格しない限り1部への昇格または入替戦の参加はできないため2部残留。
  • 7位は入れ替え戦に参加。北信越チャレンジリーグ2位の福井KSCに勝利、2部残留。
  • 8位は県リーグに自動降格

東海[編集]

1部[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 静岡FC 34 10 4 0 45 12 +33
2 矢崎バレンテ 29 9 2 3 35 10 +25
3 藤枝市役所 27 8 3 3 31 21 +10
4 中京大学FC 20 6 2 6 28 21 +7
5 コニカミノルタSC豊川 16 5 1 8 20 35 -15
6 マルヤス工業 15 4 3 7 15 24 -9
7 マインドハウス四日市 10 3 1 10 17 41 -24
8 佐川急便中京SC 9 3 0 11 10 37 -27
  • 全日程終了
  • 1位は全国地域リーグ決勝大会に出場
  • 7・8位は2部に降格。

2部[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 浜松大学FC 27 8 3 3 41 18 +23
2 トヨタ蹴球団 26 8 2 4 30 20 +10
3 M.I.EランポーレFC 25 7 4 3 21 13 +8
4 春日井クラブ 25 7 4 3 19 15 +4
5 名古屋クラブ 19 5 4 5 16 26 -10
6 芙蓉クラブ 18 4 6 4 23 26 -3
7 KMEW伊賀FC 7 1 4 9 15 34 -19
8 ホンダ鈴鹿FC 6 1 3 10 17 30 -13
  • 全日程終了
  • 1・2位は1部に自動昇格
  • 7・8位は県リーグに自動降格

関西[編集]

1部[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 バンディオンセ加古川 40 13 1 0 53 12 +41
2 アイン食品 28 14 9 1 33 12 +21
3 三洋電機洲本 21 6 3 5 27 27 0
4 阪南大クラブ 19 6 1 7 33 26 +7
5 AS.Laranja Kyoto 19 6 1 7 18 28 -10
6 FC京都BAMB1993 13 3 4 7 14 30 -16
7 神戸FC1970 12 3 3 8 12 36 -24
8 ディアブロッサ高田FC 8 2 2 10 11 30 -19
  • 全日程終了
  • 1・2位は全国地域リーグ決勝大会に出場
  • 7・8位は2部に降格。

2部[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 滋賀FC 37 12 1 1 54 17 +37
2 B.S.C HIRA 34 11 1 2 38 21 +17
3 京都紫光クラブ 27 9 0 5 33 23 +10
4 ルネス学園甲賀 21 7 0 7 42 29 +13
5 FCグラスポkashiwara 21 7 0 7 31 28 +3
6 三菱重工神戸 12 4 0 10 22 48 -26
7 履正社FC 7 2 1 11 16 40 -24
8 エルマーノ大阪 7 2 1 11 12 42 -30

中国[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 レノファ山口FC 38 11 5 0 45 15 +30
2 佐川急便中国 32 10 2 4 36 12 +24
3 NTN岡山 32 10 2 4 42 22 +20
4 FC宇部ヤーマン 30 9 3 4 26 21 +5
5 デッツォーラ島根 26 8 2 6 26 26 0
6 日立製作所笠戸 17 5 2 9 21 44 -23
7 マツダSC 13 4 1 11 17 37 -20
8 JFEスチール西日本福山 9 2 3 11 15 39 -24
9 フジタSC 8 2 2 12 17 29 -12
  • 全日程終了
  • 1位は全国地域リーグ決勝大会に出場。
  • 9位は県リーグに自動降格

四国[編集]

順位 チーム名 勝点 総得点 総失点 得失点差
1 カマタマーレ讃岐 40 13 1 0 62 4 +58
2 徳島ヴォルティス・セカンド 35 11 2 1 68 5 +63
3 愛媛しまなみFC 24 7 3 4 19 19 0
4 南国高知FC 20 6 2 6 36 23 +13
5 三洋電機徳島サッカー部 15 4 3 7 12 29 -17
6 ベンターナAC 13 3 4 7 15 26 -11
7 昭和クラブ 12 3 3 8 8 43 -35
8 徳島コンプリールSC 0 0 0 14 12 83 -71
  • 全日程終了
  • 1位は全国地域リーグ決勝大会に出場。
  • 7位は入替戦に出場後に県リーグに、8位は自動降格。

九州[編集]

順位 クラブ名 試合 勝点 90分勝 PK勝 PK負 90分負 得点 失点 得失点差
1 沖縄かりゆしFC 18 47 15 1 0 2 56 16 +40
2 V・ファーレン長崎 18 46 14 1 2 1 76 10 +66
3 ホンダロックSC 18 46 14 2 0 2 62 14 +48
4 新日鐵大分 18 34 10 1 2 5 44 21 +23
5 ヴォルカ鹿児島 18 28 8 0 4 6 32 29 +3
6 海邦銀行SC 18 21 5 2 2 9 18 44 -26
7 ヴァンクール熊本FC 18 20 6 1 0 11 25 73 -48
8 九州INAXサッカー部 18 15 3 3 0 12 15 48 -33
9 三菱重工長崎 18 9 2 1 1 14 20 60 -40
降格 大隅NIFS ユナイテッドFC 18 4 0 1 2 15 11 44 -33

太字は全国地域サッカーリーグ決勝大会出場

概要
  • 1シーズン18節、2回戦総当りの計90試合で争われた(各チーム18試合)
  • 九州INAX(佐賀)、ヴァンクール熊本(熊本)が、九州各県リーグ決勝大会でそれぞれ優勝、準優勝した事により、2008年より参入。九州INAXは再昇格、ヴァンクール熊本も鶴屋時代以来35年ぶりの再昇格。
  • 2007年優勝のニューウェーブ北九州は、第31回(2007年)全国地域リーグ決勝大会に出場し2位となり、2008年から日本フットボールリーグに昇格。なお2位となったホンダロックはJFL昇格を逃したため、九州サッカーリーグに残留。
  • 2007年度最下位(11位)だった七隈トンビーズと、勝ち点で並んでいた10位の熊本教員蹴友団が県リーグに自動降格、当初、9位の沖縄海邦銀行は入れ替え戦に臨む予定であったが、北九州のJFL昇格を受け、入れ替え戦は行われないこととなった。
  • 北九州がJFLに昇格、七隈トンビーズが県リーグに降格、さらに前年まで参加チームのなかった佐賀県から九州INAXが再昇格したことにより、2008年に九州サッカーリーグに参加するチームのない県は福岡県のみとなった。九州サッカーリーグ創設以来、史上初の福岡県のチームが参加しないシーズンとなった。
結果

出典[編集]

  1. ^ 2008年 北海道サッカーリーグ”. 室蘭地区サッカー協会 (2008年10月15日). 2013年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月31日閲覧。
  2. ^ 2009第32回北海道サッカーリーグ”. 札幌蹴球団ブログ (2009年2月4日). 2013年2月2日閲覧。

関連項目[編集]