関戸健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関戸 健二 Football pictogram.svg
名前
カタカナ セキド ケンジ
ラテン文字 SEKIDO Kenji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-01-07) 1990年1月7日(26歳)
出身地 神奈川県
身長 175cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ファジアーノ岡山
ポジション MF
背番号 16
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012- ファジアーノ岡山 67 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年11月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

関戸 健二(せきど けんじ、1990年1月7日 - )は、神奈川県出身のプロサッカー選手Jリーグファジアーノ岡山所属。ポジションは、ミッドフィールダー

来歴[編集]

高校までは目立った実績はなかったが、高いレベルに挑戦したいと流通経済大学へ進学[1]。元U-23日本代表山村和也比嘉祐介らとしのぎを削り、素質を開花させた。

2012年、大学で同期の上條宏晃と共にファジアーノ岡山へ入団[2]。初年度からスタメン争いに割って入り、37試合に出場して3ゴールを挙げる活躍を見せた。しかし2013年はノーゴールに終わり、出場機会も減少。翌年以降は膝の怪我などにも苦しめられてコンディションを落とし、ベンチ入りすらままならない日々が続いた。

2016年は前年までの主力であった千明聖典らの退団も手伝って開幕戦からのベンチ入りを果たしたものの、前年から主力として存在感を見せる同ポジションの矢島慎也伊藤大介渡邊一仁らの壁は厚く、スタメンでの出場は叶わなかった。しかし第5節の北九州戦で渡邊が負傷して離脱、矢島がU-23サッカー日本代表の強化試合へ出場するために欠場を余儀なくされるなどして中盤が手薄になった第14節の愛媛戦以降はボランチの位置でスタメンとして抜擢され、以降は継続してその座を確保。当初は試合勘の欠如からか安定感を欠いたプレーが多かったものの、徐々に本領を発揮。第27節の徳島戦では、公式戦では4年ぶりとなるゴールを奪った。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2008 流経大 - JFL 8 0 - 0 0 8 0
2009 14 20 0 - 1 0 21 0
2010 20 2 0 - 0 0 2 0
2012 岡山 36 J2 37 3 - 2 1 39 4
2013 18 23 0 - 1 0 24 0
2014 16 2 0 - 0 0 2 0
2015 5 0 - 0 0 5 0
通算 日本 J2 67 3 - 3 1 70 4
日本 JFL 30 0 - 1 0 31 0
総通算 97 3 - 4 1 101 4

その他公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

流通経済大学

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]