村上伸次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

村上 伸次(むらかみ のぶつぐ、1969年5月11日 - )は、東京都目黒区出身のサッカー審判員、元サッカー選手

来歴[編集]

立正大学卒業後、ジャパンフットボールリーグ西濃運輸DFとしてプレー。1997年に廃部とともに現役引退。その後、審判員に転向した。2002年に1級審判員として登録され、2004年からJリーグ主審として活動している。2008年からはスペシャルレフェリー(SR、現プロフェッショナルレフェリー:PR)となった。

所属クラブ[編集]

審判実績[編集]

1級審判員登録:2002年11月14日

Jリーグ登録:J2副審 2003年/J2主審 2004年-2005年/J1主審 2006年-

  • J1 主審84試合 副審0試合
  • J2 主審84試合 副審5試合

2010年に国際主審として登録予定だったが国際審判登録の年齢が1年遅かったため、国際主審にはなれなかった。[1]

審判経歴[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 『サッカーを100倍楽しむための審判入門』、松崎康弘、2009 ISBN 978-4-06-215693-6 (167頁)