一美和成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一美 和成 Football pictogram.svg
名前
愛称 イチミ、カズ
カタカナ イチミ カズナリ
ラテン文字 ICHIMI Kazunari
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-11-10) 1997年11月10日(20歳)
出身地 熊本県八代市
身長 183cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ガンバ大阪
ポジション FW (CF)
背番号 19
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016- ガンバ大阪 0 (0)
2016- ガンバ大阪U-23 29 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

一美 和成(いちみ かずなり、1997年11月10日 - )は、熊本県八代市出身のプロサッカー選手Jリーグガンバ大阪所属。ポジションは、フォワード

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

地元熊本にあるラガッツォ八代サッカークラブで年中から小学5年生までサッカーの基礎を習い活躍する。その後エスペランサ熊本ジュニアに移籍、小川中学時代は週末はエスペランサ熊本でプレーし平日にはJFAアカデミー熊本宇城に通いプレーの基礎を学んだ[1]。中学卒業後熊本のサッカー名門校大津高校に進学すると、2年次の2014年の全国高校総体でチームは準優勝の成績をおさめ大会優秀選手に選出された[2]。3年次の2015年4月に特別指定選手としてロアッソ熊本に登録されると[3]、同年9月にはFW転向からわずか1年で年代別代表に選出された。

2015年10月22日、同じく熊本の特別指定選手であった野田裕喜とともにガンバ大阪加入内定が発表された[4]。ガンバ大阪がユース以外の高校生ルーキーを獲得するのは、玉置慎也以来、8年ぶりのこととなる。12月、自身にとっては初となる選手権への出場権を掴み野田と共に大会の注目選手に挙げられ、初戦となる2回戦前橋育英高校戦では1点ビハインドの状況からPKで同点ゴールを決めたがチームは敗れ初戦敗退となった。

ガンバ大阪[編集]

2016年よりガンバ大阪に入団。3月13日、J3リーグ開幕戦のY.S.C.C.横浜戦でプロ初先発。7月10日、J3第13節のセレッソ大阪U-23戦との大阪ダービーでは、途中出場からプロ初得点をあげて2-1の勝利に貢献した[5]

2017年3月20日、J3第2節のSC相模原戦でケガから復帰を果たした[6]。5月21日、第9節のアスルクラロ沼津戦でA契約に移行した。7月2日、第15節の栃木SC戦で今シーズン初得点を決めた。7月15日、第17節のブラウブリッツ秋田戦では首位相手に2得点を決めて勝利に貢献した。

2018年8月10日、J1第21節のFC東京戦でJ1リーグ初先発を飾った。[7]9月9日、ルヴァンカップ準々決勝第2戦の横浜F・マリノス戦でトップチーム初得点を決めた。[8]10月6日、第29節のセレッソ大阪戦では途中出場してダービー戦初出場を果たした。[9]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2016 G大阪 33 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 19
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
総通算 0 0 0 0 0 0 0 0
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 G大23 33 J3 29 3 29 3
2017 25 8 25 8
2018 19
通算 日本 J3 54 11 54 11
総通算 54 11 54 11
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2016 G大阪 33 0 0
2017 0 0
通算 AFC 0 0

タイトル[編集]

U-18日本代表
  • Panda Cup(2015年)

代表歴[編集]

  • 日本高校サッカー選抜
    • NEXT GENERATION MATCH(2015年)
  • U-18日本代表
    • SBSカップ国際ユースサッカー(2015年)
    • Panda Cup(2015年)
    • 長安フォードカップ(2015年)
    • AFC U-19選手権2016・予選(2015年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]